福山雅治、6年8ヵ月ぶりとなるオリジナルアルバムのリリースが決定

■福山雅治、最新曲「心音」「革命」含む全16曲を収録したデビュー30周年記念オリジナルアルバムを12月8日にリリース!

1990年のデビュー以来、シンガーソングライター、役者、写真家、ラジオパーソナリティとジャンルを超えて幅広い活動を続けてきた福山雅治。音楽デビュー30周年イヤーとなる2020年12月8日に、前作『HUMAN』以来、実に6年8ヵ月ぶりとなるオリジナルアルバムをリリースすることが決定した。

エンターテインメントを表現するひとりとして、今年全世界を襲った未曾有の事態を受け止めながらも「すべてのライブが中止になったとしてもクリエイティブ活動は止めない」という想いで、福山は本アルバムの制作を続けてきた。

レコーディングスタジオの利用自粛が求められた期間に、かねてから準備を進めていたプライベートスタジオの制作環境を急ピッチで整え、「今、自分ができること、やるべきこと」を日々積み重ね、具現化していった。

プライベートスタジオが完成したことで、従来のプリプロダクション(デモ作り)までの作業ではなく、ボーカル録りを始めギターやベース等の様々な本番用の録音が可能となり、結果としてこれまでのレコーディングよりも作業効率が上がっていった。コロナ禍において多人数で接触するレコーディング作業を減らしたことにより、自ずと宅録スタイルでのレコーディングとなった今作は、むしろその状況を有機的にサウンドに反映させることに成功したアルバムと言える。

福山自身による様々な生楽器、およびサンプリング音源での打ち込み作業もバージョンアップし、多様なサウンドスタイルを取り込んだ音楽世界は、これまでにない広がりを見せながら、制作はいよいよ最終段階に入りつつある。

気持ちが落ち込みがちな新型コロナウイルス感染拡大時の自粛期間中にも、そのクリエイティブの延長線上で、全国のファンとリモートでコミュニケーションを取り続け、かつ、ファンの想いを繋げていく「新型コロナウイルス感染症対策支援金」「令和2年7月豪雨災害義援金」を通して新型コロナウイルス対策や豪雨被害へのチャリティ支援も続けてきた。

そのファンとの交流で改めて感じた「逢えなくても、人と人とが繋がることの大切さ、うれしさ」その想いは、日々変化して行く様々な状況を有機的にクリエイティブで対応しながら制作してきた本アルバムに込められている。

負荷の掛かることが多くなってしまった日常に、時に癒しを、時に興奮を感じてもらうべく制作された今作は、最新楽曲「心音」「革命」「幸せのサラダ」など、バリエーション豊かな楽曲群で「コロナの時代においても、エンターテインメントを心ゆくまで愉しんでいただける時間を過ごしていただきたい」というシンガーソングライター福山雅治の真髄が遺憾なく発揮された楽曲が並ぶ。

6年8ヵ月ぶりのリリース、という期待を裏切ることのない充実した内容の作品が、間もなく完成する。

また本日よりアルバムの予約が各店舗・オンラインショップにて順次受付開始となる。

【作品概要】
今回のアルバムジャケットは、映像監督・写真家の奥山由之による撮り下ろし写真。撮影が行われたのは、首都圏の治水施設である「首都圏外郭放水路(しゅとけんがいかくほうすいろ)」。福山本人は以前よりこの場所でのアートワーク撮影を構想しており、偶然にも奥山からのロケーション提案が同一の場所であったことから、このたび作品化が実現した。

収録楽曲は、「心音」(日本テレビ系 水曜ドラマ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』主題歌)、「革命」(映画『新解釈・三國志』主題歌)、「幸せのサラダ」(キユーピーハーフCMソング)をはじめ、2019年以前に発表された「甲子園」(NHK高校野球テーマソング)、「零 -ZERO-」(劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』主題歌)、「聖域」(テレビ朝日系 木曜ドラマ『黒革の手帖』主題歌)、2018年に開催された全国アリーナツアーやドームライブで披露され、すでに多くのファンから音源化を熱望する声が寄せられていた楽曲「暗闇の中で飛べ」「Popstar」や、30周年イヤーの幕開けに発表された、未来に向かって共に進んで行くことを高らかに歌う「始まりがまた始まってゆく」(ダンロップ ビューロ CMソング)、さらに未発表音源を含む全16曲を予定している。

初回限定LIVE映像「ALL SINGLE LIVE」盤には、デビュー30周年イヤー直前の2019年大晦日に開催され、「HELLO」「IT’S ONLY LOVE」「虹」をはじめとする、30周年オールタイムシングルベストとも言えるセットリストで構成された『福山☆冬の大感謝祭 其の十九 ALL SINGLE LIVE』を全曲収録。なお、ボーナストラックとして男性限定ライブ『福山☆冬の大感謝祭 其の十九 野郎夜!!6』(2019年12月22日開催)のダブルアンコールで披露された「少年」、さらに特典映像として「心音」「甲子園」「トモエ学園」「聖域」のミュージックビデオも収録される。

初回限定LIVE映像「KICK-OFF STUDIO LIVE『序』」盤には、新型コロナウイルスの感染拡大により、デビュー記念日の3月21日に開催を予定していた横浜アリーナでのライブを、急きょスタジオライブにプログラムを変更して実施された「KICK-OFF STUDIO LIVE『序』」を全曲収録。さらに、福山本人とスタッフが試行錯誤するバックステージを追ったドキュメンタリームービーに加え、ボーナストラックには、スタジオライブ当日に実施された、ファンクラブBROS.限定インターネット配信企画で披露された「MELODY」が収録される。

初回限定「30th Anniv. バラード作品集『Slow Collection』」盤には、30周年の感謝の想いを込めた特別企画「あなたと選ぶ、30th Anniv. バラード作品集『Slow Collection』」と題し、30年という歴史の中で生み出されてきた数々のバラード楽曲が、ファンのリクエストを元にした選曲で特典CDとして収録。本企画は、アルバム特設サイトに収録楽曲のリクエストフォームを設け、これまで応援してくれたファンと共に創りあげていく。

ファンクラブ限定「BROS.」盤には、「新型コロナウイルスの脅威によって不安な毎日を送るファンの気持ちに寄り添えたら」という想いで、2020年4月〜8月にかけて実施された、BROS.限定インターネット配信企画「お家でBROS.」シリーズの見どころ、名場面を一挙収録。福山本人考案のオリジナルサラダレシピを披露した「幸せのサラダ編」をはじめ、今作のために撮り下ろしたファン考案のオリジナルポテトサラダ作りに挑戦する「一緒に作ろう 幸せのサラダ編」が収録される。また「ステイホーム期間に彩りとエンターテインメントを届けたい」という想いで配信された弾き語り映像「最愛」「東京にもあったんだ」「ひまわり」「あの夏も 海も 空も」が再編集され、さらに「心音」の弾き語り映像もあらたに撮り下ろし収録される。そして、「KICK-OFF STUDIO LIVE『序』」オリジナルピックも付属。“BROS.への特別扱い”がふんだんに盛り込まれた、「2020年の繋がりの記録」とも言える作品になっている。


リリース情報

2020.12.08 ON SALE
ALBUM『タイトル未定』


福山雅治 OFFICIAL WEBSITE
https://www.fukuyamamasaharu.com/


[初回限定LIVE映像「ALL SINGLE LIVE」盤]

[初回限定LIVE映像「KICK-OFF STUDIO LIVE『序』」盤]

[初回限定「30th Anniv. バラード作品集『Slow Collection』」盤]

[ファンクラブ限定「BROS.」盤]

[通常盤]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人