セイント・ヴィンセント×YOSHIKI、コラボ曲「NEW YORK FEATURING YOSHIKI」を明日28日に全世界配信

■「彼女(セイント・ヴィンセント)が僕のクラシカルなアプローチで曲を完全にリアレンジすることを任せてくれて、たいへん感謝しています」(YOSHIKI)

米国・NYのブルックリンを拠点に活動するシンガーソングライター、セイント・ヴィンセント(ST. VINCENT)が、YOSHIKIと共に自身のヒットシングル「NEW YORK」をリワーク。ユニバーサルミュージックのLoma Vista Recordings / Caroline Internationalから8月28日にリリースする。

原曲の「NEW YORK」はセイント・ヴィンセントの全米でトップ10入りを果たしたアルバム『MASSEDUCTION(マスセダクション)』に収録されている楽曲。今回のリワーク作品では、YOSHIKIのクラシカルにインスパイアされたアレンジにより、原曲のほろ苦いメロディに誰もが予想だにしないあらたなテイストを加えている。

セイント・ヴィンセントとYOSHIKIのサプライズコラボレーションは、両者がジャンルを超えた独創的な音楽を追求するなかで実現。音楽のみならず視覚的にも独自のスタイルを築き上げたふたりがジャンルを超えてコラボレーションすることは、彼ら自身も予想外だった反面、自然な流れであった。

セイント・ヴィンセント コメント
リワーク作の「NEW YORK」でYOSHIKIとコラボレーションできたことはとても光栄でした。YOSHIKIとは出会ってから日が浅く、お互いに離れた場所にいましたが、すぐに打ち解けることができ、オリジナルの魅力を保ちながら繊細かつ大胆にリアレンジすることができました。

ST. VINCENT said, “It was an honor to work with the amazing YOSHIKI on this new version of ‘NEW YORK’. YOSHIKI’s arrangement added to the song in the way time or distance transform longtime friends or relationships: the original is still recognizable, but subtly and significantly altered.”

YOSHIKI コメント
アーティストとして革新的かつ勇敢にアプローチするST. VINCENTのジャンルの境界を打ち破る音楽性は、たいへん素晴らしいと思っています。X JAPANが『コーチェラフェスティバル』に参加した2018年にST.VINCENTも参加しており、今年共通の友人からお互いを紹介されて出会いました。「NEW YORK」はオリジナルがすでに名曲ですが、彼女が僕のクラシカルなアプローチで曲を完全にリアレンジすることを任せてくれて、たいへん感謝しています。ST.VINCENTのファンの皆さんに喜んでいただけることを願うと共に、僕のファンの皆さんにも喜んでいただければうれしいです。

YOSHIKI said, “As an artist, I admire how ST. VINCENT approaches music in an innovative and courageous way. Her music breaks the boundaries of genres, which is a mindset I can completely relate to. My band X JAPAN played the Coachella Festival in 2018 at the same time that ST. VINCENT performed, but at that time we didn’t meet. But this year, through mutual friends, we were introduced. In terms of ‘NEW YORK,’ it’s a great song to start with, and I’m grateful that she trusted me to fully rearrange the song with my classical approach. I hope ST. VINCENT’s fans enjoy it, and that my fans will too.”

【セイント・ヴィンセント プロフィール】
セイント・ヴィンセントことアニー・クラークは女性シンガーソングライター / ギタリストとして活躍。

The Polyphonic SpreeやSufjan Stevensのツアーメンバーとして活動を開始。2007年にデビューアルバム『Marry Me』を発表。09年、2ndアルバム『Actor』を4ADよりリリース。2011年、3rdアルバム『Strange Mercy』をリリースし、著名媒体の年間ベストリストに軒並みランクイン。12年、David Byrne(元Talking Heads)とのコラボ作『Love This Giant』をリリース。14年、セルフタイトルの4thアルバム『St. Vincent』をLoma Vista Recordingsよりリリースし、『第57回グラミー賞』で「最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム」を受賞。

17年10月、5thアルバム『MASSEDUCTION』をリリース。『第61回グラミー賞』では、「最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」にノミネートされ、「最優秀録音パッケージ」「最優秀ロック・ソング」を受賞し、21世紀のインディーロックの女王として確固たる地位を確立。端正なルックスの意表を突くワイルドなギタープレイも魅力のひとつ。


リリース情報

2020.08.28 ON SALE
St. Vincent featuring Yoshiki
DIGITAL SINGLE「NEW YORK FEATURING YOSHIKI」


ST. VINCENT OFFICIAL WEBSITE
http://ilovestvincent.com/

YOSHIKI OFFICIAL WEBSITE
https://www.yoshiki.net


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人