「どうやら小沢健二さんのお気に入り本らしい」。小沢健二デザイン帯付き『三島由紀夫レター教室』が限定発売!

■裏面にまでびっしりと書きこまれたエッセイ、斜めにカットされた変形帯……。小沢健二、渾身の特別帯!

三島由紀夫没後50年の特別企画として、1991年に刊行された『三島由紀夫レター教室』(ちくま文庫)が、小沢健二のデザインによる特別帯をつけて販売される。

小沢健二の書き下ろしエッセイを両面に掲載した特別帯は、11月11日頃の書店着荷分から本に巻かれて全国順次発売となる。

またそれに先がけ、メモリアルイヤーにちなんだ2020部の限定版帯付き本を10月31日より全国86店舗の協力書店にて先行発売する。

■28年ぶり2度目のコラボ
小沢は雑誌『オリーブ』1992年9月号で「私が文を学んだ本」として『三島由紀夫レター教室』を紹介。当時これをきっかけにして「突然話題沸騰 どうやら小沢健二さんのお気に入り本らしい」という帯が巻かれ、大きな話題を呼んだ。

あれから28年。三島の没後50年というメモリアルイヤーに、今度は自らの手で2020年の今にふさわしい新帯をデザイン。数ある三島の名作の中から、なぜ今この作品にこの帯なのか。このために書下ろされたエッセイとユニークな仕掛けをほどこしたデザインからその理由がわかるはずだ。

■2020部限定版帯
壁を破るかのような切り抜き、袖や裏面にまでびっしりと書きこまれたエッセイ、斜めにカットされた変形帯……。文庫版の帯としてはこれまでに見たこともない、異例な仕様。

『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』など硬派な純文学作品で知られる三島だが、本作は氏のもうひとつの顔、極上エンタメ作家としての代表作のひとつ。アクロバティックな構成と洒落た文体、一読すればこれまでの三島のイメージが吹き飛ぶ新感覚の読書体験となるはずだ。

1966年に週刊誌『女性自身』に連載されたこの異色小説は、メールやラインが主流となった現代において、さらに光を増すような魅力が詰まっている。この時代の空気の中であらたな価値を発掘し、発信することの素敵さ。それを象徴するようなあらたな帯に注目だ。

本書は10月31日、全国86店舗の協力書店にて一斉発売される。

小沢健二、書下ろしエッセイより
なんて贅沢な行為。なんと「反社会的」な行為。
なんて地下活動的な、秘密裡な行為。
編集されて、冷静に、平静に進んでいく世の中の下に、トンネルを掘るような。


書籍情報

『三島由紀夫レター教室』ちくま文庫
著者:三島由紀夫
体裁:文庫判/240ページ
本体価格:620円(税別)
刊行日:1991年12 月
累計発行部数:52刷 25万4,800部(※2020年10月23日現在)
◇小沢健二デザイン 2020部限定版帯付き発売日:2020年10月31日 ※一部協力書店にて一斉発売
◇小沢健二デザイン 普及版帯付き発売日:2020年11月11日より全国順次発売 ※地域により差があります

■内容紹介
恋したりフラレたり、金を借りたり断わられたり、あざけり合ったり、憎み合ったりと、もつれた糸がこんがらかって……。職業も年齢も異なる5人の登場人物が繰りひろげる様々な出来事を、すべて手紙形式で表現した異色小説。見事なまでの離れ技で織りなす構成、洒落た文体で交わされる小粋なやりとり。文豪・三島由紀夫による、反則レベルのスタイリッシュ・エンタメ小説。手紙を書くのが苦手なあなたに贈る粋な文例集。解説:群ようこ


『三島由紀夫レター教室』の詳細はこちら
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480025777/

小沢健二 公式Twitter(@iamOzawaKenji)
https://twitter.com/iamozawakenji

小沢健二 OFFICIAL WEBSITE
http://hihumiyo.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人