松田聖子×財津和夫が37年ぶりにタッグ! 新曲「風に向かう一輪の花」配信スタート&ティザー映像公開

■松田聖子40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』全収録曲も発表!

松田聖子と財津和夫が37年ぶりのタッグを組んだ新曲「風に向かう一輪の花」の配信がスタートし、ティザー映像が公開された。

本日9月9日に40周年記念アルバムから先行配信された新曲「風に向かう一輪の花」は、「夏の扉」「白いパラソル」「チェリーブラッサム」「野ばらのエチュード」など松田聖子の数々の代表曲を手掛けた財津和夫が作曲、作詞は松田聖子自身が担当。この作詞作曲のタッグは、なんと「小さなラブソング」以来37年ぶりとなる。

この曲は、実は歌詞が先に出来あがっていた。40周年を迎えるに際し、その心境を本人が歌詞として書き綴っていたのだ。そのとき自然と出てきたのは、長い間ずっと応援してくれたファンへの感謝の気持ち、そしてまだまだ進んでいくという決意だった。

松田聖子から作曲のオファーを受けた財津和夫は、「詞を読んだときに“これはファンに向かって歌う曲なんだな”と確信めいたものがありました。ステージ上でファンの皆様へ向けて、聖子さんがこの曲を歌っている姿をイメージしながらメロディを考えました。歌詞にある“まっすぐな気持ち”はファンに向けての言葉だと思いますし、“永遠がうまれる”は聖子さんのカリスマ性を思わせ、“舞う”は三拍子を思わせてくれました」とコメント。

完成した楽曲には、松田聖子が真摯に歩んできた“力強さ” と“素直さ”が同居しており、このタッグならではの、ファンへのメッセージソングとなっている。

そして、松田聖子自らのアイデアを元にディレクションが行われた、新曲「風に向かう一輪の花」のティザー映像も本日解禁。かわいらしいイラストともに、活き活きとした姿を見せる松田聖子の最新映像となっている。イラストは、松田聖子が好きな新進気鋭のグラフィックデザイナー、塩澤偉史(シオザワ ヨシフミ)による。

そして、ジャケット写真が話題の、9月30日リリースの松田聖子40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』(読み方:セイコ マツダ トゥエンティ トゥエンティ)の収録曲が全曲発表になった。あらたに発表された楽曲は、名曲のリレコーディング「セイシェルの夕陽~40th Anniversary〜」「 赤いスイートピー English Version」や、新曲2曲を含む全10曲。初回限定盤とUM STORE盤のみ、ボーナストラックとして「瑠璃色の地球 2020 Piano Version」が収録され、全11曲となる。

先に発表となった「いちご畑でFUN×4」は同作品のCDのみに収録されるエクスクルーシブな楽曲となっている。

松田聖子 コメント
皆様にあたたかい応援をいただき、今年、デビュー40周年を迎えることができました。
本当にありがとうございました。
そして、9月30日に、40周年記念のアルバム『SEIKO MATSUDA 2020』をリリースさせていただくことになりました。
このアルバムは、これまでの40年間の輝く想い出と未来への希望が詰まったアルバムです。
皆様に聴いていただけましたら幸せです。
これからも、いつも感謝の気持ちを胸に頑張っていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


リリース情報

2020.07.05 ON SALE
DIGITAL SINGLE「瑠璃色の地球 2020」

2020.09.09 ON SALE
DIGITAL SINGLE「風に向かう一輪の花」

2020.09.30 ON SALE
ALBUM『SEIKO MATSUDA 2020』
<収録曲>
01.瑠璃色の地球 2020
02.セイシェルの夕陽〜40th Anniversary〜
03. 赤いスイートピー English Version
04. SWEET MEMORIES〜甘い記憶〜(マクドナルド「ごはんチキンタツタ」CMソング)
05.いちご畑でFUN×4
06.風に向かう一輪の花
07.La La!! 明日に向かって(テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」エンディングテーマ曲)
08.40th Party
09.そよ風吹いたら〜I can hear the sound of the waves〜
10.赤いバラ手に抱え
※Bonus Track
11.瑠璃色の地球 2020 Piano Version(初回限定盤/UM STORE盤のみ収録)


松田聖子 40周年記念スペシャルサイト
https://sp.universal-music.co.jp/matsuda-seiko/40th/

松田聖子 OFFICIAL WEBSITE
http://www.seikomatsuda.co.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人