映画『461個のおべんとう』より、KREVA出演ライブシーンのメイキング&インタビュー映像公開

■「ライブのシーンでは、イノッチ(井ノ原快彦)とやっつん(やついいちろう)と俺で喋って、すごくお客さんが盛り上がってくれて、もう途中から“俺ら人気あるぞ、これ”ってずっと言ってましたね」(KREVA)

TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)が『461個のおべんとう』として映画化され、11月6日に全国公開となる。

本作の主人公、ミュージシャンでありながら息子のためにお弁当を作り続けることを決意する、シングルファザーの鈴本一樹を演じるのは、井ノ原快彦。そして、一樹の息子、虹輝を関西ジャニーズJr.で人気沸騰中のユニット「なにわ男子」に所属する道枝駿佑が演じる。

監督は『キセキ -あの日のソビト-』『泣くな赤鬼』といった心温まる話題作を撮り続ける兼重淳。また主題歌は、原作者・渡辺俊美の作詞作曲による「Lookin’4」を井ノ原快彦と道枝駿佑が歌っている。ふたりのスペシャルセッションは、映画館でしか観られない、聴けないことも話題だ。

そしてこのたび、本作で人気バンド“Ten 4 The Suns”のMC担当・古市栄太を演じているKREVAのメイキング&インタビュー映像が解禁された。

本映像でも使用されている、劇中曲のラップ部分はすべてKREVAが作詞・作曲を担当。音楽にも注目だ。

今回、KREVAは 「ミュージシャン役だから、自分らしくいるほうが良いだろうなと思って、あまり作らないようにしました」 と自身の経験を生かした自然体な役作りをしたとコメント。また、メイキングシーンでは、KREVAがMCしているのを見ていた井ノ原が、 「普通に喋ってるだけで、ラップに聞こえてくるでしょう?」とツッコミ、やついもすかさず、「ビートもらっとく?」と応戦。結成20周年という設定に違わぬ、息の合ったやりとりが交わされる。

KREVA自身も「3人で話してるのが本当に面白くて、ずっと喋ってました」と語っているほど、 メンバー間の相性の良さが感じられる。「ライブのシーンでは、イノッチとやっつん(やつい)と俺で喋って、本当のライブのMCみたいなことをしてたから、すごくお客さんが盛り上がってくれて、もう途中から“俺ら人気あるな”って、“ (人気)あるぞ、これ”ってずっと言ってましたね」と、アーティストならではの感覚でバンドの人気を確信していたようだ。

音楽の監修には、原作者・渡辺俊美が全面サポート。本映像内でも収められている躍動感溢れる圧巻のライブシーンも見逃せない。


映画情報

『461個のおべんとう』
11月6日(金)全国ロードショー
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森 七菜、若林時英、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
監督:兼重 淳(『キセキ -あの日のソビト-』)
脚本:清水 匡、兼重 淳
原作: 渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)
配給:東映
(C) 2020「461個のおべんとう」製作委員会


映画『461個のおべんとう』作品サイト
461obento.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人