HYDE、『HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde』初日に戦闘的かつアグレッシヴさに特化した本質を発露

■「茶の間〜!」「デジタルで繋がってるわけだから、生き霊を飛ばして、かかってこいや!」(HYDE)

9月5日に<Acoustic Day>からスタートした『HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde』の<Rock Day>初日が、Zepp Haneda(TOKYO)で行われた。

今回のライヴは、9月5日・6日・7日を<Acoustic Day>、9月11日・12日を<Rock Day>と称して実施される5日間の公演で、有観客&配信の両方で参加できるライヴとなっている。

コロナ感染症拡大の予防対策として、会場で観られる公演チケットの販売は“会場収容人数(椅子使用時)50%以下”かつ“公演日に東京都に在住のファンクラブ会員が対象”となっており、配信LIVEとしてはSHOWROOMの有料ライヴ機能“Premium Live”で生配信された。

またHYDE Official Twitterで「スタッフ含め142人全員PCR検査が陰性」とHYDEが発信。コロナ対策に万全を期して臨んでいるライヴとなっている。

そして、この日の<Rock Day>から、生配信の視聴者を会場客席に設置した巨大LEDスクリーンに投影する、SHOWROOMの新システム“SHOWROOM Arena (β)”が初導入。

その<Rock Day>初日となった9月11日の公演では、HYDEが1曲目から客席フロアに設置された玉座に座って歌唱。1階フロアに観客の姿はなく、設置されているのは2台の大型LEDスクリーンのみ。そのLEDスクリーンには、HYDEのライヴを配信で鑑賞中のたくさんのファンの姿が投影されていた。

「茶の間〜!!」とHYDEが叫び、あたかもフロアに人がいるかのように煽る。配信を観ているファンのボルテージは一気に最高潮まで上がり、叫べない代わりに、SHOWROOMのコメントや、SNSなどで声援を送る。配信ライヴでしか味わえない至近距離のHYDEに、視聴中のファンは卒倒寸前だ。

途中、ブラックライトで光る特殊な舞台セットが、ダークで不気味な雰囲気を演出。配信ライヴであることを意識した数々のギミックが仕込まれており、観ているファンの心を掴み、離さない。

この日は3月に発売したシングル「BELIEVING IN MYSELF/INTERPLAY」から「INTERPLAY」をライヴ初披露。

そしてハイライトは、新曲「LET IT OUT」。HYDEは「ワクワクしてるでしょ? 控えめに言ってもカッコええで」と宣言。

この「LET IT OUT」は11月25日にシングルで発売。CD発売に先駆けて11月6日に先行配信されることも決定した。

MCでは、「2020年、こんなになるとは思わなくて、プランは全部パーになったけど、何かできることはないかなと考えた結果がこれで。(LEDスクリーンを前にして)デジタルで繋がってるわけだから、生き霊を飛ばして、かかってこいや!! もっとはっちゃけろ!」と煽った。

9月5日・6日・7日と3日間行われた<Acoustic Day>が、内なる秘めた思いを楽曲に乗せ、語るライヴだったならば、その思いをすべてぶちまけたとも言える、戦闘的かつアグレッシヴさに特化したHYDEの本質が見られた<Rock Day>初日のライヴだった。


リリース情報

2020.07.29 ON SALE
Blu-ray&DVD『HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL』

2020.11.06 ON SALE
DIGITAL SINGLE「LET IT OUT」

2020.11.25 ON SALE
SINGLE「LET IT OUT」


『HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde』の詳細はこちら
https://hydelive2020.hyde.com/

HYDE OFFICIAL WEBSITE
https://www.hyde.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人