米・ビルボートで1、2位同時獲得!BTSを『フォーブス』誌が称賛「彼らはもう“HOT100”チャートのキングメーカー」

■BTS、フィーチャリング参加したジェイソン・デルーロ「Savage Love (Laxed – Siren Beat) [BTS Remix]」が1位、最新曲「Dynamite」が2位を獲得!

BTSが、米・「ビルボード」の「HOT100」チャートで1位、2位を独占した。

ビルボードは、10月13日(現地時間)に最新チャート(10月17日付)を発表。BTSがフィーチャリング参加したジェイソン・デルーロ(Jason Derulo)の「Savage Love (Laxed – Siren Beat) [BTS Remix]」(以下、「Savage Love」)が「HOT100」で1位を獲得。さらに、9月にリリースし、同チャート1位を記録し、その後も7週間チャート上位をキープしているデジタルシングル「Dynamite」が2位を記録。BTSは、同時に2曲を1、2位に並べる大記録を立てた。

「Dynamite」は他のチャートでも上位をキープした。「デジタルソングセールス」チャートで7週連続で1位を獲得したのをはじめ、「メキシコエアプレイ」で1位、「カナディアンHOT100」「ポップソング」で14位、「メキシコイングレスエアプレイ」で11位、「ストリーミングソング」「アダルトポップソング」「アダルトコンテンポラリー」で21位、「オンデマンドストリーミングソング」で24位に入った。また、「ラジオソング」チャートでは26位になり、自己最高記録を更新した。

BTSは全世界200以上の国と地域のストリーミングと売り上げを集計し、順位を決める「ビルボードグローバル」チャートでも猛烈な勢いを続けている。

「ビルボードグローバル200」チャートでは、「Savage Love」と「Dynamite」がそれぞれ1位と3位を獲得し、「ビルボードグローバル(アメリカ除外)」チャートでは「Dynamite」が2位、「Savage Love」が3位になるなど主要チャートを総なめにした。

新設チャートということを考慮しても、BTSは「ビルボードグローバル200」チャートで2曲以上を首位にした初のアーティストという貴重なタイトルも得た。

BTSの既存アルバムもメインアルバムチャートの「ビルボード200」チャートで変わらない人気を誇った。

2月発売した『MAP OF THE SOUL : 7』は78位、2018年8月発売したリパッケージアルバム『LOVE YOURSELF 結 「Answer」』は150位にランクインした。

ビルボードチャートでBTSが止まらない人気を続けていることについて海外メディアも注目。

米の経済誌『フォーブス』は13日(現地時間)、BTSのビルボード「HOT100」1、2位同時席巻にフォーカスを当て、「BTSが今までは海外ポップスターのフィーチャリングを受け取る側だったとしたら、立場が変わった。もう7人のメンバーで構成されたこの韓国のボーイズバンドがビルボード“HOT100”チャートのキングメーカー」と称賛。

続いて「『Dynamite』が7週連続(HOT100)で“TOP 2”の座をキープしているにもかかわらずBTSのビジネス的力量に疑問を持つ人がいるとしたら『Savage Love』の1位でその疑問を完全に消すべきだ。『Savage Love』はBTSが母国語の韓国語で歌ったということで英語で歌った『Dynamite』の1位よりもっと大きな意味を持つ」と強調した。

『フォーブス』はまた、「Savage Love」発売以降表れた強力なファンの力に注目し、「BTSはポップヒット曲を作り出す“ミダースの手”を持っているといえる」と評価した。

なお、BTSは全世界SNSを基盤にアーティストの人気を確認できる「ソーシャル50」チャートで170週連続、通算200度目の1位という今までもこれからもない記録を打ち立てた。

PHOTO BY Big Hit Entertainment


リリース情報

2020.11.20 ON SALE
ALBUM『BE』


BTS OFFICIAL WEBSITE
https://bts-official.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人