西山宏太朗デビュー作『CITY』から感じた、純粋な音楽愛とモノ作りに対する強い信念

【オトネタ】
西山宏太朗

西山宏太朗

西山宏太朗が“全力で楽しむ!”とスタートさせた音楽活動

『あんさんぶるスターズ!!』『アイドリッシュセブン』『A3!』をはじめ、数多くのアニメ、ゲーム作品などで際立った表現力を発揮している声優・西山宏太朗が、満を持してアーティストデビューを果たす。

1stミニアルバム『CITY』のテーマはずばり、シティポップ。以前からハロプロ(ハロー!プロジェクト)や藤井 隆主宰の音楽レーベル・SLENDERIE RECORDのファンであることを公言していた西山。音楽を愛してやまない彼が、音楽制作のスタッフと直接コミュニケーションを交わすなかで辿り着いたテーマが、“シティポップ”だったというわけだ。

歌詞のコンセプトは、「“おはよう”から“おやすみ”まで」。ネオソウル系のトラックとともに、夜明けの風景や“もしかしたら今日/あなたに出逢う気がするよ”という予感を歌った「外では光が踊っている」、夕暮れときの横浜を舞台に“突然のデート”を描いた「よこはまスウィング」など、一日の時間の流れに沿って、様々な表情を味わえるのも『CITY』の魅力である。

『CITY』初回生産限定盤

『CITY』通常盤

また、アーティスト・西山宏太朗として作品に対する想いを語った『M-ON!SPECIAL「西山宏太朗」~CITY~』では、「好きな楽曲をとことん楽しむのが音楽活動のテーマ」「小学生みたいな言い方になってしまいますが(笑)、“全力で楽しむ!”という感じです」と、音楽に対するピュアな想いを吐露。

なお、ミニアルバムの制作時には、仮歌録り、楽器のレコーディングからミックスダウン(※録音した音をまとめる作業)まで、全プロセスに関わったという。それを受けて改めて彼の「全力で楽しむ」という言葉を解釈すると、音楽に対する純粋さもさることながら、作品づくりで一切妥協しないという、西山の強い信念でもあるのだろう。

さらにリード曲「真昼どきのステラ」のMVについて、「こんなにお洒落に撮っていただいて、幸せ」「(MVを視聴したファンからの)コメントもニヤニヤしながら見てます」と、うれしそうな笑顔でコメント。

また、自ら作詞を手がけた「チキプーアワー」「とびきりの夜はここにある」「タイムマシン」の制作秘話も。「チキプーアワー」は、「“やりたいことが見つかるまで、好きなことをやっていい”ということを歌にしたかった。自粛期間じゃなければ生れなかった曲」だと言う。

「“知ってる言葉はこんなに限られてるんだな”って痛感しました」と言いつつも、「制作過程は楽しかった」「声優(の仕事)もそうだけど、みんなで何かを作る、モノ作りが好きなんですよね」と、音楽活動が彼にとって刺激になったことをうかがわせた。

声優として培ってきた表現力を活かしつつ、音楽に対する深い愛情、そして、モノ作りへの強いこだわりがひとつになったミニアルバム『CITY』。ここからは始まる“アーティスト・西山宏太朗”にも大いに期待したい。

TEXT BY 森 朋之


番組情報

M-ON! SPECIAL 「西山宏太朗」 ~CITY~

★MUSIC ON! TV(エムオン!)にて放送
M-ON! SPECIAL 「西山宏太朗」 ~CITY~
【初回】
09/28(月)22:00~22:30

【リピート】
10/07(水)22:00〜22:30
10/14(水)24:00〜24:30

MUSIC ON! TV(エムオン!)にて、スカパー!加入者対象プレゼント企画実施中!
https://www.m-on.jp/info/news-topics/2020/09/08/201468/

MUSIC ON! TV(エムオン!)視聴方法
https://www.m-on.jp/watch/

※MUSIC ON! TV(エムオン!)は、スカパー!やケーブルテレビでご覧いただける、音楽チャンネルです。


プロフィール

西山宏太朗

ニシヤマコウタロウ/10月11日生まれ、神奈川県出身。2009年に行われた第3回81オーディション特別賞を受賞、2011年より81プロデュース所属。2018年には第12回声優アワードにて新人男優賞を受賞。声優として活躍するなか、本作『CITY』にてアーティストデビュー。

西山宏太朗 アーティストOFFICIAL WEBSITE
https://www.lantis.jp/nishiyamakoutaro/


リリース情報

2020.10.07 ON SALE
MINI ALBUM『CITY』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人