ヒゲダン、初の配信ライブが大成功!「僕がお客さんだとして“今いちばん観たいオンラインライブ”をやれている自信がある」(藤原聡)

■「ツアーができなくなって、オンラインライブが“ただの代わり”みたいになったら、それは健全じゃないなと。オンラインライブだからこそ楽しめることって何だろうと考えた」(Official髭男dism・藤原聡)

「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて、“ヒゲダン”の通称で知られる4ピースバンド、Official髭男dismのキャリア初となるオンラインライブ『Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 -Arena Travelers-』が、9月26日20時より配信された。

■変幻自在のカメラワークにレア演奏、ヒゲダンの想い詰まった“オンラインならでは”の神演出にファン感涙!
オンラインライブ当日の9月26日18時30分より、気になるライブの“セットリスト”を大予想する企画やOfficial髭男dismのミュージックビデオ作品を一挙放送する直前番組『Official髭男dism ONLINE LIVE 2020直前祭』を無料で配信。

ファンからは、開演直前から、

「ドキドキが止まらない」
「事前特番でテンションを最大級に高めて最前列で待機中」

などと心境を共有する者同士が集結。

そんな中、ステージに現れたボーカルの藤原聡の伸びやかに突き抜ける「Hello〜♪」の歌声と共にライブの幕が開くと、コメント欄には、

「ハロー!!」
「すでに涙腺崩壊」

などのコメントが一斉に書き込まれ、Twitterの日本トレンドでも「#ヒゲダン配信ライブ」が3位にランクインするなど、大興奮に包まれながらの開演となった。

その後もノンストップで、ヒット曲の「宿命」や、銀テープが華やかに舞い散る中「ノーダウト」が披露されると、ファンからは、

「初っ端から飛ばしすぎてて最高!」
「最初からクライマックスで鳥肌止まらない」
「開始15分にして元を取れる神セトリ」

などとうれしい悲鳴が相次いだ。

また、藤原がMC時に「アリーナツアーができなくなって、オンラインライブが“ただの代わり”みたいになったら『どうしてもそれは健全じゃないな』とメンバーで話していて。オンラインライブだからこそ楽しめることって何だろうという風に考えながらライブを作った。僕がお客さんとして、“もう、今いちばん観たいオンラインライブ!”をやれている自信がある」と語った言葉を体現するように、巧みなカメラワークを駆使した演出や、ファンにはたまらないレアな音楽アレンジが随所に炸裂。

特に、フィルムのような映像の質感が醸し出すミュージックビデオのような空気感に「エモい」の声が相次いだ「Rowan」や、“増えた思い出がいつか星の数ほどに溢れることがただ嬉しいから”という歌詞とリンクするように、会場に吊るされた無数の電球によって煌めく星空が広がるような「ビンテージ」の演出には、

「なんて綺麗なの…」
「視覚的感動もえぐい」

などと多くの反響が寄せられた。

■Official髭男dismキャリア初のオンラインライブに「最初にして至高のライブ」と感動の声続出!
藤原の「今はなかなかライブを直接楽しむこともできなくなってきていると思うが、僕らがしっかりとここで歌わせてもらって、オンラインという形でみんなが音楽を受け取ってくれたら、それはきっとこのバンドとみんなのひとつの思い出になる。『その大切な思い出の1ページに、今回のオンラインライブがあるように』という思いをこめて」という言葉と共に、かけがえのない日常の思い出を歌った名曲「115万キロのフィルム」でスタートしたライブ後半戦。

ABEMAで実施されたファン投票による人気楽曲投票で1位に輝いた「異端なスター」、メンバーそれぞれが歌うソロパートやサポートメンバーの生き生きとした表情が印象を残した「旅は道連れ」に加え、「Pretender」や「I LOVE…」など社会現象にもなったメガヒット曲が、前半戦の勢いそのままに次々と披露された。

最後のMC部分では、「本当にライブができない日が自分たちもずっと続いて、自分たちがいったい何をやっていた人間なのかわからなくなったりしそうなときもあった。そういうときでも、曲を聴いて応援してくれている皆さんの存在が、自分にとってはすごく光だった。その光を目がけて、これから何を返していけるかなと思ったときに、どんどん新しい曲を作って、良いライブを皆に届けていくことだと思った。自分たちがやりたいと思って創ったものを、皆さんの日々の糧にしていただけているのであればバンドとしてそんなに素敵なことはないと思っている。また素敵な音楽やライブを作って、みんなと会えることを楽しみにしているので、どうかその日まで元気に過ごしてください」と時折こみ上げる想いに声を震わせながら語った藤原。

そんなメンバーの熱い想いに応えるように、ファンからは、

「最初のオンラインライブが至高のライブだった」
「永遠に終わらないでほしいと思える、幸せな時間をありがとう」
「ヒゲダンが大好きであることを再確認した伝説の夜だった」

などと感謝と最大級の賛辞が贈られた。

また、ABEMAでは、終演後の冷めやらぬ興奮を共有し合う場として、『Official髭男dism ONLINE LIVE 2020感想戦』と題して、リアルタイムでやりとりができるABEMAの「コメント機能」を駆使した“感想戦”企画も実施。

オンラインライブとだけあって、ライブ初参戦の方も目立った中、コメント欄では

「離れているけど、ファンの皆と参加できてよかった」
「一体感がたまらなかった」
「ここのコメントで何倍も楽しめた、ありがとう!!」などと書き込まれ、ライブを楽しむうえで「コメント機能」が大きな存在感を発揮していたことが見受けられた。

本ライブは、2020年10月3日23時59分まで見逃し配信されるほか、リアルタイムライブ配信終了後より、本編映像を見ながら副音声でメンバーの声を届けるオーディオコメンタリーの配信も開始。今回の配信ライブ本編のチケットとオーディオコメンタリーのチケットをABEMAで両方購入した人を対象に、見逃し配信終了後に2,200円を返金。追加料金なしでどちらの配信も視聴できる。

PHOTO BY 溝口元海(be stupid)
(C)AbemaTV,Inc.


リリース情報

2020.08.05 ON SALE
EP『HELLO EP』


配信情報

『Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 -Arena Travelers-』
09/26(土)20:00~ 配信開始予定
※10/03(土)23:59までアーカイブ配信あり


『Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 -Arena Travelers-』特設サイト
https://special.higedan.com/feature/onlinelive2020

『HELLO EP』特設サイト
https://hello-ep.jp

Official髭男dism OFFICIAL WEBSITE
http://higedan.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人