松尾太陽(超特急・タカシ)、初ソロ作から“素”の姿を捉えた「The Brand New Way」MV公開

■「トイカメラを使ってとてもノスタルジックな世界観のMVが完成しました」(松尾太陽)

9月2日に1stミニアルバム『うたうたい』でソロデビューを果たした松尾太陽(超特急・タカシ)が、収録曲の中からあらたに「The Brand New Way」のミュージックビデオ(以下MV)を公開した。

爽快なボーカルと飾りけのない素の姿を収めた映像は、明るい夏風をまとって最高に気持ちのいいもの。残暑の暑苦しさも吹き飛ばしてくれること間違いなしだ。

自身の音楽ルーツである“City Pops”を大きなコンセプトに、大塚愛やVaundyら豪華アーティストからの楽曲提供を受けて完成させた『うたうたい』。

なかでも堂島孝平(作曲)と浅田信一(作詞)のタッグによる「The Brand New Way」は、松尾自身「これぞCity Pops!」「デモを聴いた時点でイメージが完全に固まった」と語る自信作。事実、そのクリアで切れ味のいい歌声からは、70年代より脈々と継承されてきたCity Popsの香りをはっきりと感じることができる。

今回完成したMVは、“美しい空が輝いてる”という歌詞のとおり、白い雲が浮かぶ青い空の下で180センチの長身を伸ばしたり、波が打ち寄せる砂浜で笑顔を見せたり、ふらりと街を歩いてクリームソーダを食べたり、大好きな猫と戯れたりと、自然体の松尾が次々に現れる。

鮮やかな夏の景色を映す画面は光に満ち溢れ、“君と光の中へ”というリリックをリアルに胸に沁み込ませてくれる。また移り行く樹々や海など、ドライブ感のある映像を挟み込むことで、楽曲の爽快感をさらに引き立てているのもポイントだ。

これまでVaundy作のリード曲「Sorrow」のMV、松尾自身が作詞・曲を手がけた「掌」のリリックビデオと2本の映像を発表してきたが、自身が慣れ親しんできた得意ジャンルで伸びやかに歌い、笑顔を弾けさせる松尾の歌声と姿は、何度観ても聴いても飽きないもの。ソロアーティストとして第一歩を踏み出した彼の、ありのままの“今”を楽しもう。

松尾太陽 コメント
トイカメラを使ってとてもノスタルジックな世界観のMVが完成しました。
疾走感のある爽やかな楽曲なので、ぜひ仕事前やドライブ中に聴いてみてください。
鮮やかな音色に乗せて、僕と一緒に歌いましょう!


リリース情報

2020.09.02 ON SALE
MINI ALBUM『うたうたい』


松尾太陽 OFFICIAL WEBSITE
https://matsuo-takashi.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人