センターはタクヤ! 超特急、ニューシングル「Asayake」新ビジュアル&ジャケット写真公開

2020.10.17

■「超特急にとっても、そして何より8号車にとっても側に寄り添ってくれる、そんな一曲になりました。久しぶりのセンター。僕たちについてきてください」(超特急・タクヤ)

超特急が、12月16日にリリースする最新シングル「Asayake」の新ビジュアルとジャケット写真を公開した。

通常盤のジャケットでは、それぞれのイメージカラーである青・紫・緑・赤・白と、原色を大胆に使った、色鮮やかなスーツに身を包んで並び立つ5人の姿が。メンバーの周囲にはスーツとまったく同色の5色に、ファンである8号車のカラーであるピンクを加えた6色の立体グラフィックが設置され、鮮明な視覚インパクトを与えてくれる。

なかでも樹々の緑ではなく、蛍光グリーンを身にまとってセンターに立つタクヤがもたらす効果は絶大。ビビッドに振り切ったビジュアルは、「Asayake」という曲が持つアッパーなリズムや軽快なポップネス、ボーカルのタカシが放つ現代的なラップを象徴しているかのようだ。

一方、ファンクラブ盤のほうは射し込む太陽の光にも似たオレンジ色をベースに、5人の顔に当てられた光のコントラストが、タイトルどおりの“朝焼け”を想起させる仕上がりに。その温かみあるイメージは、聴き手一人ひとりの“あなたらしさ”にスポットを当て、心励ますリリックを体現するようでもある。

また、落ち着いた色調の衣装に憂いを帯びたシリアスな表情も相まって、どこかセンチメンタルな匂いも漂うが、それは曲を構成するバンドサウンドの懐かしさともリンク。成熟した大人っぽさを映しつつ、アーティスト写真ではラフな表情をほんのり垣間見せているのも、ファンクラブ盤ならではと言えるだろう。

前作「Stand up」から6ヵ月ぶりとなるCDリリースということで、カップリングも2形態合わせてせて4曲が収録されるという充実ぶり。超特急らしいキテレツ曲からホットなダンスナンバー、切なさ香る応援ソング、全員一丸となっての元気チューンと、バラエティ豊かな曲たちが用意されている。それぞれ誰がセンターを務めるのかも楽しみに待っていよう。

12月25日の結成記念日から3日間にわたって、オンラインスペシャルライブ『Superstar』も決定。3公演すべてが異なる演出・内容になることも発表されており、表現幅の広さでは他の追随を許さない超特急の魅力を、存分に堪能できる3デイズになることは間違いない。そこで披露されるだろう新曲たちのパフォーマンスにも、大いに期待したい。

<超特急メンバーコメント>
■カイ
ニューシングル「Asayake」のビジュアル、ジャケット写真が解禁されました! 色味を全面に押し出しており、かなりインパクトが強くなっています。楽曲の持つ優しさの内面にある芯の強さというイメージを体現できていると思います。FC盤の温かいイメージとの違いも楽しんでもらえるとうれしいです。楽曲・MVも期待を高めて待っていてください!

■リョウガ
今回はとてもくっきりとした強い印象ですね(^o^) 濃いイメージカラーのスーツを纏ったメンバーと幾何学模様的背景。色使いなのかが、「和」を感じさせ、ある意味タイトルにぴったりだと感じます。メンバーそれぞれのセンター曲もお楽しみに☆

■タクヤ
「Asayake」。超特急にとっても、そして何より8号車にとっても側に寄り添ってくれる、そんな一曲になりました。久しぶりのセンター。僕たちについてきてください。カップリングもバラエティ豊富です。お楽しみに。

■ユーキ
12月16日にニューシングル「Asayake」をリリースします! 今回のリード曲のセンターはタクヤ!! 爽やかかつ前向きで尖った角のない、優しさで包まれた、誰もが前向きになれるような楽曲になっています!! その他にカップリングでは、超特急あるあるの名曲&異色揃いのライナップになっています。楽しみに待っていてください!!

■タカシ
ジャケット写真とアー写を解禁しました! この曲を聴いて、みんなのもとにもきれいな朝焼けが訪れますように。全力で歌います。


リリース情報

2020.12.06 ON SALE
SINGLE「Asayake」


配信情報

BULLET TRAIN ON LINE SPECIAL LIVE 2020「Superstar」
12/25(金)18:00 Open / 19:00 Start
12/26(土)17:00 Open / 18:00 Start
12/27(日)16:00 Open / 17:00 Start


超特急 OFFICIAL WEBSITE
https://bullettrain.jp/


[通常盤]

[ファンクラブ盤]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人