GACKT出演、オリオンビール新CMが沖縄エリアでOA!「沖縄の人間にとって誇りです」

2020.08.31

■「ウチナーンチュ(沖縄人)としての誇り、魂があるから、歯食いしばって頑張ってこれた」(GACKT)

オリオンビール株式会社が、沖縄出身で国内外で活躍するGACKTをCMキャラクターとして起用した“オリオンザ・ドラフト”の新CMが、9月2日より沖縄エリアでオンエア開始される。

6月9日にリニューアルしたオリオンビールの基幹製品“オリオンザ・ドラフト”は、ドラフトビールの最大の特徴である飲みやすさはそのままに、希少な伊江島産大麦を使用したオリオン史上初“沖縄クラフト”と呼べるビール。

オリオンビールでは、商品を通じて沖縄素材の魅力や沖縄クラフトである誇りを国内外に発信。今回こうした想いから、現在海外に拠点を置き、タレントのみならず実業家としても活躍するGACKTを起用し、新CMを展開することになった。

2019年10月の首里城火災、その後の新型コロナウイルス感染症拡大により、沖縄県経済が難しい状況であるなか、沖縄経済や県民を活気づけたい想いから、GACKTにとっては愛する沖縄への愛を語るCMになる。

対談形式となるCMでは、GACKTが沖縄出身のアスリートやアーティストとの対談を実施。GACKTのウチナートークに注目だ。

GACKTコメント
Q:海外にお住まいのGACKTさんは、来日するのも大変なこのような状況のなか、オリオンビールのCMをなぜ引き受けたのでしょうか?
オリオンビールの顔になるということ、こうやって一緒に仕事ができることは、沖縄の人間にとって誇りです。自分がウチナーンチュ(沖縄人)として沖縄をどうやって元気付けられるだろか、恩返しができるだろうか、全部含めてぜひとも今回の仕事をやってみたいと思ってます。

Q:CM撮影の感想は?
沖縄に関係している人との共演もそうだし、地元や愛する場所がある人と同じ時間を過ごして語り合うことができるっていう場が新鮮でした。人は、大切なものがあるから生きていけます。いま住む場所が沖縄から離れていても、ウチナーンチュ(沖縄人)としての誇り、魂があるから、歯食いしばって頑張ってこれました。海を前にしてそんな地元を大切にしている人たちと一緒に語り合ってビールを飲めるっていうのは、自分に対してのご褒美であり、幸せな瞬間、ほっと一息つける瞬間でもあります。撮影は大変でしたが、すごくいい時間を過ごすことができましたよ。


オリオンビール公式Youtube
https://www.youtube.com/channel/UC0aHpJ4yzFkFmISxMZ2df4Q

GACKT OFFICIAL WEBSITE
https://gackt.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人