角川春樹、ユーミンに映画『みをつくし料理帖』主題歌を驚愕オファー!「“春よ、来い”を超える歌を作ってくれ」

■松任谷由実、映画『みをつくし料理帖』公開記念イベントで名曲「守ってあげたい」の誕生秘話を告白!「角川(春樹)さんが声をかけてくれたからこそ」

時代を創った男・角川春樹が、ベストセラー小説を原作に生涯最後のメガホンをとった映画『みをつくし料理帖』(10月16日公開)。10月12日に、有楽町朝日ホールで公開記念スペシャルイベントが行われ、主題歌「散りてなお」を作詞・作曲した松任谷由実と角川春樹監督が対談した。

映画『ねらわれた学園』『時をかける少女』の主題曲を歌い、『Wの悲劇』では薬師丸ひろ子に呉田軽穂名義で主題歌「Woman “W の悲劇”」を提供するなど角川映画とはゆかりの深い松任谷。今回は手嶌葵に主題曲「散りてなお」を提供している。

松任谷は角川監督との初タッグとなった『ねらわれた学園』での主題歌オファーを「大仕事が舞い込んだなと思った」と振り返り「薬師丸ひろ子さんは目力もあってパワーがある印象で、すぐに曲ができそうな気がした」と明かした。松任谷の歌う主題曲「守ってあげたい」は大ヒットとなったが「1976年に松任谷由実になって商業的に低迷していた時期。それが『守ってあげたい』で再ブレイク。再ブレイクは本当にエネルギーのいることですが、角川さんが声をかけてくれたからこそ。今があるのもそのときのおかげです」と感謝した。

今回の楽曲制作オファーについて松任谷は「角川さんから『春よ、来い』を超える歌を作ってくれと…。大変難しいお題でした」というも「作品全体の世界観を5分間にギュッと凝縮して、聴いたことがあるけれどまだどこにもないメロディを意識。それができたと思うし、必ずやたくさんの人に聴いてもらってカバーをしてもらいたい。私自身も早々とセルフカバーをしています」と会心の作に。角川監督には「この曲で泣かせます! と宣言をした」そうで、その角川監督は「泣きました!」とコメント。「これまでのユーミンの曲とは違う、異質な楽曲。歌詞も古典的。それに驚いた」と名曲誕生を確信していた。

イベント後半には楽曲を歌う手嶌葵が福岡からリモート参加。楽曲の感想を聞かれた手嶌は「懐かしい感じがして、小さいときの思い出が甦った」と答えると、松任谷は「それを届けたくて作りました。手嶌さんの優しい歌声が、名もなき川の景色を連れてきてくれた。草が音をたてるような懐かしい感じを、手嶌さんの歌声から感じました」とうれしそうだった。

手嶌葵の歌声が夢の中に現れたことから、手嶌を抜擢したという角川監督。松任谷が「手嶌葵さんのお名前が挙がったときは、モチベーションが上がりました。歌ってほしいと思っていましたから」と思いを伝えると、あまりの言葉に手嶌は顔を覆って「うれしい」と感激していた。

最後に松任谷は「角川さんは歴史上の人物だと、今になって改めてひしひしと感じました」と対談を喜ぶと、角川監督も「初めて会った20代中盤頃のユーミンの姿が思い出されました」と懐かしそうに目を細めていた。


映画情報

『みをつくし料理帖』
10月16日(金)全国公開
出演:松本穂香 奈緒 / 若村麻由美 浅野温子 窪塚洋介 小関裕太 永島敏行 藤井 隆 野村宏伸 渡辺典子 衛藤美彩 村上 淳 反町隆史 榎木孝明 鹿賀丈史 / 薬師丸ひろ子 / 石坂浩二(特別出演) / 中村獅童
製作・監督:角川春樹
脚本:江良 至、松井香奈、角川春樹
原作:『みをつくし料理帖』高田郁
主題歌:手嶌 葵「散りてなお」作詞・作曲/松任谷由実 編曲/松任谷正隆(ビクターエンタテインメント)
※「高田郁」の「高」は、はしごだかが正式表記。
(C)2020 映画「みをつくし料理帖」製作委員会


リリース情報

2020.10.14 ON SALE
手嶌 葵
SINGLE「散りてなお」

2020.10.23 ON SALE
松任谷由実
DIGITAL SINGLE「知らないどうし」

2020.12.01 ON SALE
松任谷由実
ALBUM『深海の街』


映画『みをつくし料理帖』作品サイト
miotsukushi-movie.jp

手嶌 葵 ビクターエンタテインメント OFFICIAL WEBSITE
https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024306.html

松任谷由実 OFFICIAL WEBSITE
https://yuming.co.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人