見届人の上地雄輔、ティモンディ・高岸宏行も感涙! 新庄剛志、名門女子野球部3年生とスペシャル引退試合を開催

■「僕のことを知っててくれてホッとした。だって僕が引退したときはみんな4歳でしょ(笑)」(新庄剛志)

9月12日にTBSで放送される『炎の体育会TVSP』(一部生放送)に、阪神タイガース、北海道日本ハムファイターズ、メジャーリーグで活躍し、48歳でプロ野球への現役復帰を目指す新庄剛志が出演。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国大会が中止となってしまった、強豪女子野球部の3年生とスペシャル引退試合を開催することが決まった。

番組では以前、「引退試合の相手は俺だ」と題した全国の卒業生へのドリーム企画を発表しており、今回が記念すべき初開催となる。

対戦相手をまったく知らされていなかった全国大会優勝候補の京都・福知山成美高校女子野球部員の目の前に新庄がサプライズ登場。部員たちから大歓声があがり、新庄は「僕のことを知っててくれてホッとした。だって僕が引退したときはみんな4歳でしょ(笑)」と安堵の表情を浮かべた。

対決ルールは、ピッチャー新庄剛志 vs 福知山成美高校最強打線の3回勝負! 3回のうちに1点でも得点できれば学生の勝利となる。現役時代に何度もピッチャーとしてマウンドに立った新庄は「今でも120キロ超えは余裕。打てたらスゴいと思う。全力で投げる!」とパーフェクトに抑える自信たっぷり。

一方、福知山成美高校の長野監督も、部員たちに「形はどうでもいい。自分のやってきたことをすべて出し切って、一生懸命、悔いのないように挑もう。勝つよ!」とドリーム企画でも勝利へのこだわりとエールを贈った。

そして勝敗が決したあと、見届け人としてこの対決を観戦した、元横浜高校野球部キャッチャーで俳優・歌手の上地雄輔は「3年生にとって最高の思い出になった素晴らしい対決でした」とねぎらい、元済美高校野球部レギュラーのティモンディ・高岸宏行は「3年生最後の試合、僕も当時を思い出して涙が止まりませんでした」と感動の涙を流した。

最後は感動の涙で溢れた『炎の体育会TV』ドリーム企画「引退試合の相手は俺だ」。初開催の新庄剛志 vs 名門女子野球部最強打線の勝者は、はたしてどちらか!? 9月12日19時から放送の『炎の体育会TVSP』をお見逃しなく!

(C)TBS


番組情報

TBS『炎の体育会TVSP』
09/12(土)19:00~21:00

[出演者]
司会:今田耕司 蛍原徹(雨上がり決死隊)
レギュラー:あき竹城 上田竜也(KAT-TUN)春日俊彰(オードリー)勝俣州和 傳谷英里香 宮川大輔 ※50音順
スペシャルゲスト:新庄剛志
対戦相手:福知山成美高校女子野球部員
対決見届け人:上地雄輔 高岸宏行(ティモンディ) ※50音順


『炎の体育会TV』番組サイト
https://www.tbs.co.jp/taiikukaitv/


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人