のん、映画『私をくいとめて』で橋本愛と“朝ドラ”以来7年ぶりに再共演!「再び親友役。これ以上ない相手でした!」

■「役としてお互いが目を合わせたときの、電気が走るような心が通じる感覚。鮮烈でした」(橋本愛)

ロングランを記録した『勝手にふるえてろ』の、原作=綿矢りさ×監督・脚本=大九明子のゴールデンコンビで贈る、映画『私をくいとめて』が、12月18日より全国公開となる。

脳内に相談役「A」を持つ、31歳おひとりさま・みつ子。悠々自適におひとりさまライフを満喫していたみつ子が、年下営業マン・多田くんと出会い、久しぶりに訪れた恋に戸惑いながらも一歩踏み出していくさまが描かれた本作。

監督は、『勝手にふるえてろ』(2017年)、『美人が婚活してみたら』(2019年)、『甘いお酒でうがい』(2020年)など、女性の生き方や恋愛にスポットを当てた話題作を次々と発表し続けている大九明子。

みつ子に扮するのは、劇場アニメ『この世界の片隅に』(2016年)で主人公・すず役の声を演じ、活動の幅を広げる女優・創作あーちすと、のん。

みつ子が恋する腹ペコ年下男子・多田くん役を演じるのは、この秋放送される『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・CX)出演のほか、映画でも多数公開待機作を控え、今最も熱視線が注がれる実力派俳優・林遣都。さらに臼田あさ美、片桐はいりといった実力派役者陣や、本作で映画初出演となる若林拓也も存在感を発揮! 令和を生き抜く女性たちに容赦なく突き刺さる、わかりみが深すぎる崖っぷちのロマンスを彩る。

そして今回、追加キャストとして橋本愛の出演が決定! 7年ぶりに再共演を果たした、のんとのメイキング写真も公開された。

のんとの共演は、2013年に放送されたNHK連続テレビ小説以来7年ぶりとなる橋本愛。橋本が演じるのは、イタリアに嫁いだみつ子の親友・皐月役。映画オリジナルの設定として、妊婦という設定が付与された。

再びの、のんとの共演について橋本は「今回、役としてお互いが目を合わせたときの、電気が走るような、心が通じる感覚。鮮烈でした。声を発して会話しづらい中、心の会話の気持ちよさを強く感じました。超超楽しかったです」と撮影を振り返った。

対するのんも、「かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。最初は、目を合わせただけでドキドキしちゃうくらい恥ずかしかった! そのときの私は、好きな人にうまく話せない男の子のようでした。でも、愛ちゃんのほうから本読みをしたいと声をかけてくれて、みつ子と皐月のやりとりで心を通わせることができたように思います。そして何と言っても再び親友役。これ以上ない相手でした。楽しかった!」とコメントし、再共演の喜びを語った。

さらに、久々の恋心を手にあます31歳おひとりさま・みつ子(のん)が、感情をぶちまける<本予告映像&ポスタービジュアル>が解禁。劇中曲には、5.1chにミックスされた名曲「君は天然色」(大滝詠一)が決定した。

脳内に相談役「A」を持つ、31歳のおひとりさま・みつ子(のん)が、年下営業マン・多田くん(林)との恋に一喜一憂する姿を収めた本映像。サシ飯に行くわけでもなく、時々多田くんに手料理を作っておすそわけするだけ、という微妙な関係のふたり。多田くんの気持ちを確かめたいと思うものの、20代の頃のように一歩踏み出すことができないみつ子は、脳内相談役「A」に対して、自虐やぼやきが炸裂! さらに映像終盤では、心乱されたみつ子が、感情をぶちまけながら涙を流す姿も。圧倒的な透明感で多くのファンを魅了してきたのんが、久々の恋心を手にあまし、人間味溢れるひねくれたユーモアセンスを持つ不器用なヒロインを体現! 愛せずにはいられない“やさぐれ感”満載な役どころと、心震わす熱演で新境地を拓いた。

劇中歌は大滝詠一の名曲「君は天然色」。今もなお時代を超えて多くの人に愛され続ける名曲を、この映画のために5.1chサラウンドでニューミックス。心地良く軽やかなメロディが映像に優しく溶け込み、トキメキに慌てるみつ子の姿を色鮮やかに映し出している。この5.1ch版「君は天然色」は、『A LONG VACATION』40周年を記念して、2021年3月21日に発売されるボックスセット『A LONG VACATION VOX』に収録が予定されている。

なお、映画『私をくいとめて』は、10月31日~11月9日に開催される第33回東京国際映画祭『TOKYOプレミア2020』部門に招待が決定。第30回東京国際映画祭「コンペティション部門」で一般観客の投票で選ばれる観客賞を受賞した『勝手にふるえてろ』以来、二度目の受賞も期待され、早くも映画ファンから熱い注目を集めるなか、11月5日に行われる舞台挨拶に、監督&キャストの登壇も決定。チケットは10月24日16時より、東京国際映画祭公式 サイトにて発売される。

■橋本愛 コメント
Q:出演のオファーを頂いていかがでしたか?
大九監督と綿矢りささんの最強コンビネーション作品に参加できることが嬉しくて、撮る前から早く観たい! とお客さん気分でわくわくしました。とにかく脚本が面白くて、ポップでチャーミングなのに人間の深淵を描いていて、漫画を読んでいるようなライト感がありながら、ドッと心臓が鳴るような読後感。これこれ! とうれしくなりました。

Q:皐月という役柄に関して、ご自身で考えたことや大九監督とお話したことなどがあればお教えください。
皐月は原作で描かれた人間性をベースに、映画ではもっとみつ子との関係性に特化して、また、いちばん今の時代が投影されるキャラクターになりました。傍からは幸せに見える条件が揃ったような人でも、内実不安や恐れに毎日襲われていて、その弱さが見えたとき、みつ子を救うといいな、と。監督とは、みんな生まれながらのおひとりさまなんだ、という話をして、その言葉を大事に抱えて最後まで演じたつもりです。

Q:久しぶりののんさんとの共演はいかがでしたか?
あまりに久しぶりで、最初はとても照れました。それに、昔の私は相当やりづらかっただろうなという、懺悔の気持ちをつねに持っていました(笑)。でも今回、役としてお互いが目を合わせたときの、電気が走るような心が通じる感覚。鮮烈でした。声を発して会話しづらい中、心の会話の気持ちよさを強く感じました。超超楽しかったです。

■のん コメント
Q:橋本愛さんとの久しぶりの共演はいかがでしたか?
かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。最初は、目を合わせただけでドキドキしちゃうくらい恥ずかしかった! そのときの私は、好きな人にうまく話せない男の子のようでした。でも、愛ちゃんのほうから本読みをしたいと声をかけてくれて、みつ子と皐月のやりとりで心を通わせることができたように思います。そして何と言っても、再び親友役。これ以上ない相手でした。楽しかった!


映画情報

『私をくいとめて』
12月18日(金) 全国ロードショー
監督・脚本:大九明子
原作:綿矢りさ『私をくいとめて』(朝日新聞出版)
出演:のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 片桐はいり ほか
製作幹事・配給:日活 制作プロダクション:RIKIプロジェクト
企画協力:猿と蛇
(C)2020「私をくいとめて」製作委員会


『第33回東京国際映画祭』イベントサイト
www.tiff-jp.net

『私をくいとめて』公式Twitter(@kuitometemovie)
https://twitter.com/kuitometemovie

『私をくいとめて』作品サイト
https://kuitomete.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人