『おいしい小説文庫』アンバサダー・のん、“自炊”を語る。「ことごとくうまくいかない(笑)」

2020.09.08

■『おいしい小説文庫』第2弾(9月分)刊行を記念して、のん直筆サイン本のプレゼント企画も実施!

食小説を通して読者の皆様の心と生活に彩りを添えられたら――そんな思いのもと立ち上げられた、小学館の、“食”に関する新レーベル『おいしい小説文庫』。現在3ヵ月ごとに、レシピ、グルメ、レストランなど食に特化した小説を刊行中だ。

本レーベルのアンバサダーを務める女優/創作あーちすと・のんが第2弾(9月分)刊行にあたって、メッセージを寄せた。

「すずさん役を演じた映画『この世界の片隅に』では、食事シーンがたくさんありました。
そのときに、“食べること”はいちばんストレートな幸せなんだ、と思いました。
毎日食べること、“ああもうすぐ夕飯だ”と考えること、“明日なにを食べようかな”と楽しみにすること……。
どれも日常の小さな幸せで、生活を満たすものだと思います。
コロナ禍で大変なことがたくさんあるけれど、小説を読んで幸せな気持ちになれたら、その時間が支えになるのではないかと思います」

ちなみにのんは、コロナ禍で在宅生活を余儀なくされるなか、自炊を続けているとのこと。その間、作った料理について尋ねると――。

「竜田揚げを何度も作りました。
そして、ことごとくうまくいかない(笑)。
最初は生焼けで火が通っていなかった。
2回目は半分にして小さくして揚げたら火は通ったけど、サイズ感に納得いかず。
3回目は大きさを元に戻したけど黒こげになって、4回目も同じ結果。
5回目は期間が少し空いたから勘がもどってなくて、これも失敗。
誰か作り方教えてください……」

とのこと。6回目の結果が気になるところだ(笑)。

なお、『おいしい小説文庫』第2弾(9月分)刊行を記念して、アンバサダー・のんの直筆サイン本が4名に当たるプレゼント企画がスタート。当選者には、希望の名前をのんが記入した本がプレゼントされる。

【応募方法】
『おいしい小説文庫』9月刊の4冊(『月のスープのつくりかた』『海近旅館』『ラーメンらーめんラーメンだあ!』『雨のち、シュークリーム』)の帯にあるQRコードよりアクセス。応募フォームに記入する。

【締め切り】
2020年11月30日(当日24時まで)
※当選者の発表は、商品の発送をもって替えさせていただきます。


『おいしい小説文庫』第2弾(9月分)の詳細はこちら
https://www.shogakukan.co.jp/news/275854

のん OFFICIAL WEBSITE
https://nondesu.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人