氷川きよし、本日発売のニューアルバム『生々流転』より「枯葉」MV公開

■「人を愛する辛さ、結ばれずにもがき苦しむ主人公の心をこのMVで表現しました」(氷川きよし)

今年、デビュー満20周年を迎えている氷川きよし。

最新シングル「母」、初めてのポップスアルバム『Papillon(パピヨン)-ボヘミアン・ラプソディ-』が非常に好調な中、本日10月13日、待望のニューアルバム『生々流転』が発売された。

このアルバムはシングル「母」をはじめとするオリジナル曲12曲、名曲カバー2曲の全14曲を収録。演歌あり、ロックありのジャンルの枠を超えた、まさしく“ジャンル:氷川きよし”といったアルバムとなっており、大きな話題となっている。

そして、このたび、初回限定スペシャル盤のDVDに収録されている「枯葉」のミュージックビデオ(1cho.)がYouTubeにて公開。

氷川が「とても共感できるリアルな歌詩で、魂を込めて歌った作品」と語るこの「枯葉」のミュージックビデオも、先日公開された「白い衝動」同様、東京近郊のスタジオで収録。黒い衣装で、枯葉の中でもがき苦しむ歌詩の世界観を表現しており、焔の映像を重ねることで、愛の激しさをより鮮明に伝える映像となった。

氷川きよしコメント
この楽曲はとても共感できるリアルな歌詩で、魂を込めて歌った作品です。
人のことを好きになって、その恋が結ばれなかったり、終わってしまうと、絶望感や生きていくことが辛くなったりします。そんな思いを熱く表現してます。ひとつの恋が終わるっていうのはこういうことなのかなという思いを詰め込んだ楽曲です。
映像では、人を愛する辛さ、結ばれずにもがき苦しむ主人公の心をこのMVで表現しました。情が深い人ほど、愛が終わったときの悲しさ辛さというのは大きいと思います。ひとりの人を愛して付き合っていくというのは、その人の時間、命を預かっていると言っても過言ではないわけだから、そんなお互いの気持ちが終わったときに、この枯葉のような気持ちになるのだろうなと思い、ビジュアルもまた今までと変えたスタイルで撮影しました。


リリース情報

2020.10.13 ON SALE
ALBUM『生々流転』


氷川きよし 日本コロムビア公式ホームページ
https://columbia.jp/hikawa/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人