容姿端麗なルックスと、垂涎の美ボディ! 劇団4ドル50セント・立野沙紀、『ヤングアニマル』グラビアページに登場

■お気に入りは、赤いワンピースのカット!「大人っぽい衣装と幼さが残る笑顔のギャップが、より等身大の自分を引き出せているかなと思う」(立野沙紀)

秋元 康がプロデュースを手がける“劇団4ドル50セント”の女優・立野沙紀(たての さき)が、本日9月11日発売の『ヤングアニマル』18号のグラビアページに登場。

自然な笑顔と透明感溢れる健康的美ボディを惜しみもなく披露し、「飾りすぎずナチュラルな自分の姿を残せるよう意識しました」とアピールしている。

また、自身のお気に入りとして赤いワンピースのカットをあげ、「大人っぽい衣装と幼さが残る笑顔のギャップが、より等身大の自分を引き出せているかなと思う」とコメント。

“驚異の顔面偏差値”と称される容姿端麗なルックスと、あどけなさ残るキュートな仕草で、自然体の彼女を感じられるファン垂涎の仕上がりとなっている。

立野は、劇団4ドル50セントの女性メンバーの中では25歳と最年長でありながら、その年齢を感じさせない美貌で“史上最もかわいい劇団員”と話題を集め、舞台やドラマだけでなく雑誌やバラエティ番組への出演も急増中。

『キューティーハニー』や『左ききのエレン』といった人気原作の舞台化作品への出演も控えており、今後も女優業を中心にマルチな活躍が期待されている。

立野沙紀 コメント
今回、過去にご一緒したことがあるスタッフさんが多く、いつもは現場で人見知りをしてしまうのですが、最初からとてもアットホームな雰囲気で撮影ができました!
こうやって回を重ねるごとに、いろんな方と知り合い、人の繋がりが出来て、スタッフさんとも緊張せずいっぱいお話ができるようになり、気持ちにも余裕が出て、撮影が楽しくなっていることを実感しています!
今回の見どころは「等身大の自分」です! 25歳の女性は大人なようで、でもまだあどけなさが残っている。そんな飾りすぎず、ナチュラルな自分の姿を残せるよう意識して撮影に挑みました。
お気に入りは赤いワンピースのカットです! 大人っぽい衣装と幼さが残っている笑顔のギャップが、より“等身大の自分”を引き出せているかなと思うので、ぜひお手に取って見ていただけるとうれしいです!


『ヤングアニマル』公式サイト
https://www.younganimal.com/

立野沙紀 公式Twitter(@saki_tateno)
https://twitter.com/saki_tateno

立野沙紀 公式Instagram(@saki_tateno)
https://www.instagram.com/saki_tateno

劇団4ドル50セント OFFICIAL WEBSITE
https://www.4dollars50cents.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人