とんねるずの名曲メドレーも! 木梨憲武『木梨の音楽会。』が名古屋で開幕

2020.10.08

■木梨憲武、2nd EP『木梨ミュージック コネクション』が配信チャートで4冠達成!

木梨憲武の思い出作り第2章となるEP『木梨ミュージック コネクション』が、10月4日に配信スタート。iTunes 総合アルバム、J-POPアルバム・ランキング、レコチョク・アルバム・デイリー、レコチョク・ハイレゾ・アルバム・デイリー1位と4冠を獲得し、話題を集めている。

本作は、木梨憲武ならではの「コネクション(仲間達)」で楽曲制作を行い、レゲエ、スカ、パンク・テイストなど多岐にわたる音楽ジャンルを、木梨流に表現した4曲収録のEPとなっている。

そして、木梨はこのEPの配信リリースを受け、『木梨の音楽会。』とタイトルした公演を10月6日、愛知芸術劇場(名古屋)よりスタートした。

初日となった名古屋公演は、コロナ禍でのガイドラインを遵守し、会場の半分のオーディエンスを前に開催。120万フォロワーを誇る木梨のインスタで話題となった、のりみょん「裸の心」で幕を開け、「涙のリクエスト」「勝手にシンドバット」など昭和歌謡メドレー、そして“思い出作り”としてスタートしたソロ音楽活動から「GG STAND UP」はもちろん、新曲「サンシャイン ラブ 〜差し替え ザッキー〜」「まにまに」など最新EPから、また今後リリースされるという宇崎竜童作「不機嫌なモナリザ」、そして「ガラガラヘビがやってくる」「一番偉い人へ」などのとんねるずメドレー、おなじみの「ラーメン食べたい」のカバーなどを披露。

さらに、ゲストに藤井尚之、サプライズ・ゲストでカンニング竹山が登場し、アンコール2曲、メドレーを含む全17曲の怒涛の木梨ワールドが展開、そのエンターテイナーぶりがどこまでも散りばめられた最高に楽しいステージとなった。

この『木梨の音楽会。』は、今後、10月13日のオリックス劇場(大阪)、10月15日の東京国際フォーラム・ホールA(東京)と続く(東京公演はライブ配信も実施)。

なお、収録曲「いま子供達に問う feat. ねお」のオリジナルダンス動画募集企画も実施中。優秀作品は、ミュージックビデオに採用される可能性も!(※応募締切10月17日23時59分まで)


リリース情報

2020.10.04 ON SALE
DIGITAL EP『木梨ミュージック コネクション』


ライブ情報

木梨憲武 『木梨の音楽会。』
10/06(火)愛知・愛知芸術劇場
10/13(火)大阪・オリックス劇場
10/15(木)東京・東京国際フォーラム・ホールA


「いま子供達に問う feat. ねお」オリジナルダンス応募要項はこちら
https://lp.universal-music.co.jp/forms/kinashi_201004/

木梨憲武 OFFICIAL WEBSITE
http://www.kinashiten.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人