和楽器バンド、最新アルバム『TOKYO SINGING』を“完全再現”する東名阪アリーナツアーが開幕

■「ライブは生き物、今日は今日しかないので、絶対に後悔させないような1日を精一杯届けて、作っていきたいと思います!」(和楽器バンド・鈴華ゆう子)

和楽器バンドが約2年半ぶりとなるオリジナルアルバム『TOKYO SINGING』(10月14日発売)を引っ提げて行う、自身初となる東名阪アリーナツアー『和楽器バンド Japan Tour 2020 ~TOKYO SINGING~』が本日10月24日、東京・東京ガーデンシアターで幕を開けた。

入場口では検温や消毒など、感染予防に対する万全な対策を行い、公演中もマスク着用やタオル回し、歓声の禁止など、新しいライブの楽しみ方を呼びかけつつ、会場では和楽器バンド“たる募金プロジェクト第2弾”広島県福山市の「福山琴」へのたる募金もで受け付けられた。

今回のツアーはタイトルにもあるとおり、最新アルバムの完全再現ライブとなることはすでに発表されており、開演前から客席は期待と熱気に包まれていた。オープニング映像が始まると、静まり返った会場を一気にアルバムの世界へと引き込んでいく。アルバム『TOKYO SINGING』そのものを物語る1曲目「Calling」のイントロとともに紗幕が落ちると、和楽器バンドのメンバー8人が姿を現した。

本来であれば大きな歓声が響き渡る場面だが、その気持ちをグッと押さえ、会場に集まった3,500人のそれぞれの想いを拍手とペンライトに乗せ、この場所でしか感じることのできない盛り上がりを見せた。同アルバムは、ほぼすべての楽曲が自粛中に書き上げ完成した、今だからこそできた一枚。「Calling」の冒頭、“君に届けたい想いが 届けたい言葉が 届けたい歌がここにあるんだ” の歌詞のとおり、8人の想いと気迫が詰まったツアーが幕を開けた。

ボーカルの鈴華ゆう子は「前回の横浜アリーナ公演に続き、今日も皆さんにはたくさんの制限のなか、ルールを守っていただきながらの参戦に、バンドメンバーそしてスタッフ一同心から感謝しています。前回の公演(有観客でのアリーナでのライブの実施に)私もたくさんの不安があったとお話しましたが、そのときに皆さんからたくさんのパワーやメッセージ、そして勇気を受け取り、未来に歩むという力をもらいました。そして今日、楽しみな気持ちでスタートを切ることができました。ライブは生き物、今日は今日しかないので、絶対に後悔させないような1日を精一杯届けて、作っていきたいと思います!」とライブにかける想いを力強く語った。

アルバム『TOKYO SINGING』の“完全再現ライブ”と宣言したとおり、アルバム収録曲を曲順のまま怒涛のパフォーマンスで魅せていく。和楽器バンドのCDは、もともとステージに配置された楽器の場所からそれぞれの音が聴こえるように作られており、まさに耳から聴こえていた音が、頭の中で想像していたその情景が、そのまま目の前に表現されていくステージは、ただただ圧巻。映像と音を駆使し、1曲目の「Calling」から最後の「Singin’ for…」まで、まるで1本の映画を観ているかのようにアルバムの世界を存分に味わえる空間が広がっていた。

自粛期間中に書き上げ完成したアルバム『TOKYO SINGING』に込められたメッセージは、キャパシティの50パーセント以下でソーシャルディスタンスが守られた歓声のない会場で表現されることで、さらにストレートに胸を突いてくる。特製のハリセンが全員に配布されたり、「日輪」では異例の撮影OKでのパフォーマンスを実施したりと、声の出せない制限された環境下でも心から楽しめるようにと至るところに工夫と配慮を凝らした演出に彼らの心意気を感じる場面も。

さらに、グラミー受賞アーティスト、エヴァネッセンス(EVANESCENCE)のエイミー・リー(Amy Lee)を迎えた「Sakura Rising」では、このライブのために撮り下ろした映像でエイミーとのコラボレーションも!

アンコール含め全20曲。彼らにとって初めてのアルバム完全再現ライブは、バンドのさらなる飛躍を感じさせる見どころ満載なステージとなった。終演後には、コロナ禍でもエンターテインメントを追求する和楽器バンドの姿勢を来年も貫く意気込みとして、2021年1月3日・4日に東京・日本武道館での『和楽器バンド大新年会2021』の開催も発表された。

どんなに困難な状況でも自分たちの音楽を楽しみにしてくれている人がいる限り発信をし続けていく、アルバムにも込められたメッセージとともに未来への約束を繋げていくことが、エンタテインメントを止めない和楽器バンドの姿勢。

和楽器バンド史上初となるアリーナツアーは、11月28日の愛知・日本ガイシホールまで3都市4公演を予定。東京2日目となる明日10月25日の公演は、全世界に向けて有料配信も行われる。アルバムを聴き込んで、ぜひこの機会に和楽器バンドが作り出す音楽と彼らの生のライブパフォーマンスのすごさを体感してみてよう。

また、アルバム『TOKYO SINGING』に封入されているSPECIAL SERIAL CODE応募特典についてすでに発表されていたA賞に続き、B賞の内容が公開された。B賞は、本日の公演でも発表された『和楽器バンド 大新年会2021 日本武道館』のチケット先行応募券となっている。応募期間は2020年11月2日12時から11月8日23時59分まで。B賞の追加応募特典も11月上旬に発表予定とのこと。ファンは続報を楽しみに待とう。

PHOTO BY KEIKO TANABE、上溝恭香 / Kyoka Uemiz


リリース情報

2020.10.14 ON SALE
ALBUM『TOKYO SINGING』


ライブ情報

和楽器バンド JAPAN TOUR 2020 TOKYO SINGING
10/25(日)東京・ガーデンシアター
11/14(土)大阪・大阪城ホール
11/28(土)愛知・日本ガイシホール
※終了分は割愛

和楽器バンド 大新年会2021 日本武道館
[2021年]
01/03(日)東京・日本武道館
01/04(月)東京・日本武道館


配信情報

『和楽器バンド Japan Tour 2020 TOKYO SINGING』東京公演有料配信
10/25(日)16:00~
※アーカイブ視聴期間:10/27(火)18:00まで


『和楽器バンド JAPAN TOUR 2020 TOKYO SINGING』開催記念キャンペーン詳細はこちら
https://wagakkiband.com/contents/370554

『TOKYO SINGING』スペシャルサイト
https://sp.universal-music.co.jp/wagakkiband/tokyosinging/

和楽器バンド OFFICIAL WEBSITE
https://wagakkiband.com/


『TOKYO SINGING』会場購入特典のオリジナルポストカード

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人