“年末調整”の苦労から解放された会社の部長(木梨憲武)と部下(伊藤淳史)が、河川敷の公園で大はしゃぎ!

■プライベートでも親交が深い、木梨憲武×伊藤淳史コンビがサラリーマンの上司と部下を演じる“SmartHR”TVCM、待望の新作が完成!

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」(スマートエイチアール)の新CMが10月3日よりオンエア。また、新CMのオンエアに先立ち、本日よりオフィシャルサイトおよびYouTubeにてCM動画2本が公開される。

新CMでは、CMキャラクターであるお笑いコンビ、とんねるずの木梨憲武と、俳優の伊藤淳史が、会社の部長(木梨)・部下(伊藤)に扮し、サラリーマンが抱えてきた“苦労”からの解放を語る。

■「年末調整の無駄よ、さようなら。」をテーマに公開された新ストーリー
プライベートでも親交が深い、木梨と伊藤の名物コンビ。「仕事の無駄よ、さようなら。」がテーマの8月公開の3本のCMに続き、今回の2本の新CMでは「年末調整の無駄よ、さようなら。」をテーマに“紙の年末調整の煩雑さから解放されたサラリーマン”をふたりが演じる。

新CMでは、企業で働く人にとって年末の風物詩となっていた紙での煩雑な年末調整を振り返り、SmartHRの導入によって実現した「年末調整の無駄から解放され、従業員が気持ちよく働く」ことの価値を表現。仕事中ながら、無駄から解放された感動のまま公園で落ち葉を楽しそうにかけあい、「年末調整の無駄よ、さようなら。」を全力で伝えている。

【『年末調整からの解放』篇】
膨大な書類対応に忙殺される年末調整から解放された、部長役の木梨と部下役の伊藤。「心を亡くすほど忙しい年末」という木梨さんのセリフに続き「いつも手書きの年末調整だった」と伊藤が振り返る。手書きの書類から解放され、「僕らを責め立てるものは」「何もない」「穏やかだ……」と喜びを噛み締めるふたりは、河川敷の公園で落ち葉をかけあい、笑いあい、軽やかにはしゃいでいる。「今年もお世話になりました」という木梨の言葉に伊藤が「いえいえ」と答える掛け合いからは、仕事の無駄から解放された安堵と来年への期待が感じられる。

【『年末調整』篇】
年末のオフィスで、書類の確認作業に追われていた過去の木梨と伊藤。手書きの字が汚く、名前が判別出来ない書類を見て、ふたりで頭を抱えた出来事を「途方に暮れたねぇ」と回想する。紙に囚われることがなくなり、年末調整の無駄から解放され身軽になったふたり。余裕ができた木梨と伊藤は、童心に帰り、無邪気に遊びながら、「SmartHR」への想いを口にする。


SmartHR OFFICIAL WEBSITE
https://smarthr.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人