『逃げ恥』の新春スペシャルドラマの放送が決定! 本日放送の『ぴったんこカン・カン』でサプライズ発表

■本日9月25日放送の『ぴったんこカン・カン』に『逃げ恥』のメインキャストである星野源、古田新太、藤井隆が勢ぞろいし、そこに主演の新垣結衣がサプライズ登場!

TBSにて、2016年10月期に放送された『逃げるは恥だが役に立つ』のスペシャルドラマが2021年1月に放送されることが決定した。本日9月25日放送の『ぴったんこカン・カン』で、『逃げ恥』のメインキャストである星野 源、古田新太、藤井隆がMCの安住紳一郎TBSアナウンサーと恒例の「砂肝コンフィ会」を開催しているところに、主演の新垣結衣がサプライズ登場し発表した。

『逃げるは恥だが役に立つ』は、2016年10月期に火曜ドラマ枠で放送。原作は海野つなみの同名マンガ。「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり(新垣結衣)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野 源)と「仕事」として契約結婚。「夫=雇用主」「妻=従業員」の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、妄想女子とウブ男は徐々にお互いを意識しだす……というラブコメディだ。

連続ドラマ放送時は、回を重ねるごとに視聴率が右肩上がりとなり、最終回では平均視聴率20.8パーセントを記録(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)。また、エンディングでメインキャストが踊る「恋ダンス」は幅広い世代の視聴者がダンス動画をSNSに投稿するなど社会現象に。放送当時、期間限定で YouTubeに公開された「恋ダンス」映像は、累計1億回の再生数を記録した。

今年5月、新型コロナウイルスの影響で外出を自粛している人たちに、より楽しんでいただくため、未公開シーンや未公開カットをあらたに加えた『逃げるは恥だが役に立つ  ムズキュン!特別編』を放送。放送前からSNSに期待の声が続々と寄せられ、放送中は「逃げ恥」「みくりさん」が Twitter のトレンドワードで世界1位にランクイン。再放送にも関わらず全話がトレンド入りするなど、当時の放送から4年経っても根強い人気を保ち続けていることを証明した。

さらに特別編のエンドロールでは、恒例の「恋ダンス」に主演の新垣、星野のほか、メインキャストが「リモート恋ダンス」を踊る映像がサプライズで流れ、さらに盛り上がりを見せた。

今回のスペシャルドラマでは、契約結婚から生まれた恋を経て、みくりと平匡がついに本当の“結婚”を決めた連続ドラマのその後を描く内容。脚本は、原作の10巻と11巻をもとに、連続ドラマから変わらず野木亜紀子が担当する。おなじみのメインキャスト陣も再集結し、連続ドラマ放送時に視聴していた人も、初めて『逃げ恥』を観る人も楽しめる内容となっている。

今後も、放送がさらに楽しくなる新情報が随時発表される。

(C)TBS

プロデューサー・那須田淳 コメント
あのあと、みくりと平匡はどんな人生を踏み出していったのか?
きっと、あんなことやこんなことが起こるんじゃないかと想像するだけで、私たちも、キャストの皆さんも、そして、視聴者の皆様も、ムズムズしてしまうのでは!?
2016年に放送いたしました連続ドラマから時を経て、結婚生活3年目に入ったみくりさんと平匡さんの、2019年から2020年の1年以上を描きます。
テーマは「がんばれ人類!」。大きく出たテーマの意味と、お正月にふさわしい、ご家族みんなで、楽しんで、考えて、泣いて、笑っていただけるようなスペシャルドラマになるよう全力で制作いたします。そして、「恋ダンス」は、もちろん……!?


番組情報

TBS 新春スペシャルドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(仮)
[スタッフ]
製作:TBSスパークル TBS
原作:海野つなみ『逃げるは恥だが役に立つ』(講談社「Kiss」所載)
脚本:野木亜紀子(『MIU404』『アンナチュラル』、映画「罪の声」)
プロデューサー:那須田淳 磯山晶 峠田浩 勝野逸未
編成:宮崎真佐子
※「崎」は、たつさきが正式表記。
演出:金子文紀
音楽:末廣健一郎 MAYUKO
主題歌:星野 源「恋」(スピードスターレコーズ)
[出演者]
森山みくり:新垣結衣
津崎平匡:星野 源

風見涼太:大谷亮平
日野秀司:藤井 隆
田中安恵:真野恵里菜
梅原ナツキ:成田 凌

山さん(マスター):古舘寛治
※「舘」は、舎に官が正式表記。
森山ちがや:細田善彦

津崎宗八:モロ師岡
津崎知佳:高橋ひとみ

森山栃男:宇梶剛士
森山桜:富田靖子

沼田頼綱:古田新太

土屋百合:石田ゆり子


『逃げるは恥だが役に立つ』番組サイト
https://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人