氷室京介、復活を宣言!「もう一度気持ちを奮い立たせて、リリースのほうも来年にはできたら」

■オンラインイベント『KYOSUKE HIMURO 60th ANNIVERSARY ONLINE HANABI LIVE“DISTANCE”』が大盛況で終了!「生きててよかった!」(DAIGO)

『KYOSUKE HIMURO 60th ANNIVERSARY ONLINE HANABI LIVE“DISTANCE”』が、10月7日にオンライン生配信で開催された。

スタジオ出演者は、DAIGO、高橋真麻、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)の4人。

トークショーのテーマは、「なぜ、俺たちは氷室京介を卒業できないのか?」。その他、氷室ファン3,000人から取ったアンケート結果をベースに、4人の「自分たちがどれだけ氷室さんを好きか」というエピソードが繰り広げられた。

今回の参加者だけの特権は、氷室が休業に入る直前までの6年間に密着した映像作品、『DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO “POSTSCRIPT”』の未公開映像が観られること。貴重な映像に、スタジオの4人も大興奮! ひときわ盛り上がったあと、特別ゲストとして音楽ジャーナリストの田家秀樹が登場。田家は30年にわたって氷室を追いかけ続け、来年2月には『KYOSUKE HIMURO since 1988』というファン必携の愛蔵版を上梓する。田家も交え、改めて氷室のカッコよさや唯一無二の存在ということを確認し合った。

スタジオはもちろん、専用チャットルームでもファンたちが交流を図り、twiBer(#氷室60)から活発にメッセージが発信されるなど、オンラインならではの盛り上がりを見せた。

メインであるオンライン花火ライブは、スマホやタブレット、PCなどでも十分堪能できるが、おすすめはVR鑑賞。見わたすかぎり花火に囲まれた360°のバーチャル空間で、迫力ある花火ライブ体験が可能。想像以上のリアル感、美しい音と映像に、スタジオの4人も驚愕し、「これは絶対、VRで観るべき!」と口を揃えた。

今年は新型コロナウイルスの影響で、全国の花火大会が自粛を強いられた。そんな中、このライブのためだけに打ち上げられた花火と、大好きなヒムロックを同時に楽しめるのは、贅沢の極みといえるだろう。

最後に、氷室からファンに向けてのメッセージが届いた。その内容は氷室の再起動を待ちわびているファンにとっては、最高のプレゼントとなった。

「大阪での展覧会にも、今日のオンラインライブにも、俺の還暦っていうことで、たくさんの連中が集まってくれて、本当に感謝しています。
『DISTANCE』の歌詞じゃないけど、もう一度気持ちを奮い立たせて、リリースのほうも来年にはできたらいいなと思っています。
楽しみにしててくれるかな」
HIMURO

まさかの重大発表に、DAIGOは「生きててよかった!」とつぶやき、「氷室京介は、まだまだ伝説にはならないぞ!!」と絶叫する長田。オンラインの向こう側のファンたちも同じ気持ちだっただろう。

――なぜ、俺たちは氷室京介を卒業できないのか?

いや、本ライブを通じて「卒業する必要はない」ということを確信しただろう。ライブ会場ではなくても、ファンの熱い思いは氷室にも伝わったはず。そして、ファンは氷室の再起動を心待ちにするばかりだ。


『KYOSUKE HIMURO 60th ANNIVERSARY ONLINE HANABI LIVE “DISTANCE” 』イベントサイト
https://himuro.hanabi-live.jp

氷室京介 OFFICIAL WEBSITE
http://www.himuro.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人