全世界で99万人超が視聴! BTS、『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』であらたなオンラインライブの形を提示

■BTS、ファンの声と顔を見ながらライブができる「ARMY ON AIR」システムを導入!「このように画面越しでも見られてうれしい。久しぶりに声を聴いていると力が湧く。世界でいちばんきれいな声」

BTSが、一瞬も目を離せない、華麗で壮大なコンサートで全世界のファンをひとつにした。全世界191の国と地域で観覧され、全体公演の視聴者数は約99万3,000人にのぼった。

BTSは10月10日と11日に、韓国・ソウルでオンラインコンサート『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』を開催した。それぞれおよそ150分間繰り広げられたコンサートステージでは、初めて公開する韓国4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』収録曲をはじめ、アメリカビルボードシングルチャート「HOT100」1位に輝くデジタルシングル「Dynamite」まで多彩なジャンルの23曲を熱唱した。

当初今回のコンサートはオン・オフライン同時開催予定だったが、コロナ禍の状況によりライブストリーミング方式のみで行われた。BTSはオフラインコンサートができないぶん、さらに力を入れて、AR、XRなどの最先端技術と、ファンとのコミュニケーションのため、観客の声をリアルタイムで聞き、顔も見られる「ARMY ON AIR」を導入。世界で初めてライブストリーミング公演に4K/HDマルチビューを同時適用させ、どこでも見たことのないコンサートを完成した。

多様なセットリストに、BTSのパフォーマンスを最上のクオリティで披露するため4つの大型ステージを設置。観客はこれを超高画質4Kと6つの高画質HDマルチビュー画面の中で観たい画面をリアルタイムで選択して観賞することができる。

そしてBig Hit Entertainmentは、さらに多くのファンが今回のライブを楽しめるよう、ライブストリーミングだけではなくディレイストリーミング(前日公演再配信ストリーミングサービス)も提供。日本では劇場でライブビューイングを行うなど多様な視聴環境を用意した。全世界107の国と地域で視聴された『BANG BANG CON The Live』より、84の国と地域が増えた。

■ 「ようこそ、AR・XRコンサートは初めてでしょう」
『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』は、タイトルに含まれている意味のように、たったひとつ(ONE)だけのオンラインエディション(ONline Edition)公演となった。スタートから壮大な城壁が開き、マーチングバンドのパフォーマンスが繰り広げられ、観客を圧倒。BTSも壮大な姿で『MAP OF THE SOUL : 7』のリード曲「ON」を歌いながら登場した。

イントロの城壁をはじめ「Intro : Persona」で現れた巨大なRMの姿、「Moon」のステージをさらに幻想的に仕上げた惑星、最後のアンコール曲の「We are Bulletproof : the Eternal」でのARMYの姿が入ったキューブなどはすべてAR技術で具現化されたシーンだ。XRはそれぞれ「DNA」と「DOPE」の宇宙とエレベーター、「NO MORE DREAM」の弾丸などで具現化された。

他にも楽曲の雰囲気に合わせて飾られた学校とレーザー、メリーゴーランド、自動車、LED傘など、多様なステージセットが見る楽しさを倍増させた。

■ BTSの昨日と今日、ARMYと歩んできた7年
BTSは今回のコンサートで「『MAP OF THE SOUL』(シリーズ)アルバムと公演では、デビューから今まで7年という時間といろんな悩み、メンバー一人ひとりの楽曲と素直な気持ちを伝えようとたくさん準備した」とコメント。

実際に『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』で、BTSは、デビュー後7年間を振り返り、率直な気持ちを表現した『MAP OF THE SOUL : 7』収録曲を中心に、夢をもって世界に初めて踏み出したデビュー曲「No More Dream」と、もっと広い世界で歌えるようにしてくれた「DNA」、全世界で旋風を巻き起こした最新曲「Dynamite」を選曲し、ステージの上で7年間の歩みを壮大に打ち出した。

最高のチームワークで非の打ちどころがないパフォーマンスを魅せたグループ曲だけでなく、ユニットやソロステージ、楽曲と繋がるVCRまで見どころが満載だった。

いちばん先にソロステージを披露したRMは「Intro : Persona」を歌って強引なカリスマを発散し、SUGAも「Interlude : Shadow」で壮大さと懐かしい感じを同時に表現した。JIMINはソロダンスで観る人の目を引き、ラテンポップジャンルの「Filter」でひと味違う魅力を見せた。JUNG KOOKは「My Time」で自分の率直な話を表現し、JINはまるで“星の王子さま”のような姿で「Moon」のステージを飾った。

Vはメリーゴーランドに乗って感性的で温かい「Inner Child」パフォーマンスを完成し、「Outro : Ego」を熱唱したJ-HOPEは、自動車を活用したパフォーマンスで雰囲気をいっそう熱く盛り上げた。

■ 久しぶりに聞く“ARMYの声”
『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』はオンライン生中継方式だったが、BTSがファンの声と顔を見ながらライブができる「ARMY ON AIR」システムを導入した。

大型LEDスクリーン画面でファンの顔が見え、“合唱”と応援の声がステージに届き、AR演出など技術と感性が調和され、ファンとBTSの間で最先端のコミュニケーションが完成された。BTSと全世界のファンがまるでひとつの空間にいるようなリアルな雰囲気が繰り広げられた。

BTSは「このように画面越しでも見られてうれしい。久しぶりに声を聴いていると力が湧く。世界でいちばんきれいな声」と感激した。「アンコール曲だけはARMYのための曲を聴かせてあげたかった」と言ったメンバーは、1日目と2日目のアンコール曲を違う曲で準備。初日は「Butterfly」と「RUN」を歌い、2日目には「Spring Day」と「IDOL」を熱唱した。

『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』は1年間という準備期間からわかるように、しっかりした構成と繊細な演出、斬新な企画が目立ったコンサートとなり、何よりBTSの7年間の成長がそのまま取り込まれた最高の公演と称賛された。

BTSは『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』を終えて「数万の感情が交差する公演だった。僕たちの初めての行進は7人の少年が集まって小さな夢から始まった。それぞれ違ういろんなカラーのたくさんの旗を振り、違う言語で、違う物語を歌いながら永遠に一緒に行進する。BTSはただ7人ではなく、あなた、そして私、また私たちみんなの物語になる」と話した。

PHOTO BY Big Hit Entertainment


リリース情報

2020.11.20 ON SALE
ALBUM『BE』


BTS OFFICIAL WEBSITE
https://bts-official.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人