超特急、冬の訪れをきらびやかに彩るような極上のポップチューン「Asayake」を12月にリリース!

2020.09.24

■「2020年は本当に激動の1年でした。それでも僕たちは綺麗な朝焼けで照らした、明るい未来が来るのを願って、この曲を歌います」(超特急・タカシ)

5人組ダンス&ボーカルグループの超特急が、12月16日にニューシングル「Asayake」をリリースすることが決定した。

4ヵ月ぶりとなるファン待望の新作は、冬の訪れをきらびやかに彩るような極上のポップチューン。君のために“この場所で踊り、歌っていく”というメッセージが、肌寒い季節でもあたたかく、あなたに寄り添ってくれるだろう。

CDシングルとしては6月の「Stand up」から半年ぶり、新曲としては8月の配信作「Dear My グッバイ」以来となる本作は、生楽器を軸としたバンドサウンドが味わい深い1曲。世代を問わずリスナーの心を掴む上質なJ-POPに仕上がっており、キャッチーなメロディのみならず、地上をまばゆく照らす朝焼けの光をモチーフに、自分が決める“自分らしさ”に着目した詞世界も、今、この不安が渦巻く時代には心励まされるもの。真摯な願いを綴ったリリックと、タカシの真っ直ぐな歌声も相性抜群で、楽曲のポジティブな響きを増幅させている。

カップリングにはスタイリッシュを極めたR&Bダンスチューン「Fantasista」、チャイナファンタジーを彷彿とさせるエキゾチシズムから、一気にゲームミュージックへと変転するカオス曲「キズナアルゴリズム」を収録。さらに4曲目には、FC盤と通常盤で“静と動”という異なるベクトルから聴き手を勇気づけるナンバーを加え、トータル5曲というボリュームで超特急の振り幅をさらに広げる作品となっている。

かつてない激動の1年だったからこそ、2020年は心穏やかに締めくくりたいもの。来るべきあらたな年こそ、「Asayake」が歌う“明日こそいい日であるように”という願いがかなうように祈ろう。

超特急メンバー コメント

■カイ

超特急のニューシングルの発売が決定しました! 様々なことが起きた2020年を優しく締めくくることができるような曲に仕上がりました。朝焼けのようにあたたかくて、誰かと寄り添いたくなるような曲になっていると思います。ぜひ、楽しみにしていてください!

■リョウガ

クリスマスを目前とした肌寒い時期に、ほろ苦く優しいメロディが貴方の身体に染み渡るでしょう(^o^) 個人的には「キズナアルゴリズム」を推したいところでござんすw

■タクヤ
超特急のこれからに、未来に、そして今、世の中的にも沈んでいる今に、希望を感じられる楽曲になっていると思います。たくさんの人の心に響きますように。「Asayake」よろしくお願いします。

■ユーキ
12月16日にニューシングル「Asayake」をリリースします! 今回のリード曲は歌詞に“僕はこの場所で踊るよ”など、今の僕が8号車へ向けたメッセージ性も感じられる歌詞にもなっていて、個人的にはとても“ライブ”を彷彿とさせる、前向きで、温かく未来を繋げる一曲になっています。
カップリングには、個人的にも好きな音楽ジャンルのR&Bのダンスチューンの「Fantasista」、これぞ超特急というような個性溢れるカオス曲「キズナアルゴリズム」など収録しています! さらにFC盤の一曲もあり、ジャンルレスで豊富な楽曲が勢揃いしています。
超特急=人生
デビュー当時には思ってもいなかった、予測不可能なことばかりが起きて、当時の自分じゃ思ってもいなかった激動の日々を送ってきました。でも、そんななかで止まって時間が過ぎていくよりも、僕は前に進んで超特急と一緒に夢へ向かって、明るい未来をみんなと一緒に走っていく。そんな気持ちを今回のシングルを通して伝えていけたらなと思います。

■タカシ

2020年は本当に激動の1年でした。それでも僕たちは綺麗な朝焼けで照らした、明るい未来が来るのを願って、この曲を歌います。何があっても前を向いて走り続けるのが超特急だし、ハングリー精神を武器に走り続けます! 笑顔溢れる明日を迎えられるような最新シングル「Asayake」をぜひよろしくお願いします!


リリース情報

2020.06.10 ON SALE
SINGLE「Stand up」

2020.12.16 ON SALE
SINGLE「Asayake」


超特急 オフィシャル ファンクラブ「夢の青春8きっぷ」
https://fc.bullettrain.jp/

超特急 オフィシャルYouTube
https://www.youtube.com/channel/UC3XrP1yEARz4_iFsmrdUfRA

超特急 OFFICIAL WEBSITE
http://bullettrain.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人