映画『ドクター・デスの遺産』唯一の癒やしの時間!? 綾野剛&北川景子の息の合ったやり取りが楽しめる“居酒屋”シーン公開

■「居酒屋のシーン、僕自身ももっと観たかったですね」(綾野剛)「刑事ではない犬養と高千穂の素が垣間見られるシーンです」(北川景子)

『このミステリーがすごい!』大賞受賞作『さよならドビュッシー』で2010年1月にデビューし、今年10周年で映像化が続く人気作家・中山七里。“どんでん返しの帝王”の異名を取り、数々の傑作を世に送り出す中山七里のクライムサスペンス小説・犬養隼人シリーズ『ドクター・デスの遺産』が待望の初映画化。『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』として、11月13日に全国公開となる。

主演に『新宿スワン』『MIU404』など数多くの映画・ドラマで幅広い役柄を演じ分け、人気、実力を兼ね備える俳優・綾野剛。主人公の、警視庁捜査一課の検挙率No.1を誇る敏腕刑事・犬養隼人を演じる。さらに共演には『スマホを落としただけなのに』『家売るオンナ』シリーズなど、ドラマ・映画・CMと多岐に渡り活躍する北川景子が、綾野演じる犬養のバディである捜査一課の頭脳派No.1の冷静沈着な女性刑事・高千穂明日香を演じる。

さらに、人気上昇中の若手俳優・岡田健史が新米刑事・沢田を演じ、前野朋哉、青山美郷、石黒賢ら実力派俳優たちが、犬養&高千穂と同じ警視庁敏腕捜査チームとして脇を固める。監督は『神様のカルテ』『チェイス』など人間ドラマからサスペンスまで幅広い作品で手腕を発揮してきた深川栄洋。

警視庁捜査一課No.1コンビの犬養&高千穂と、安楽死を手口とする猟奇的な連続殺人犯“ドクター・デス”の息もつかせぬ攻防戦をスリリングに描き出すクライムサスペンス映画が誕生した。

破天荒な直感型の刑事・犬養と、つねに冷静沈着な高千穂の警視庁捜査一課No.1コンビが、ドクター・デスという謎に包まれた連続殺人犯に翻弄され、そして真実に迫っていくという、まさに王道のバディ刑事ムービーの本作。対照的な性格を持つふたりの絶妙なやり取りも、大きな魅力のひとつだ。

対照的なふたりが劇中で、唯一、刑事の顔を忘れて語り合う姿を見せるのが“居酒屋”のシーン。犬養と高千穂の行きつけの居酒屋であり、先輩と後輩という垣根を超えたふたりを見ることができる。

綾野は、居酒屋のシーンについて「居酒屋のシーン、僕自身ももっと観たかったですね」と撮影を振り返り、北川も「普段のこの人たちはこういう人なんだって、刑事ではない犬養と高千穂の素が垣間見られるシーンです」と語るように、追い詰められていくシーンが多い本作の中で唯一の癒しのシーンだったようだ。

本作のメガホンをとった深川監督も「綾野さんは猛禽類のような捕食者、北川さんは学者のような観察者、といったキャラクターの立たせ方を目指していました」と対照的なキャラクターを目指したと語っているが、「どちらも概念に捉われ過ぎず、その場の共鳴を信じて振れ幅のある演出を心がけました」と語っており、その場の空気、そしてふたりの関係性を意識して演出を心がけたとのことだ。

そんなふたりの共鳴シーンとも言える、居酒屋での犬養と高千穂の絶妙なやり取りを映した本編映像が解禁となった。

警視庁捜査一課No.1コンビと評されるふたりも、居酒屋ではどこにでもいる普通の男女として描かれており、犬養の「おっさんだな」のひと言に不服そうにする高千穂の姿や、娘が高千穂にだけプレゼントをあげていたことに対し、不満をあらわにする犬養の表情など、ふたりの素の表情を見ることができる。そして自分の焼き鳥を奪われたことで、子供のように駄々をこねる高千穂に振り回される犬養など、ふたりの立場が逆転した構図が見て取れ、本編をよりいっそう楽しむことができる映像となっている。緊迫感溢れる本編の中で、ここだけで見せるふたりの素顔に注目だ。


映画情報

『ドクター・デスの遺産』
11月13日(金) 全国ロードショー
出演:綾野剛 北川景子 岡田健史 前野朋哉 青山美郷 石黒 賢
監督:深川栄洋
原作:中山七里『ドクター・デスの遺産』(角川文庫/KADOKAWA刊)
主題歌:[Alexandros]「Beast」
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2020「ドクター・デスの遺産 ―BLACK FILE―」製作委員会


映画『ドクター・デスの遺産』作品サイト
https://wwws.warnerbros.co.jp/doctordeathmovie/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人