三木孝浩監督、横浜流星の演技を絶賛!「自分の内側の感情を揺らして芝居をするのが、彼の大きな魅力のひとつ」

■映画『きみの瞳(め)が問いかけている』より、横浜流星演じる“塁”のあらたな場面写真が公開!

華やかな存在感と数々の賞に輝く確かな演技力で、日本映画界のトップに立つ女優、吉高由里子と、2020年の日本アカデミー賞で新人俳優賞に輝き、エンタメ界に旋風を巻き起こしている横浜流星がダブル主演を務める、映画『きみの瞳(め)が問いかけている』が、10月23日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなる。監督は、邦画界を牽引する恋愛映画の旗手・三木孝浩監督。

不慮の事故で、視力と家族を失った明香里(吉高)と罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜)。小さな偶然から出会ったふたりは次第に惹かれあい、暗闇だった人生に再び光が射すような幸せな日々……。だが彼らの出会いは、決して偶然ではなかった。過去の事件の影が、逃れられない宿命となってふたりを引き裂いていく――。

吉高が演じるのは、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、小さな楽しみを糧に明るく健気に懸命に生きようと奮闘する明香里。目が不自由という初めての難役に、撮影前からリサーチを重ねて役にリアリティを与えている。一方、横浜はかつて世界大会での優勝経験を持つ空手を生かし、本作のために10キロ増量して肉体を改造。また口数の少ない塁の葛藤や切なさを、表情だけで物語る演技で、新しい一面も開花させている。

そしてこのたび、横浜流星演じる“塁”のあらたな場面写真が解禁された。

解禁となった場面写真では、吉高演じる“明香里”に出会う前の、暗闇の人生を歩んでいる最中の、どこか遠くを見つめ、切なさが宿る表情の塁。そして、明香里と出会ったあとの、光が差し込んだような柔らかな笑顔の表情を浮かべる塁の対照的な表情が切り取られている。

横浜は、2020年にエランドール賞や、『愛唄 約束のナクヒト』(2019年)、『チア男子!!』(2019年)、『いなくなれ群青』(2019年)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。エンターテイメント界に旋風を巻き起こしている。

最近では、日本テレビ系ドラマ『あなたの番です』(2019年)での演技が評価され、第15回ソウルドラマアワードでアジアスター賞を受賞。日本のみならず海外でも圧倒的評価を誇り、今や日本エンタメ界に欠かせない役者へと急成長を遂げた。

本作に横浜を起用した理由として、三木孝浩監督は「横浜君の魅力のひとつに、表情の豊かさがあります。内に秘めたものがあるキャラクターを演じられる彼だからこそ、あのラストにたどり着けたと思っています。自分の内側の感情を揺らして芝居をするのが、彼の大きな魅力のひとつですね」と、表情の豊かさがキャスティングの決め手のひとつだったとコメント。

横浜が演じる塁は、挫折や絶望に幾度も呑まれながらも、吉高演じる明香里の愛によって救われていく役柄だが、横浜の内に秘めた想いを言葉ではなく表情で語る演技力が、この物語の切なく純粋なラストシーンをより感動的なものにしている。

また、声にもこだわったという横浜は「目の見えない明香里に、声でおじさんだと勘違いされるので、少し低く、でもわざとらしくならないように、いいさじ加減を狙いました。自分の普段の声とは違うので、最初は違和感があったのですが、塁として生きていくうちに慣れていきました。話し方はぶっきらぼうでも、優しさが滲み出るというのが大事だと思っていましたので、あたたかみがあるような声の出し方というのは意識していたかもしれないです」とコメント。

横浜の表情、声、そして三木孝浩監督ならではの美しい映像美が加わり、“役者“横浜流星の魅力が開花。キックボクサーとして鍛え抜いた身体を駆使した迫力のアクションシーンはもちろん、横浜の“役者“としての演技力も必見だ。


書籍情報

小説  映画『きみの瞳が問いかけている』
発売日:10月5日(月)
作:時海結以
脚本:登米裕一
定価:本体720円(税別)
出版社:講談社


映画情報

『きみの瞳が問いかけている』
10月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:吉高由里子 横浜流星
やべきょうすけ 田山涼成 野間口徹 岡田義徳/町田啓太/風吹ジュン
監督:三木孝浩
主題歌: BTS「Your eyes tell」
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会
(C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.


映画『きみの瞳が問いかけている』作品サイト
https://gaga.ne.jp/kiminome/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人