撮影最終日、井ノ原快彦は道枝駿佑と離れたくなかった! 映画『461個のおべんとう』より、ほっこり父子ショット公開

■井ノ原快彦は、道枝駿佑に本当の親子のような気持ちが芽生えていたと告白!

TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)が『461個のおべんとう』として映画化され、11月6日に全国公開となる。

本作の主人公、ミュージシャンでありながら息子のためにお弁当を作り続けることを決意する、シングルファザーの鈴本一樹を演じるのは、井ノ原快彦。そして、一樹の息子、虹輝を関西ジャニーズJr.で人気沸騰中のユニット、なにわ男子に所属する道枝駿佑が演じる。

監督は『キセキ -あの日のソビト-』『泣くな赤鬼』といった心あたたまる話題作を撮り続ける兼重淳。主題歌は、井ノ原快彦と道枝駿佑が歌う、原作者・渡辺俊美の作詞作曲「Lookin’4」となっており、ふたりのスペシャルセッションは、映画館でしか観られない&聴けないことも話題となっている。

去年2019年10月1日からおよそ1ヵ月撮影が行われていた本作。その時間は、主人公・鈴本一樹を演じた井ノ原快彦と、息子・虹輝役の道枝駿佑が本当の親子のような絆を築いていった1ヵ月でもあった。

このたび、井ノ原&道枝2ショットの、本物の親子のような仲睦まじさを感じさせる新場面写真が解禁された。

一樹が高校入学が決まった虹輝と、「3年間毎日おべんとうを作る」「3年間休まずに高校に通う」という親子の約束を交わす重要なシーンとなっている。

本作が初共演となる、井ノ原快彦と道枝駿佑。親子を演じる上で、ふたりはコミュニケーションをとる時間を大事にした。井ノ原は、「息子役の道枝駿佑とは、毎日お昼ご飯をふたりで食べていました。短い時間でしたが、親子に近づけたと思います」と語り、現場では緊張し、気を使って立っていた道枝に「座れよ。俺とお前の仲だろう」と、道枝の気持ちをほぐすように接していた。そして本作のエンディングでは息のあった親子セッションを披露しているが、撮影中にいつもふたりで主題歌「Lookin’4」を口ずさみ、一緒に練習していたそうだ。

また一方、道枝は「井ノ原さんとは親子の役だったので、お互い敬語を使わずに話そうよ、と言ってくださったり。動きや台詞も一緒に練習してくださり、優しく接していただきました」と撮影中の井ノ原との時間を振り返る。ある撮影シーンでは、一樹が虹輝を見送るシーンに関して、井ノ原から「外に出やすいように、靴を履きやすい状態にしておけば?」と道枝にアドバイスをするひと幕も。それに対し、道枝はすぐ「練習してみる!」としゃがみ、用意をする姿は本当の親子のような支え合いを感じるやりとりであった。

そして先月解禁された本予告に登場する、虹輝がひとりで海で叫び、葛藤する気持ちを爆発させる場面。道枝が自身の中で重要なシーンと捉えていると、井ノ原に話していた。撮影当日には、井ノ原が道枝の様子を見に行き、息子を気遣う父親のように撮影中そっと見守っていた。さらにクランクアップ時には、井ノ原は「なんで離れなきゃいけないの?」という、本当の親子のような気持ちが道枝に芽生えていたと語っている。この濃密な時間で、築かれたふたりの絆が一樹・虹輝親子の物語にリアルさを与えている。


映画情報

『461個のおべんとう』
11月6日(金)全国ロードショー
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森 七菜、若林時英、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
監督:兼重 淳(『キセキ -あの日のソビト-』)
脚本:清水 匡、兼重 淳
原作: 渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)
配給:東映
(C) 2020「461個のおべんとう」製作委員会


映画『461個のおべんとう』作品サイト
461obento.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人