和楽器バンド、世界的ロックバンド“エヴァネッセンス”のエイミー・リーと共演した新曲のティザー映像公開

■今年2月に実現した、エヴァネッセンスのエイミー・リーと和楽器バンドによるコラボライブの映像も公開!

和楽器バンドが、ニューアルバム『TOKYO SINGING』(10月14日リリース)から、エヴァネッセンスのエイミー・リーをゲストに迎えた新曲「Sakura Rising with Amy Lee of EVANESCENCE」が、明日9月18日18時より各種音楽配信サービスで先行配信されることが決定。楽曲の一部を試聴できるティザー映像が公開された。

過去2度のグラミー賞を受賞し、アルバム『Fallen』が世界中で1,700万枚のセールスを記録した、世界的人気を誇るロックバンド、エヴァネッセンスのボーカル、エイミー・リー。彼女が以前、和楽器バンドのライブ映像を観て、その圧倒的なパフォーマンスに感銘を受け、ボーカル・鈴華ゆう子とギター・町屋が、エヴァネッセンスのLAでのライブに招待されたことがきっかけとなり、両者の交流が始まった。

その後もお互いのSNSで交流を深めるなか、今年2月に開催された『和楽器バンド Premium Symphonic Night Vol.2 ライブ&オーケストラ〜 in大阪城ホール 2020』にエイミー・リーのゲスト出演が実現し、公演ではエヴァネッセンスの代表曲「Bring Me To Life」と、和楽器バンド「千本桜」の2曲を“和楽器バンド with Amy Lee of EVANESCENCE”のスペシャルコラボレーションとして披露。両者のパフォーマンスは会場を大きく湧かせ、そのニュースは日本のみならず海外でも大きな反響を呼んだ。

なお、その中から「Bring Me To Life」のパフォーマンス映像が本日公開。こちらも要チェックだ

さらに、2組は共同での楽曲制作を開始。大阪城ホールでのライブの前日に町屋とエイミー・リーでスタジオに入り、作曲およびトラック制作をスタートさせ、ライブ翌日には鈴華ゆう子も参加し、メロディ、トラック、そして歌詞のイメージを共有。念願だった楽曲制作が実現した。

その後エイミーは帰国するが、世界中を襲ったコロナウイルスの猛威の中でもメールやSNSなどでのオンラインでの楽曲制作を続け、データのやりとりを幾度も経て完成を迎えたのが「Sakura Rising with Amy Lee of EVANESCENCE」だ。

楽曲のリリースに先がけて本日公開されたティザー(アニメーションリリックビデオ)は、楽曲の成り立ちと同じく日米のイラストレーターがそれぞれのイラストを手がけており、楽曲の“離れていても、心の奥深いところでは繋がっている”というテーマを、コロナ禍を経たTOKYOの日常、NEW YORKでの日常を通して描かれ、「Sakura」という世界共通のキーワードを通して、繋がる世界が表現されている。

楽曲の制作を聞きつけた両者のファンからは、

「これは最高のものになる!」
「oh my god!  このコラボ最高」
「日本とアメリカが繋がってうれしい!」

など多くの反響がSNS上で寄せられ、世界各国ですでに話題を呼んでいる。

なお、「Sakura Rising」は、ニューアルバム『TOKYO SINGING』リリースに先駆けて、9月18日18時より配信が開始される。


リリース情報

2020.10.14 ON SALE
ALBUM『TOKYO SINGING』


『TOKYO SINGING』スペシャルサイト
https://sp.universal-music.co.jp/wagakkiband/tokyosinging/

和楽器バンド OFFICIAL WEBSITE
https://wagakkiband.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人