秦基博、新曲「泣き笑いのエピソード」がNHK連続テレビ小説『おちょやん』主題歌に決定

2020.10.05

■「ドラマを観てくださる皆さんの一日の始まりに、そっと寄り添うような歌になれば幸いです」(秦基博)

秦 基博の新曲「泣き笑いのエピソード」が、11月30日放送開始の連続テレビ小説『おちょやん』の主題歌に決定した。

主題歌「泣き笑いのエピソード」は、『おちょやん』の物語をもとに書き下ろされ、毎日を一生懸命に生きる、主人公・千代のひたむきな姿を思い描かれた楽曲。あたたかくも表現力に富む芯の強さを持った歌声に、管楽器やコーラス、ローズピアノなどの奏でるサウンドが彩を加えている。

『おちょやん』と共に、千代の人生(エピソード)に寄り添った主題歌「泣き笑いのエピソード」に注目だ。

また、主題歌決定の発表にあわせて、秦 基博の新ビジュアルも公開となった。

■秦 基博 コメント
『おちょやん』の主題歌を担当させていただけることになり、本当にうれしく思っています。
脚本を読ませていただいた中で、主人公・千代のどんな苦境の中にあってもめげないその心、そして、自分の身にふりかかる不幸や悲しみを糧にして、それらを「笑顔」に変えていく力強さ、明るさ。その部分にいちばん感銘を受けて、「泣き笑いのエピソード」という曲を書きました。
悲喜こもごも巻き起こる『おちょやん』の毎日に、少しでも色を添えられればと思います。そして、このドラマを観てくださる皆さんの一日の始まりに、そっと寄り添うような歌になれば幸いです。
『おちょやん』の物語が僕もとても楽しみです!

■ヒロイン・杉咲花 コメント
物語の中で、苦しいことや悔しいことをたくさん経験する千代ですが、それでもへこたれずに前を向いて進んでいく背中を、この曲にそっと見守ってもらっているようで、胸が熱くなりました。
秦さんの優しい歌声と温かい歌詞に包まれて、これから毎日、ドラマと、一人ひとりの1日が始まること、とても心強いものになるのではないかと感じています。
歌詞にもありますが、私はこの曲を聴けるからこそ、どんな今日も愛せるはずだ! と思いました。


番組情報

NHK 連続テレビ小説『おちょやん』
11月30日(月)放送開始
総合 08:00〜
BS4K・BSプレミアム 07:30〜
作:八津弘幸
音楽:サキタハヂメ
出演:杉咲花 成田凌 篠原涼子 トータス松本 井川遥 他


リリース情報

2019.12.11 ON SALE
ALBUM『コペルニクス』


『連続テレビ小説 おちょやん』番組サイト
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/tag/index.html?i=20911

秦基博 OFFICIAL WEBSITE
http://www.office-augusta.com/hata/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人