JUJU、最新カバーアルバム『俺のRequest』よりワンカット撮影した「奏(かなで)」MV公開

■「出来上がりを観て、本当に驚きました(まさか歌声をあんな形でMVで使われるとは!!)」(JUJU)

JUJUが、初の男性ボーカル曲のカバーのみで構成した『俺のRequest』を10月21日にリリース。

このたび、本作の収録曲で、スキマスイッチのカバー「奏(かなで)」のミュージックビデオが公開された。

撮影はワンカットで行われ、「たとえ遠く離れていたとしても、この歌でつながっていられる」という、今こそ強く心に響く楽曲のメッセージが、JUJUの歌声と海辺の夕景を通じて、じわりじわりと沁み伝わってくる、そんな映像に仕上がっている。海に響く後半のアカペラシーンは必見だ。監督は牧鉄馬、撮影は内田将二が担当した。

また、『俺のRequest』全収録曲情報も解禁となった。こちらも要チェックだ。

なお、JUJUは“JUJUの日”である明日10月10日にオンラインライブ『ジュジュ苑スぺシャル「俺のRequest」』を開催する。

 

JUJU コメント
出来上がりを観て、本当に驚きました(まさか歌声をあんな形でMVで使われるとは!!)。
限られた時間の中で、一発撮りという緊張感はあったものの、監督や撮影クルー皆さまの作り出す空気感や、シチュエーションのすばらしさなど、すべてがひとつになって、本当に貴重な時間を過ごすことができました。
あらためて、今、「奏(かなで)」をカバーできることに感謝しつつ、このミュージックビデオが観てくださる方の心の深いところに届けばいいなと思っております。

監督・牧鉄馬 コメント
彼女のパフォーマンスが最高でした。ロケーションも、カメラワークも、クレーンワークも最高のスタッフと仕事できてよかったなと思います。とってもいい歌でした。ありがとうございました。

クリエイティブディレクター・有元沙矢香 コメント
離れていく大切な人へ贈る歌。人との距離感が変わってこれまでとは少し違って聴こえるこの歌を、JUJUさんが歌に込められた想いを1滴もこぼさずに映像におさめて届けたいと思いました。奇跡のような撮影でした。


リリース情報

2020.09.30 ON SALE
SINGLE「奏(かなで) / LA・LA・LA LOVE SONG」

2020.10.21 ON SALE
ALBUM『俺のRequest』
<収録曲>
(Title / Original Artist / Producer)

「奏(かなで)」 / スキマスイッチ / 松浦晃久
「One more time, One more chance」 / 山崎まさよし / 島田昌典
「くるみ」 / Mr.Children / 亀田誠治
「LA・LA・LA LOVE SONG」 / 久保田利伸 / UTA
「最後の雨」 / 中西保志 / 川口大輔
「even if」 / 平井堅 / 冨田恵一
「エイリアンズ」 / キリンジ / Kan Sano
「アイ」 / 秦基博 / 本間昭光
「BELOVED」 / GLAY / 松浦晃久
「手紙」 / フジファブリック / 松浦晃久
「小さな恋のうた」 / MONGOL800 / 松浦晃久
「笑えれば」 / ウルフルズ / 松浦晃久
「Ya Ya(あの時代<とき>を忘れない)」 / サザンオールスターズ / 武部聡志
「言葉にできない」 / 小田和正 / 松浦晃久


配信ライブ情報

JUJUの日ライヴ ジュジュ苑スペシャル「俺のRequest」
10/10(土)OPEN 18:30/START 19:00
※見逃し配信:10/17(土)23:59まで
【料金】
視聴チケット:3,850円(税込)
※全サービス共通販売
オリジナルパスステッカー付き視聴チケット:3,850円(税込)+送料660円
※Stagecrowdのみで9月21日23時59分まで販売
チケット購入はこちらから
https://www.jujunyc.net/Request4/live/


「奏(かなで)』MV
https://youtu.be/2oq_l0b1_Qg

『俺のRequest』特設サイト
https://www.jujunyc.net/Request4/

JUJU OFFICIAL WEBSITE
http://www.jujunyc.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人