桑田佳祐出演、“SOMPO”新CM完成! CMソングは、桑田書き下ろしの「金目鯛の煮つけ」

■たまには奥さんに……と一輪のバラを購入したサラリーマン(桑田佳祐)だったが!?

2020年2月にSOMPOホールディングス株式会社とパートナー契約を結んだ桑田佳祐が出演する新TVCM『花』篇(15秒、30秒)が、9月27日から全国で放映される。

CMでは、桑田がSOMPOグループCMソングとして作詞作曲を手がけた書き下ろしの楽曲「金目鯛の煮つけ」を使用。 何気ない日常の中にある、ささやかな幸せへの思いが感じられる楽曲とともに、桑田らしさ溢れる味わい深い演技の絶妙な調和を楽しめる。

なおCMの映像は、CM特設ページおよび公式YouTubeチャンネルでも視聴できる。

■新TVCMの内容
会社帰りに駅前で移動販売の花屋を見つけ、たまには奥さんに……と一輪のバラを購入した桑田扮するサラリーマン役の主人公。奥さんがうれしそうに受け取る姿を思い浮かべ、笑顔で家を目指すが、飛び出してきたネコに驚き転びそうになったおばあちゃんを支えた拍子に、プレゼントのバラが折れてしまう。ガッカリした表情を浮かべながらも、「しょうがないな」とすぐに気を取り直し、短く切ったバラを胸ポケットに挿して、再び笑顔で歩き出す。軽い足取りで 、先ほどの猫の真似をしながら「にゃ〜」という声とともに踏切をジャンプしながら渡り、奥さんが待つわが家へ到着。玄関で片ヒザをつき、ややおどけた表情で「ただいま!」と胸のバラを差し出す桑田さんを、奥さんは「なに~!?」と優しく笑いながら出迎える。

■CMソング「金目鯛の煮つけ」(作詞・作曲:桑田佳祐)について
CMソングとして流れる楽曲「金目鯛の煮つけ」は、SOMPOグループCMソングとして書き下ろされた新曲で、桑田が作詞作曲を担当。コロナ禍で厳しい環境にある現在でも、何気ない日常やささやかな幸せに感謝しながら、どんなときも笑顔で生きていきたいという、つつましい想いを込めたメッセージが、楽曲や歌詞からも感じられる。

■撮影時のエピソード
CM撮影の事前打ち合わせを繰り返し行う中で、自身が演じる役の設定についても説明を受けていた桑田。撮影当日、スタジオに入ると、まず移動花屋の店員とやりとりするシーンの撮影に臨み、 自然で親しみの持てるキャラクターを表現。帰宅して奥さんにバラを差し出すシーンでは、監督から「OK」が出たにもかかわらず、演技にこだわり自ら再撮影を希望するひと幕も。再撮影ではさらに素晴らしい演技を披露し、スタジオの雰囲気を盛り上げた。踏切を渡りながらピョンと飛び跳ねるシーンにも、桑田からアイデアが出されるなど、様々な場面でキャラクターづくりへの熱意が感じられた。

【新テレビCM概要・放送予定】
テレビCMタイトル『花』篇(15秒、30秒)
出演:桑田佳祐
放映開始日:2020年9月27日(日)
放映地域:全国


CM特設ページ
https://www2.sompo hd.com/company/kk/

SOMPOホールディングス OFFICIAL WEBSITE
https://www2.sompo-hd.com/company/kk/

桑田佳祐2020スペシャルサイト
https://special.southernallstars.jp/kuwata2020/

サザンオールスターズ OFFICIAL WEBSITE
https://southernallstars.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人