YOASOBI「たぶん」が映画化!「同じ小説から生まれる音楽と映画が、劇場でひとつになる瞬間をお楽しみください」

■新星個性派キャストが紡ぐ3組の男女の別れと新しい一歩の物語を、YOASOBIの「たぶん」が切なく彩る!

若い世代を中心に爆発的な人気を誇っている“小説を音楽にするユニット”YOASOBI。2019年11月に公開された第1弾楽曲「夜に駆ける」は、Billboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで複数週にわたって1位を獲得し、ストリーミング再生回数は2020年9月に2億回を突破。

第2弾楽曲「あの夢をなぞって」は、原作小説がコミカライズ、第3弾楽曲「ハルジオン」は飲料や映像作品とのコラボレーションを果たし、7月20日に第4 弾楽曲「たぶん」、そして9月1日にCMソングとしても起用されている「群青」をリリースする。

さらに双葉社から発売になったYOASOBI初の紙書籍『夜に駆ける  YOASOBI小説集』は、初版3万5,000部からスタートし、各種ランキングで上位に食い込み、発売1週間で重版が決定、ますます活躍の幅を広げている。

そして、その小説集にも収録されているYOASOBI第4弾楽曲の原作小説「たぶん」(しなの 著)を原案とした映像作品、オリジナルショートストーリー『たぶん』の製作が決定。

このたび、同作の主要キャストが一斉に解禁され、各キャスト、原案のしなの、そして監督のYuki Saitoからコメントが到着。「たぶん」を原案としたオリジナルのストーリーラインもあわせて解禁となった。

大学生カップルで同棲をしていたが気持ちのズレを感じ、別れを選んだササノとカノン。夏の大会が自粛で中止となってしまった、高校サッカー部員・川野とマネージャー・江口。そして社会人で恋人同士だが、お互いの気持ちに応えられなくなっているクロとナリ。新星個性派キャストが紡ぐ3組の男女の“最も切ない別れ”と“新しい一歩”の物語を、主題歌となるYOASOBIの「たぶん」が切なく彩る。

ササノを演じるのは『魔進戦隊キラメイジャー』に出演し、アーティストとしても活躍する木原瑠生、カノン役にドラマ『中学聖日記』に出演し、舞台『アルプススタンドのはしの方』や映画『テロルンとルンルン』で主演を務める小野莉奈。川野役を映画『滑走路』で大抜擢された寄川歌太、江口役にNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』に出演する吉田美月喜。ナリ役に女優・タレント・YouTuberとして活躍するめがね、そしてクロ役は舞台「黒子のバスケ」やミュージカル『刀剣乱舞』に出演する糸川耀士郎が演じる。

監督は、テレビ朝日『おっさんずラブ in the sky』や『私のおじさん ~WATAOJI~』など話題のドラマを手がけ、『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-「Our Birthday」』を監督したYuki Saito。

当たり前が当たり前じゃなくなった今。誰もが経験する“新しい時代の、新しい選択”。映画『たぶん』が描くのは、曖昧な言葉の中にある確かな気持ち。この秋、最も切ないショートストーリー『たぶん』は、11月13日に公開される。

■木原瑠生(ササノ役)コメント
僕は普段から「絶対」という言葉をなかなか使わない人間です。そのなかで今回は「たぶん」という言葉がフィーチャーされている作品です。「たぶん」「きっと」こうなればいいなという、人の理想や後悔をササノという人を通して、皆さんに共感してもらえるように頑張ります。

■小野莉奈(カノン役)コメント
こんにちは! 小野莉奈です。このたび、映画『たぶん』に出演することが決まりました。この作品への出演は私にとって本当にうれしくて夢のようです。なので1シーン1シーン後悔のないうようにていねいに取り組みたいと思います。よろしくお願いします。

■寄川歌太(川野役)コメント
YOASOBIさんは小説から曲を生み出されていて、僕はそのなかでも「たぶん」がお気に入りでした。その「たぶん」が映画化され、僕が出演させていただけることになり、とてもワクワクしています。同じ物語から曲と映画が生まれ、それを僕が演じることで、また何か新しい「たぶん」が生み出せたらと思っています。楽しみにしていてください。

