まさしく相思相愛! 三谷幸喜×香取慎吾、互いの深い信頼感を語る。「三谷さんからの要望が難しければ難しいほどそれに応えたい」(香取慎吾)

■「僕は香取さんに絶大な信頼を置いているし、彼もそれに応えてくれる。それは言えばなんでもやってくれるということではなく、なぜそれが必要なのかを彼はすべてわかっている」(三谷幸喜)

Amazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』が、9月18日にAmazon Prime Video(以下、Prime Video)にてプライム会員向けに独占配信される。

本作を手がけるのは、日本のエンターテイメント界を代表する三谷幸喜と香取慎吾のふたり。両氏のプロジェクトにAmazonが企画から参加し、製作する日本オリジナルドラマシリーズの記念すべき第1弾となる。

三谷の演出による思いがけない仕掛けの数々と、香取のユーモラスな演技。舞台でもない、テレビドラマでもない、まったく新しい形のライブ感溢れる新感覚エンターテイメントがここに誕生する。

そしてこのたび、脚本/監督を務める三谷幸喜と、主人公の舎人真一を演じる香取慎吾との深い絆の秘話が明かされた。

三谷は、「僕が多少無理な注文をしても、決して『どうしてそれをやらなければならないのですか』と聞き返すことがないのです」と語り、香取に対して高い要求を突きつけていたことを明かす。さらに、「僕は香取さんに絶大な信頼を置いているし、彼もそれに応えてくれる。それは言えばなんでもやってくれるということではなく、なぜそれが必要なのかを彼はすべてわかっている。もっと言うなら僕がお願いする前から同じことを考いた、そんな気さえするのです」と続け、香取に対する深い信頼を語った。

三谷は、演出の中で生まれた発想を、その場で取り入れていくことがある。台本では表現しきれない現場の空気感を感じ取り、演出に変化を加えていく。そんな三谷の演出に関して、香取は、「三谷さんからの要望が難しければ難しいほど、それに応えたいですね。短い時間の中で、監督の思い描いたものを、監督以上にできたらと、楽しんでやっています」と三谷から求められるものが高ければ高いほど、それに応えていくのが楽しいと語った。

お互いの深い信頼関係が明らかとなった三谷と香取は、1999年以降、これまで何度も舞台やドラマ、そして映画でタッグを組んでいる。なかでも、香取の主演作は6本にも及び、ふたりの相性の良さが伺える。三谷は「本作も元々は香取さんを主演において、何かやりたいと始まった企画です」と語り、本作の企画も香取ありきでスタートしたことを話しながら「そこにいるだけ で、観る者を楽しくさせる“舎人真一”。まさにコメディアンとしての香取さんの本領発揮です」と続け、香取の個性を最大限に引き出すことができたことを話した。

数々の作品で日本に“笑い”を届けてきた三谷幸喜と、バラエティやドラマ、舞台で様々な個性的で強烈なキャラクターを演じてきた香取慎吾。日本が誇るスタッフ/キャストがAmazonと組んで仕掛けるあらたな挑戦は、いったい我々にどんなあらたなエンターテイメントの可能性を見せてくれるのか? 今から期待に胸が高まる。


配信情報

Amazon Original ドラマシリーズ『誰かが、見ている』
9月18日(金)よりAmazon Prime Videoにて独占配信
脚本/演出:三谷幸喜
出演: 香取慎吾、佐藤二朗、山本千尋、長野里美、宮澤エマ、夏木マリ
ゲスト出演:くっきー!(野性爆弾)、西田敏行、高嶋政宏、寺島進、稲垣吾郎、山谷花純、近藤芳正、松岡茉優、橋本マナミ、八嶋智人、さとうほなみ、小日向文世、大竹しのぶ、新川優愛、小池栄子(登場順)
制作プロダクション:株式会社 ギークサイト、株式会社ギークピクチュアズ
(C)2020 Amazon Content Services LLC


『誰かが、見ている』公式 Instagram(@darekagamiteiru)
https://www.instagram.com/darekagamiteiru/

『誰かが、見ている』公式 Twitter(@darekagamiteiru)
https://twitter.com/darekagamiteiru

『誰かが、見ている』作品ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B08H53YRZ6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人