乃木坂46・齋藤飛鳥、“最強の赤身肉”に大喜び!「久々に見ました飛鳥さんのこんなテンション(笑)」(山下美月)

■齋藤飛鳥は山下美月、梅澤美波に感謝状をサプライズ贈呈!

映画『映像研には手を出すな!』の大ヒット記念舞台挨拶が本日10月10日にTOHOシネマズ池袋で行われ、本作のメインキャストである映像研の“電撃3人娘”を演じた乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が劇中の衣装で登壇した。なお、3人が本作のイベントで観客の前に登場するのは、今回が初。

映画『映像研には手を出すな!』は、大童澄瞳の同名コミックが原作。“最強の世界”を夢見てアニメーション制作を志す3人の女子高校生の姿が、独特な世界観とともに描かれる。

極度の人見知りな主人公・浅草みどり役を齋藤飛鳥。超お嬢様でカリスマ読者モデルながらアニメーターを目指している、天真爛漫な水崎ツバメ役を山下美月。アニメに興味はないものの金儲けの嗅覚と持ち前のビジネスセンスで、プロデューサー的立ち位置の金森さやか役を梅澤美波が演じた。

作品の内容にちなみ、MCから“最強だと思ったこと”を聞かれた齋藤が「私たちのマネージャーさんも最強の人たちが集まっていまして、映像研のSNSなどでアップしているのですが、私たちが会話の途中で突然泣き出して、その後 急に変なポースをして終わるっていうネタがあるんですけど、それを提供してくださったのもマネージャーさんなんです(笑)」と答えると、山下も「私たちの食の好みも熟知してくださっていて、今日の楽屋も生ハム、チーズ、ナッツと大好きな物が置いてあるんですよ」、梅澤も「マネージャーさんたちのおかげで私たちのテンションも維持できていたし、映像研にはマネージャーさんは3人いるんですけど、背丈もちょうど3人と一緒くらいなんですよ!」と声を揃えてマネージャーを大絶賛した。

そして、SNSに届いた「笑いだけでなく、浅草と金森の想いがぶつかり合うシーンなどシリアスな場面もあり、引きこまれました。飛鳥ちゃんは、何を考えながら泣いているんでしょうか」との質問に齋藤は「頑張って涙を出すぞと思って泣いているわけではなくて、自分に置き換えるよりは、浅草がどう思っているかを想像したり、現場の雰囲気を感じて泣いています」と演技について語った。

続いて山下は、最強と思ったことを「3人の絆ですかね!」と笑顔で回答。「映像研がなかったら、この3人が集まることは中々なかったでしょうし、この期間を通してお互いのことを知れて、素晴らしい3人組になれたんじゃないかなと思っています!」とコメントした。

これを受けて齋藤が「山下は私のことをどうも同等の人間だと思っているんですよ、いいんですけど、何年先輩? って言い聞かせるようにしています(笑)」と突っ込むと、すかさず山下は「尊敬の意味もこめて、友達だよね? ってなれたらうれしいじゃないですか(笑)」と返答。梅澤も「絆はばっちりですよ、でも私は尊敬を第一に接していますよ!」と答えたものの、齋藤から楽屋で齋藤をイジっていた事実を暴露されてしまった。

また、SNSの「最後の浅草と水崎が手を繋ぐシーンで涙が止まらなかった」とのコメントに山下は「私も思わず涙が出てしまったのですが、手を繋ぐシーンで手を見ずに繋ごうとしたら、手が見つからなくて、飛鳥さんのお腹らへんをずっと探しちゃいました(笑)」と撮影裏話を披露。

さらに、梅澤が最強だと思ったことを「浅草みどりが最強だと思います! 原作でもアニメでもそうなんですけど、彼女がいたから、水崎と金森が集まったわけだし、飛鳥さんのいろんな面を引き出してくれたじゃないですか、乃木坂の歴史に残る貴著な映像だと思います!」と答えると、齋藤も「浅草をやったからこそ、破れた殻がたくさんあったので、ありがたいです」と同意。

