綾野剛、[Alexandros]による映画『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』主題歌「Beast」を絶賛!

■「([Alexandros]の)楽曲が入ったことによって、映画で表現しきれていない部分をバシッと締めてくれました」(綾野剛)

[Alexandros]が、11月13日公開の映画『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』の完成を記念し、豊洲PITにて行われたプレミアイベントに出演。主演の綾野 剛とともに登壇し、今作のために書き下ろした主題歌「Beast」を披露した。

イベント冒頭で、綾野が、最初に脚本を読んだ印象や、今回バディを組む北川景子の印象など語ったのち、[Alexandros]が彼らのライブの定番SE「Burger Queen」で登場し、「Beast」を披露

迫力のあるライブを受けて綾野は「生演奏を体感するのは久しぶりなので最高でした。この楽曲が入ったことによって、映画で表現しきれていない部分をバシッと締めてくれました」と大絶賛した。

演奏を終え、川上洋平(vo&g)は、本作の感想と綾野の印象を「仕事の話を忘れるくらい映画に夢中になりました。スリリングな映画で、今までにないバディ感があって、そしてこの犬養と高千穂の凸凹感って新しいなと思い、新鮮に楽しめました」とコメント。

磯部寛之(b&cho)は「題材としては深いテーマですね。良い意味で、テンポが良く知識のない私たちにも見やすく、いろいろ考えさせられる映画でした。皆さんの演技が素晴らしくて本当に楽しめました。今の状況だとなかなか剛ちゃんとも会えなくて、やっと会えました」と普段から親交のある綾野へ会えたことの喜びを語った。

白井眞輝(g)は「映画は何回か観ました。その都度新しい発見がありました。観るたびに違う感想を持つ映画で、見終わったあとに友達と話したくなるような映画だと思います」と自身も映画の余韻を楽しめたことをコメントした。

なお、今回のイベントには、多くの応募の中から見事に当選した一般参加者がリモートで参加。彼らからの質問に答える場面もあり、[Alexandros]への<作品のどういうところにインスピレーションを受けて主題歌を作ったのか?>という質問に、川上は「安楽死の是非を問うということを、観ている人に問いかけてくる映画ですよね。こういうモヤモヤをどういう風に消化すればいいのかとずっと思っていたので、今回はとてもいい機会でした。どういう歌詞を書けばいいのか、悩みましたが、自分なりの回答を歌詞にしました。映画を観て歌詞と照らし合わせてほしいです」と楽曲制作秘話を語った。

イベントの最後に綾野は「大変な時期で、何も収束してない中で歩みを止めないでやってきたことが形になろうとしています。エンタメを届け続けるためにもみんなで協力して立ち向かっていきたいです。本作も僕の中で大切な作品になりました。まだ発表されていないキャストがいますけど、とても素晴らしい方たちです。本編を観た人にしかわからないキャストになっていますので、ぜひご覧ください」と熱いメッセージを送り、イベントは終了した。

今回、[Alexandros]が披露した新曲「Beast」は、11月11日にリリースされる。


リリース情報

2020.08.26 ON SALE
ALBUM『Bedroom Joule』

2020.11.11 ON SALE
SINGLE「Beast」


映画情報

『ドクター・デスの遺産』
11月13日(金) 全国ロードショー
出演:綾野剛 北川景子 岡田健史 前野朋哉 青山美郷 石黒 賢
監督:深川栄洋
原作:中山七里『ドクター・デスの遺産』(角川文庫/KADOKAWA刊)
主題歌:[Alexandros] 「Beast」(UNIVERSAL J / RX-RECORDS)
配給:ワーナー・ブラザース映画


映画『ドクター・デスの遺産』作品サイト
https://wwws.warnerbros.co.jp/doctordeathmovie/

[Alexandros] OFFICIAL WEBSITE
https://alexandros.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人