のん、『おうちで観るライブ』で自身の3年間のミュージシャン活動を振り返る。「あ〜ライブしたいね!」

■リハーサルで初めて会ったときに、のんのギターの腕前に驚いたという、ひぐちけい(g)。「正直、ナメてましたもん」のコメントに、チャットが大受け(笑)。のんは思わず苦笑い!

のんが、8月29日、東京・目黒区内のカフェで無観客ライブ『のんおうちで観るライブvol.3.5-KAIWA(RE)CORD3周年記念』を開催。動画配信サイトを通じて生配信した。

『のんおうちで観るライブ』は、のんが自身のバンド、のんシガレッツのギタリスト、ひぐちけいと共に開く無観客ライブ配信企画。5月に第1回が行われ、みんなのお部屋がライブハウスになる! というコンセプトの元、のん、ひぐちけいが演奏曲や衣装を、それぞれプレゼンして決めていく、バトル形式のライブ企画が実施されてきた。

この夜はシリーズ第4弾。第4弾なので本来ならタイトルに4.0と記されるところだが、のんが始めたレーベル「KAIWA(RE)CORD」が3周年を迎えるということで、通常のバトル形式ではなく、ミュージシャンとしての3年間を振り返る特別企画のため、タイトルに3.5と付けられた。

【ライブレポート】
20時ちょうど、配信の画面には、これまでの衣装、グッズTシャツにポスターやフライヤーが所狭しと並べられたステージが映し出される。まるでのんの自宅から中継しているようなステージだ。のんは愛用の真っ赤なテレキャスターを抱えて右側に、サイドテーブルを挟んでディスタンスを取って、ひぐちけいは左サイドに座る。先ずはサディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにおねがい」でライブはスタート。2017年8月の『ワールド・ハピネス』出演時に披露した曲で、1stカセット『KAIWA(RE)CORD オヒロメ・パック』に収められた、のんのデビュー曲だ。

「『ワールド・ハピネス』に出演させていただいて、のんの音楽人生が始まりました!」と『ワーハピ』出演時の映像を流しながら、初めてのライブパフォーマンスの思い出を語る。

この日は「KAIWA(RE)CORD」3周年企画ということで、3年前から現在までの音楽キャリアを時系列で振り返っていく内容。バンド、ノン・シガレッツとの出会いは2017年10月29日、女子美術大学・相模原キャンパスで行われた学祭ライブでの共演。ひぐちけいはリハーサルで初めて会ったときに、のんのギターの腕前に驚いたという。「正直、ナメてましたもん」と話すと思わずのんも苦笑い。配信画面のタイムラインにも、この発言に大受けするコメントが溢れる。

生配信の面白さは、このライブチャット機能。のんとひぐちけいの前にタブレット端末が置かれ、ふたりは本番中、随時チャットをチェック。時には、その書き込みを読み上げる。なんだかラジオの生放送の収録風景を観ているようだ。

のんは、RCサクセションの大ファン。デビューカセットに、RCの「I LIKE YOU」のカバーが収められたほど。2018年9月には、憧れの仲井戸麗市(CHABO)と日比谷野外音楽堂での共演が実現! するはずだったが、当日関東に台風が直撃し、残念ながら中止に。

ひぐちが、野音のリハーサル時に、仲井戸から「けい!」と下の名前で呼ばれたことを、鼻を膨らませて自慢すると、私は「のんちゃんだった……」と呼び捨てされなかったことに悔しそう。ふたりのやり取りはライブチャットでも大爆笑。

この流れで、「I LIKE YOU」と、矢野顕子が清志郎をイメージして、のんに書き下ろした「わたしはベイベー」の2曲を演奏。CD盤と違った、ふたりのアコースティックギターでアレンジされたバージョンは素晴らしく、タイムラインにもこのバージョンでの音源化リクエストが多く寄せられた。

9曲目の「僕は君の太陽」は、のんとひぐちの共作曲で、この時点での最新曲。2月に放送された『KAIWA FES Vol.2』のオープニング映像用に書かれたものだ。番組で使われた曲はビートの効いたダンスエレクトロチューンだったが、のんが詞を加えてアレンジも一新。「あれがこれになりました! 聴いてください」と披露したのは、ひぐちの激しくかき鳴らすアコギをフィーチャーしたスパニッシュ風に大変身した「僕は君の太陽」。今後、ライブでの演奏に期待が高まる。

続いてのトークでは、大友良英とSachiko Mとのユニット、“のんとも。M”で新アルバムをレコーディングしていることを明かす。ひぐちけいも参加しているというこのアルバム、近々発表されるリリース情報を楽しみに待とう。

最後は、事前にTwitterで募集されたリクエストでいちばん多かった「この街は」をパフォーマンス。アルバム『ベビーフェイス』に収められ、3月11日にNHK出演した際にはバックに流れた、岩手にエールを贈る思いで書かれた楽曲だ。意外にもライブで演奏するのはこの日が初めて。ひぐちの爪弾くアコースティックギターに重ねるように、のんがしっとりと歌い『のん おうちで観るライブ』を締めた。

新型ウィルス感染拡大で、観客を入れてのライブ自粛が続いている。そんな中、のんは、2月28日の東京・EXシアターでの『KAIWA FES Vol.2』を無観客で開催することを早々に決定。また、5月には、まだ無観客でのライブ有料配信が少なかった時期に『のん おうちで観るライブ』シリーズをスタートさせた。

コロナ禍で仕事が減っているスタッフやミュージシャンの少しでも力になりたいと始めた「KAIWA(RE)CORD」代表としてののんの矜持でもあった。のんにとって、オーディエンスを入れてのライブ活動は不要不急ならぬ「必要必須!」事項。上映された過去のライブ映像を観て「あ〜ライブしたいね!」としみじみ語っていた。

いち早く、観客の前で歌うライブの再開を願って、1時間45分に及んだ配信ライブ『のん おうちで観るライブ vol.3.5 -KAIWA(RE)CORD 3周年記念』は終了。次回の『おうちで観るライブ』の開催日は近々に発表予定。また、この日のライブの模様は9月8日23時59分までアーカイブ視聴できる。

PHOTO BY Kentaro MINAMI

<セットリスト>
01. タイムマシンにおねがい
02.スーパーヒーローになりたい
03.さあいこう
04.へーんなのっ
05.I LIKE YOU
06.わたしはベイベー
07.涙の味、苦い味
08.わたしは部屋充
09.僕は君の太陽
10.この街は

出演:のん、ひぐちけい


配信情報

NON OUCHI DE MIRU LIVE vol.3.5(#のんおうちで観るライブ)
08/29(土)20:00~21:30(約90分)
※見逃し視聴期間:〜09/08(火)23:59まで
出演:のん、ひぐちけい


見逃し配信チケットURL
https://speedylive-non.zaiko.io/_item/329618

のん OFFICIAL WEBSITE
https://nondesu.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人