「金森の“あんたがダメだと思うからダメになるんだ”というセリフに泣いてしまいました。ふっきれるきっかけをくれたすごく大切な映画です」とのSNSのコメントに梅澤は「この映画の伝えたいことを受け取ってもらえていて、うれしいです。私自身にも響くセリフで大事にしていたので、うれしいです!」と喜んでいた。

ここで、齋藤から山下と梅澤に感謝状をサプライズで贈呈。山下には、「山の面白いところをたくさん発見できたのが映像研の大きな収穫でした。体もたくさん張りましたね。台本もボロボロでしたね。よく頑張りました。後輩で年下なのに一所懸命ついてきてくれて、ありがとう」。梅澤には、「いつも母親のような包容力とその大きな体で、包んでくれてありがとう。真面目な人だと思っていたけど、それだけじゃないんだと気づきました。梅を見ていて学ぶことはたくさんあります。これからも私においしいものをたくさん食べさせてください」とそれぞれ感謝の気持ちを述べると、山下は「うれしい! 家宝にします!」、梅澤も「どうしましょう、こんなものもらってしまって~!」と大喜び。

山下、梅澤のふたりからも齋藤へ逆サプライズで、“最強の赤身肉”とフライパンのプレゼントが! 齋藤は、「わー、うれしい! やったあ! ふたりで良かったです映像研!(笑)」と満面の笑みで喜ぶと山下は「久々に見ました飛鳥さんのこんなテンション(笑)」と3人で笑い合っっていた。

最後に梅澤は、「この作品を皆様の元に届けることができて、やっと完成したと思っております。金森の原作のセリフに“SNSは遊びじゃねーんだよ”というセリフがあるのですが、本当にその通りで、皆さんの感想を見てたくさん励まされましたし、苦労して撮影した期間が実ったなと感じています。まだまだ上映は続きますので、今後ともよろしくお願いします」、山下は「こうして、たくさんの方に観ていただけて本当にうれしいかぎりです。私自身も映像研で、たくさんの方に出会えて、自分自身も変わったし、もっともっと頑張りたいという気持ちも強くなりました。いろいろな変化を与えてくれた映像研のことが本当に大好きです。皆さんもこれからも映像研を楽しんでください」とコメント。

齋藤は「私たち3人にとってもすごく大切な作品になったので、きっと皆さんの力で今後の映像研がどうなっていくかも決まっていくと思うので、この舞台挨拶ができたから終わりというわけではなく、皆さんまた何回か劇場に足を運んでいただけたらうれしいですし、個人的には、パッと見ても男性の方が多いので、女の子の友達を連れていってくれたらうれしいなと思いますが、皆さんも最強の視聴者として広めてくださっているからこそ3人がここに来られたと思うので、とても感謝しています! あらためて、ありがとうございました! これからも映像研、なにか活動できれば私もうれしいので、応援を引き続きお願いしたいです!」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

なお、このイベントの模様はLINE LIVEで生配信もされた。


映画情報

『映像研には手を出すな!』
全国大ヒット公開中!!
原作:大童澄瞳『映像研には手を出すな!』(小学館『月刊!スピリッツ』連載中)
キャスト:齋藤飛鳥 山下美月 梅澤美波 / 小西桜子 グレイス・エマ 福本莉子 松崎亮
桜田ひより 板垣瑞生 赤楚衛二 鈴之助 出合正幸 松本若菜 山中聡 浜辺美波 / 高嶋政宏
※「松崎亮」の「崎」は、たつさきが正式表記。
※「高嶋政宏」の「高」は、はしごだかが正式表記。
脚本・監督:英勉
主題歌:「ファンタスティック三色パン」乃木坂46
制作プロダクション:ROBOT
配給:東宝映像事業部
(C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議 (C)2016 大童澄瞳/小学館


リリース情報

2020.09.09 ON SALE
乃木坂46
Blu-ray&DVD『ALL MV COLLECTION2~あの時の彼女たち~』


実写映画&ドラマ『映像研には手を出すな!』公式Twitter(@eizouken_saikyo)
https://twitter.com/eizouken_saikyo

実写映画&ドラマ『映像研には手を出すな!』作品サイト
https://eizouken-saikyo.com/

乃木坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nogizaka46.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人