エンタテイメントの火を絶やさず! 倖田來未、20周年アリーナツアーが開幕!

■「私の歌をひとりでも待ってくれている人がいるならば、それに応える」(倖田來未)

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、多くの音楽イベントが中止・延期となり、エンタメ業界も類に漏れず大きな打撃を受けている。年内の大型ライブやフェスの開催は絶望的と言われるなか、倖田來未が大阪城ホールにて全国ツアーを開幕させた。

デビュー20周年を記念し『KODA KUMI 20th ANNIVERSARY TOUR 2020 MY NAME IS…』と題されたこのアリーナツアーは、東京・愛知・大阪・福岡の4都市のアリーナで開催を予定。同時にリアルタイムでの配信も実施される。

一連の公演の実施自体も危ぶまれていたが「決められたルールの中でコンサートを続け、微力なのはわかっていますが、少しでもエンタテイメントの火を絶やさず、私の歌をひとりでも待ってくれている人がいるならば、それに応える」という倖田自身の強い熱意と想いが、開催へバトンを繋げた。

本編は、デビュー曲「TAKE BACK」からスタート。代表作「Butterfly」や「real Emotion」、9月4日にリリースされた最新楽曲「XXKK」と、ツアータイトルの『MY NAME IS…』のとおり、倖田來未のデビューから現在までの20年間の軌跡を体現するパフォーマンスが続く。

6月にリリースされた「puff」ではトレーニング機器とダンスを、「Dance In The Rain」 では、荘厳な滝のように降り注ぐ火花を用いた、斬新かつゴージャスな演出を実現。“QUEEN OF LIVE”と称される、倖田來未ならではの圧巻のパフォーマンスを魅せた。

倖田は、自身がコロナ禍でレコーディング等の音楽活動ができず、音楽から遠ざけられた生活を過ごしてきたことを明かし、「私には音楽しかない」と音楽への愛情や情熱を再確認することができたとコメント。これが後押しし、「困難が続く状況を少しでも自宅で楽しめるように」と過去のライブ映像や、How To Dance動画を配信すると、

「家族の楽しみです!」
「くみちゃんに支えられています!」

といったファンからの熱いメッセージが殺到。「ファンのみんなを支えられるような音楽を届けたい」とより強く思い、今回のアリーナツアーの実施を決める理由になったとファンに伝えるその目には、溢れる想いから感極まり涙が流れるひと幕もあった。

今回、公演会場では、3ブロックに分けて集合し入場を行うことで“密”を、チケットはデジタルチケットにすることで係員との接触を避け、全員に検温と消毒を行うなど感染予防対策を徹底。また、すでにチケットを販売している3会場では収容人数は50%未満の集客に抑え、場内は1席ずつ間隔を空けた全席指定、各席にフェイスシールドも用意するなど、感染予防に対する最大限の配慮が行われた。

また、本ツアーに関連するプレイリストを各配信サービスにて配信することも発表されている。


リリース情報

2020.06.26 ON SALE
DIGITAL SINGLE「puff」

2020.08.28 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Lucky Star」

2020.09.04 ON SALE
DIGITAL SINGLE「XXKK」

2020.09.11 ON SALE
ALBUM『MY NAME IS…』
※ファンクラブ限定発売


ライブ情報

KODA KUMI 20th ANNIVERSARY TOUR 2020 MY NAME IS…
10/04(日)福岡・マリンメッセ福岡 13:00~ / 19:00~
10/10(土)愛知・日本ガイシホール 13:00~ / 19:00~
12/05(土)東京・国立代々木競技場第一体育館 ※詳細後日発表
12/06(日)東京・国立代々木競技場第一体育館 ※詳細後日発表


倖田來未 OFFICIAL YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/KODAKUMINET

倖田來未 OFFICIAL Twitter(@KODAKUMINET)
https://twitter.com/KODAKUMINET

倖田來未 OFFICIAL Instagram(@kodakumi_official)
https://www.instagram.com/kodakumi_official

倖田來未 20th 特設サイト
https://rhythmzone.net/koda/20th/

倖田來未 OFFICIAL WEBSITE
https://rhythmzone.net/koda/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人