■吉田美月喜(江口役)コメント
私が演じる江口の優しさを、温かくていねいに伝えられたらなと思っています。新しい日常の中、様々な変化がある今だからこそリアルに共感できる部分が多いと思います。また、YOASOBIさんの曲は好きで、よく聴かせていただいているので、今回この作品に出演できることがとてもうれしいです。キャスト、スタッフの皆さんと一緒に、多くの人から愛されている「たぶん」の世界感を、一生懸命作り上げていきます。

■めがね(ナリ役)コメント
ナリ役を演じます。めがねです。私事ですが、最近失恋をしまして、
このタイミングでナリ役を演じさせていただけるのは…うれしくもあり、ちょっと複雑な心境だったりもします。笑
歌詞にも原案にも、「わかんないよ」という言葉があり、この言葉こそが、たぶん恋愛のすべてなのかな、と感じました。
惹かれ合うのも、離れるのも説明なんてできなくて、「たぶんわからない」あの感情を大切に、ナリちゃんになれたらいいなと思います。

■糸川耀士郎(クロ役)コメント
映画『たぶん』にてクロを演じます、糸川耀士郎です。小説・音楽・映画と広がり続けるYOASOBIさんの世界に入り込めること、たいへんうれしく思います。曖昧な言葉・空気感の中でそれぞれの揺れ動く気持ちがリアルに表現できるよう、精一杯演じたいと思います。公開を楽しみに待っていただけたらうれしいです。

■しなの(原案)コメント
小説『たぶん』はとても短く、そして不確定な部分をあえて作った作品です。映画『たぶん』は、3つのストーリーで構成されるとうかがっています。ひとつではなく、3つ。小説で読み手の想像に委ねた不確定な部分や余白に、色や形を三様につけてくださったものと、私もあらたな出会いをさせてもらうことになります。そしてそれは、小説からだけではなく、楽曲「たぶん」から呼び起こされる印象を纏っていることでしょう。3組の、それぞれどんなふたりの世界が描かれるのか、とても楽しみです。映画『たぶん』が観られる日が、待ち遠しいです。

■Yuki Saito(監督)コメント
「多分(たぶん)」と「屹度(きっと)」いう対義語を同時に使いたくなる繊細な気持ちを、次世代を担っていくフレッシュなキャストたちと共に表現していきたいと思います。加速度的に時代の波に乗るYOASOBIさんとのコラボにも胸が高鳴っています。同じ小説から生まれる音楽と映画が、劇場でひとつになる瞬間をお楽しみください。


映画情報

『たぶん』
11月13日(金)公開

監督:Yuki Saito
脚本:岸本鮎佳
原案:しなの
出演:木原瑠生 小野莉奈 / 寄川歌太 吉田美月喜 / めがね 糸川耀士郎
主題歌:YOASOBI「たぶん」
企画・製作:ソニー・ミュージックエンタテインメント
制作プロダクション:and pictures
配給:イオンエンターテイメント
宣伝:スキップ
(C)ソニー・ミュージックエンタテインメント

【STORY】
『ササノとカノン』
大きな物音で目覚めるカノン。別れたササノが部屋を整理しに帰ってきていた。同棲を始めたとき、「私たちは変わらない」そう思っていたのに、些細なことで少しずつ“ズレ”を感じ、別れを選んだふたり。大学はオンライン授業になり、就職活動を控えるなか、将来を真剣に考えるカノンと楽観的なササノ。どうしてこうなったの? 悪いのは彼なのか、私なのか。たぶん……。

『川野と江口』
サッカー部の川野とマネージャーの江口はビデオ通話をしていた。今頃、最後の大会を迎えているはずだったが、今年は自粛により中止に。努力が報われないまま、憂鬱な受験の話をしていた。通話を切ると川野のラインにチームメイトから江口が東京へ引っ越すと知らされる。3年間チームと自分を支えてくれていた江口のことを思い、気づくと川野は自転車で走り出していた――。

『クロとナリ』
インテリアデザイナーのナリは、彼氏のクロとなかなか連絡が取れず、直接家を訪ねる。インターホンを押すとクロが出迎えるも、玄関にはヒールの靴が。アリサと名乗る女性は、編集の仕事をするクロの元同僚。クロが貸していたDVDを返しにきていたという。クロのことが大好きなナリは動揺を隠せずその場で言い合いになってしまう。こんなにも好きなのに……。


リリース情報

2020.07.20 ON SALE
DIGITAL SINGLE「たぶん」


映画『たぶん』作品サイト
https://monogatary.com/tabun_movie/

YOASOBI OFFICIAL WEBSITE
https://www.yoasobi-music.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人