ONE OK ROCKのオンライン生配信ライブに11万人が熱狂! アーカイブ配信期間の延長も決定

■何度もカメラを見据えながら“画面の向こうのあなた”を煽り、語りかける4人の姿こそが「離れているからこそ、繋がりたい」というONE OK ROCKの意思を強く伝えていた。

10月11日、ONE OK ROCK初のオンラインライブ『ONE OK ROCK 2020 “Field of Wonder” at Stadium Live Streaming supported by au 5G LIVE』がZOZOマリンスタジアムにて開催された。

初のオンラインライブは、11万人同時視聴の大反響のうちに終了。

当初、10月12日12時〜13日11時59分まで予定されていたアーカイブ配信は、反響の大きさに応えて、10月15日11時59分までの72時間視聴に延長されることも決定していている。

なお、ONE OK ROCKは、昨年開催された全国アリーナツアーの映像作品『ONE OK ROCK “EYE OF THE STORM” JAPAN TOUR』の発売が10月28日に決定。

『ONE OK ROCK “EYE OF THE STORM” JAPAN TOUR』は、2019年9月22日からスタートしたツアーで、2020年1月に開催された横浜アリーナ公演が収録。さらに100ページにも及ぶブックレットが付属し、メンバーの撮り下ろし写真、コメンタリーやライブレポートなど、読み応えのある内容となっている。

【ライブレポート】
ONE OK ROCKのオンライン生配信ライブ『ONE OK ROCK 2020 “Field of Wonder”』が、10月11日、ZOZOマリンスタジアムにて開催された。

今年1月に終幕した『EYE OF THE STORM JAPAN TOUR』以来となった、今回のライブ。コロナ禍で活動を制限される中、ロックバンドとして今できることの限界に挑戦したONE OK ROCKの姿は、私たちに「それでも、生きていく勇気」を与えるものだった。

自宅自粛期間中に発表された「完全在宅Dreamer」のビデオを模したセットを破壊し、小雨降りしきるステージに現れたONE OK ROCKの4人。「ライブは自分たちの活動の軸」と、メンバーもライブ中のVTRで述べていたが、今回のストリーミングライブは無観客だからこそ、音楽的にも視覚的にも、様々な工夫とこれまでにない試みが施されていた。しかしながら、何よりも何度もカメラを見据えながら「画面の向こうのあなた」を煽り、語りかける4人の姿こそが「離れているからこそ、繋がりたい」というONE OK ROCKの意思を強く伝えていた。

天を仰ぎながら「祈り」を捧げるかのごとく歌い上げた「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」、清水翔太を始めとする[re:]projectの豪華メンバーが集結した「もう一度」、そして、この日のために用意されたONE OK ROCKからの最高の贈り物――新曲「Wonder」……。全編ハイライトと言っても過言ではないライブのフィナーレは「Wasted Nights」で締めくくられた。

事前に公募されたファンが、ステージ後方のスクリーンに映し出され、ONE OK ROCKと楽曲を演奏する。「今を生きて、次の時代へと繋いでいってほしい」――彼らがロックバンドとして放つ想いが、確かに全世界のファンとリンクした瞬間だった。

世界中が未曾有の大混乱に陥った2020年。失ったものの多さに打ちひしがれそうになりながらも、それでも私たちは前へと進んでいかなければならない。挑戦し続けることを止めない人のすぐそばで、いつでもONE OK ROCKの音楽は鳴っている。

TEXT BY 小田部 仁


リリース情報

2020.10.28 ON SALE
DVD&Blu-ray『ONE OK ROCK “EYE OF THE STORM” JAPAN TOUR』


配信情報

ONE OK ROCK 2020 “Field of Wonder” at Stadium Live Streaming
10/11(日)18:00〜(日本時間)


ONE OK ROCK Official Live Streaming Site
https://20201011.oneokrock.com

ONE OK ROCK  OFFICIAL YouTube Channel
https://www.youtube.com/user/ONEOKROCKchannel

ONE OK ROCK OFFICIAL WEBSITE
http://www.oneokrock.com/jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人