二宮和也、嵐の“思い出写真”を語る!「思い出に残っている写真は数えきれないほどあるけど……」

■ドラマ『キワドい2人』で共演中のHey ! Say! JUMP・山田涼介&田中圭、Travis Japan、HiHi Jets・井上瑞稀も登場!

映画『浅田家!』(10月2日公開)で主演を務める嵐・二宮和也が、9月23日に発売される『ViVi11月号』(講談社)に登場する。

アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し役者としても高い評価を受ける二宮。ロングインタビューでは、写真家・浅田政志の個性的な家族模様を通して、家族愛や写真の力を伝える『浅田家!』についてたっぷりと語っているほか、思い出の写真、家族から嵐まで、自身の“大切なもの”への思いを語っている。

「嵐の写真で思い出に残っているのは?」という質問には、「メンバーの写真は家族写真よりも多いし、思い出に残っている写真は数えきれないほどあるけど……」と前置きしつつ、「今、ふっと頭に浮かんだのは 『ARASHI Anniversary Tour 5×20』で撮った写真。コンサート後、関わってくれた全員とステージの上で記念撮影したんです。『こんなにたくさんの人と仕事をさせてもらっているんだな』って、その光景がすごく心に残っているかな」と、撮影現場でもいつも周りを見ている二宮らしいエピソードが。スタッフによると当時を思い出しているのか、一つひとつ懐かしみながら語る優しい口調が印象的だったという。

また、「自分でアルバムを作らなくても、それこそ、クラウドサービスみたいにファンのみんなが僕の写真を持ってくれている。それってうれしいことだよね」「自ら保存してなくてもいいから、ズボラな性格の僕としては助かってます(笑)」とファンへの思いを冗談めかして明かしている。

そして、色気溢れる写真も必見。同誌の取材は、終日続いた取材の最後だったため疲労困憊のはずが、何度も繰り返したジャケットの脱ぎ着の撮影にも嫌な顔せず対応したという二宮。カメラマンに「あともう少しだけ撮らせてください!」と何度も言わせてしまった、“ニノ沼”の魅力が存分に楽しめる。

■息がぴったりの“最愛バディ”が『ViVi』に降臨!山田涼介&田中圭がお互いへの溺愛メッセージを公開
TBS系で放送中の金曜ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』(毎週金曜22時~)で異母兄弟の刑事バディを演じるHey ! Say! JUMPの山田涼介と俳優の田中圭。取材当日はリモートでの会話だったにもかかわらず、取材陣も驚くほどふたりの息はピッタリだったという。

『ViVi11月号』では、見入ってしまうほどカッコよすぎるカットや、思わず笑ってしまうおちゃめなカット、そして癒されすぎる仲良しエピソードなど、本当の兄弟のようなふたりの魅力が満載。

当日の衣装オーダーは「カラフルなセットアップ」。鮮やかな緑色の衣装を見て、「今日のスーツ、カエル色じゃない(笑)?」とスタッフを和ませるおちゃめな兄、田中。そして、「圭ちゃんいるかな~?」と数分の休憩時間に楽屋を覗きにくる兄思いの弟、山田。お互い「こんなに似ている人は初めて」と認めるほどで、田中からは、「コンビニのカップ氷に炭酸飲料を入れて飲んでいるのを見たときは、『ちょっと待って。そんなところまで一緒なの?』と驚きました」という細かすぎるエピソードも飛び出した。

さらに、「涼ちゃん」「圭ちゃん」と呼び合うお互いに向けて、それぞれメッセージを贈り合う企画も。田中は「基本的にイケメンは全員敵だと思いながら生きているのですが(笑)、実際にお会いすると、本当にいい人だし、かわいらしさもあって、ただただ毎日、涼ちゃんの好感度が上がっています」というほど、山田さんを溺愛している様子。

対する山田も、「圭ちゃんみたいなお兄ちゃんがいたら絶対に楽しいんだろうな~と何度も思っています。僕はじめてですよ、誰かのことをそんな風に思うのは!」と、溺愛度は拮抗していた。

また、予想外な回答や思わず吹き出すエピソードが次から次へと飛び出したQ&Aや、ドラマの裏話などのインタビューも掲載される。

■Travis Japanが初登場!ソロコンサートのロングレポートも
注目度も活躍度もぐんぐん急上昇中のTravis Japan。8月に生配信されたコンサートイベント『Summer Paradise 2020 俺担ヨシヨシ 自担推し推し 緊急特別魂』では、初のソロコンサートで話題になった。

東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われたマスコミプレビューでは、メンバー全員がそれぞれ、ソロコンサートのセットリストから1曲を披露。情熱的な歌唱や、アクロバティックなダンス、オリジナル曲の弾き語りなど、近い未来にいま以上の活躍を見せる様子が目に見えた彼らのパフォーマンスを体験した取材班は、「これは事件だ!」と急遽大幅ページでの撮り下ろしとインタビューをオファー。

今号には、同公演のロングレポートとプロフィール紹介記事、そして12月号には撮り下ろし写真&インタビューが掲載される。

■HiHi Jets・井上瑞稀がViVi初登場、自称”ヘタレ”な素顔に迫る!
“性”を題材にした話題沸騰中のドラマ 『荒ぶる季節の乙女どもよ。』 で、主人公の幼馴染、典元泉役を熱演中の井上瑞稀(HiHi Jets)が満を持して初登場! 瑞々しくて、ちょっとアンニュイな19歳の今を切り取った。

今回はフィルムカメラでの撮影に挑戦。撮影時、1枚1枚ゆっくりとシャッターを切るカメラマンと、それに応えるように、ていねいに表情を作る井上の間には、誰にも入ることのできない、静かで神聖な時間が流れていた。

一方で、カメラマンが取り出した1980年代後半発売のフィルムカメラ「KYOCERA SAMURAI X4.0」を興味津々に見つめ、「はじめて見ました。おもしろいですね」と楽しそうに笑うなど、19歳らしいかわらしい一面も見せた。

また、ドラマの内容にちなんで高校生活の思い出について聞いたインタビューも必見。実は苦手なこと、年内に成し遂げたいことなど、近況もたっぷり語られており、自称”ヘタレ”な井上の意外な一面も垣間見ることができる。

なお、今号の表紙には『ViVi』のおしゃれ番長・emmaがピンクコーデで登場。『仮面ライダーゼロワン』の飛電或人 / 仮面ライダーゼロワン役で注目を集め、10月31日からスタートするテレビ朝日系ドラマ『先生を消す方程式。』への出演も決定した高橋文哉の撮り下ろし写真なども掲載される。


書籍情報

『ViVi 2020年11月号』
発売日:2020年9月23日(水) ※首都圏基準
価格:690円
発行元:株式会社講談社


『ViVi』公式サイト「NET ViVi」
http://vivi.tv/

WEB立ち読みはこちら
https://www.vivi.tv/magazine/


(C)ISAC/SIGNO

(C)ISAC/SIGNO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人