M!LK 吉田仁人がギャップ萌えに“囚われる” – SHE’S「Ugly」【吉田仁人のごーしちごー】

2020.09.03

感銘を受けたアーティスト・楽曲・ライブ……M!LKのリーダーである、吉田仁人が“惹かれる音楽”について、自身の言葉で綴っていく。


【吉田仁人のごーしちごー】
第六句 SHE’S「Ugly」
(4th Album 『Tramicomedy』収録曲)

吉田仁人が早くもスランプ!? 危機的状況を脱するきっかけとなった「Ugly」

六句目。だんだん何句目かを数えるのが難しくなってきました。 たぶん、そう感じるには早いと思いますが……(笑)。

早速ですが、“今日のごーしちごー”。

「成りたけりゃ なりきることから 始めよう」

最近この連載で、何を書いていいかがわからなくなってしまってパタリと筆が止まってしまいました。Dr.スランプですね。きぃーーーん。

ですが、改めてこの企画の軸について考えた結果、抜け出すことができました。 もっと肩の力を抜いて、純な気持ちで“音楽を楽しむ”ということに専念すればいいのだな、と。

今回は、“今”がなんかしっくり来ない方や、前に進みたい方にこちらの曲をお届けしたいと思います。

SHE’S 「Ugly」です。

「Ugly」が収録されているアルバム『Tragicomedy』

ファンの方の知識にはもちろん劣りますが、SHE’Sは他にもいろいろな曲を聴いています。その中でも、これはすごく珍しい曲だなと思いました。

今までSHE’Sに僕が持っていた“透明感”や“清潔感”といったイメージとはかけ離れた、攻撃的で妖艶な曲で、心にぶっ刺さりました。これがいわゆるギャップ萌え……?

SHE’S

MVも、色彩や織田梨沙さんのミステリアスな表情、とにかく引き込まれる内容で何度も観てしまいます。僕はこの曲を聴いていると、目の前の霧が晴れるような気がします。とにかく前に進み続けなきゃいけない、それが自分のやりたいことだ! というようなエネルギーの源泉をくすぐられます。

僕が思うに、現状を保つことにももちろんエネルギーは必要ですが、今を打破してあらたなステージに進もうとするには、自分でもわかり得ない労力・犠牲・ストレスが必要になります。

だから怖いとも思うし、なかなか踏み出すことができない。でもそこを抜ければ、想像以上の景色が待っていると思うんです。 そんな自分を支えてくれるのは、音楽。

この曲は、頑張っている人にかなりのエネルギーを与えてくれます。

なりたい自分や夢がある方は、今その場所にいる奴になりきっちゃうことから始めていきましょ! ハッタリでも突き通せば板についてくると、僕は思います。

TEXT BY 吉田仁人(M!LK)


プロフィール

M!LK

ミルク/佐野勇斗、塩﨑太智、曽野舜太、山中柔太朗、吉田仁人。スターダストプロモーションに所属する5人組ボーカルダンスユニット。

M!LK OFFICIAL WEBSITE
http://sd-milk.com/

吉田仁人 OFFICIAL Instagram
https://www.instagram.com/yoshida_jinto_milk/


リリース情報

2020.09.30 ON SALE
ALBUM『HOME MADE CHU!?』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人

  • 吉田仁人(M!LK)

    吉田仁人(M!LK)

    スターダストプロモーションに所属する5人組ボーカルダンスユニット・M!LKのリーダー。メンバーは佐野勇斗、塩﨑太智、吉田仁人、曽野舜太、山中柔太朗。