HYDE、『HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde』をスタート!「みんなに会えて良かった!」

■HYDE、ライヴの模様はSHOWROOMの有料LIVE機能“Premium Live”でも生配信!新システム“SHOWROOM Arena (β)”も初導入

HYDEの『HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde』が、本日9月5日にZepp Haneda(TOKYO)でスタートした。

今回のLIVEは9月5日・6日・7日を<Acoustic Day>、9月11日と12日を<Rock Day>と称して実施される5日間の公演で、有観客&配信の両方で参加できるLIVEとなっている。

コロナ感染症拡大の予防対策として、会場で観られる公演チケットの販売は“会場収容人数(椅子使用時)50パーセント以下”かつ“公演日に東京都に在住のファンクラブ会員が対象”となっており、配信LIVEとしてはSHOWROOMの有料LIVE機能“Premium Live”で生配信された。

Rock Dayでは生配信の視聴者を会場客席に設置したパネルに投影するSHOWROOMの新システム“SHOWROOM Arena (β)”が初導入されるLIVEとしても本公演は注目されている。

また公演前日、HYDE Official Twitterで、「スタッフ含め142人全員PCR検査が陰性」とHYDEが発信し、コロナ対策に万全を期して臨んでいる。

その初日となった9月5日の公演では、今年3月に発売した「BELIEVING IN MYSELF」や「MAD QUALIA」などがアコースティックアレンジで披露され、HYDEがMCで

「久しぶりです。まさかこんな形でライヴを再開することになるとは思いもしなかった。でもみんなに会えて良かった! みんながいると、すごくうれしいです」

「今回どのようにライヴを開催するか考えていたときに、ちょうど7月の『ミュージックステーション』でライヴ配信をやって。(会場内に)お客さんがいなくてもインターネットを通して繋がっていることに感動したんです。それがきっかけで今回こういう形でライヴを開催してみようと思いました」

と語りかけるなど、自身のソロライヴが久しぶりに実現した喜びを会場にいるファン、そして配信で観てくれているファンとともに分かち合うメッセージも送られた。

約9ヵ月ぶりのワンマンソロライヴを自身でも噛みしめながら、本来は今日演奏する予定ではなかった曲を急遽披露するなど全17曲をこの日のためのアコースティックアレンジで歌い上げ、新しい形でのライヴに確かな手応えを感じていた。

『HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde』は、9月12日まであと4公演が開催される。

PHOTO BY 岡田貴之


リリース情報

2020.07.29 ON SALE
Blu-ray&DVD『HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL』


『HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde』の詳細はこちら
https://hydelive2020.hyde.com/

HYDE OFFICIAL WEBSITE
https://www.hyde.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人