映画『弱虫ペダル』公開御礼舞台挨拶で、永瀬廉×伊藤健太郎×坂東龍汰が「青春」をテーマに川柳対決!

■「<プール後の 塩素の匂いと 夏の風>。わかってもらえる情景だと思います」(King & Prince・永瀬廉)

映画『弱虫ペダル』の公開御礼舞台挨拶が、8月25日、東京・丸の内ピカデリーにて行われ、キャストの永瀬廉(King & Prince)、伊藤健太郎、坂東龍汰が浴衣姿で登壇した。

累計2,500万部突破の人気スポーツ青春漫画『弱虫ペダル』を実写化。全国レベルの強豪校・総北高校自転車競技部を舞台に、高校生の熱い青春が描かれる。

主人公のアニメ好きの高校生・小野田坂道役を演じるのは、King & Prince の永瀬廉。同じ自転車競技部の仲間として伊藤健太郎、坂東龍汰、竜星涼、柳俊太郎、菅原健ら人気上昇中の俳優陣が集結し、本気で自転車競技に挑戦。CGいっさいなしの迫力満点の走行シーンも大きな話題となっている。
※「柳俊太郎」の「柳」は、俗字が正式表記。

8月14日に公開初日を迎え、週末興行ランキング新作実写邦画第1位を獲得し、3日間の累計興収は約2.5億円、鑑賞後のアンケート調査では満足度が驚異の98.5パーセントを記録するなど、今年いちばん熱い青春ストーリーとして大ヒットスタートを切った本作。

「コミック原作実写化のいちばんの成功例」
「何度でも観たい!」
「この夏、最高に熱い青春映画!」
「感動していっぱい泣いた」

など絶賛の声が寄せられている。

【イベントレポート】
主演の永瀬をはじめ伊藤、坂東の総北高校自転車競技部1年生3人組が登場すると、3人が会場からの熱い拍手で迎えられ、舞台挨拶がスタートした。

映画を観終えたばかりの熱気冷めやらぬ会場の雰囲気の中、永瀬は公開後の反響について聞かれると「周りの人からの反応も良くて、何回、観ても楽しめる! と言ってもらえてうれしいです!」と語った。

本作が、本気で自転車競技に挑む姿がカッコイイ! と話題になっていることから、お互いが思う、カッコいいシーンについて話すことに。

伊藤のカッコいいシーンについて聞かれた永瀬は「ドリンクのボトルを思いっきり投げるところです!」と話すと、「わかってるねえ~!」とうれしそうな伊藤。ボトルの蓋の外れ方や、水の飛び出る範囲など緻密に計算して撮影に臨んだシーンであることを明かした。

一方の伊藤は、永瀬のカッコいいシーンとして、落車後の100人抜きのシーンを挙げ、「敵を追い抜きたいという感情よりも、仲間に追いつきたいという一生懸命な姿がカッコよかった」と語った。

また、伊藤のカッコいいシーンについて聞かれた坂東は、隊列を組んで走るシーンを挙げ、セリフにはなっていないものの、先頭で懸命にチームを引く鳴子に「鳴子、大丈夫か!?」と伊藤が励ましの言葉をかけていたという裏話を披露。さらに続けて「健太郎君の優しさが詰まっているシーンだと思いました!」と力説された伊藤は「営業妨害! キャラが壊れるからやめて! 恥ずかしい(笑)」 と苦笑いしながら答えた。

話は高校時代に戻れたらどんな青春を送りたいか、という話題に。永瀬は「担任の先生との恋愛とかしてみたかった」と話すと、伊藤は「禁断の恋だ!」と横から反応。さらに「好きって伝えるんだけど、ハタチになってまだ好きだったらお酒でも飲みながら話そう。って軽くあしらわれたい」と妄想全開の永瀬は「漫画の見過ぎ?」と恥ずかしそうに話を終えた。

また坂東は高校時代が私服登校だったことを明かし、「制服デートがしてみたかった」と発言。「どんなデートがいいの?」と永瀬に聞かれた坂東は「テーマパークとか行って観覧車に乗りたい!」とノリノリで答え、終始楽しそうな3人だった。

さらにここで、この日8月25日が“川柳発祥の日”ということで「『弱虫ペダル』川柳選手権」と称し、3人には「青春」をテーマに五・七・五で一句詠んでもらうことに。司会者からいちばんイマイチな川柳を詠んだ人には苦い“センブリ茶”を罰ゲームとして飲むことが明かされると永瀬は「普通こういうのってご褒美じゃないんですか!? 罰していくスタイルですか!」と不満そうな表情を浮かべた。

「赤い山 汗がふき出る ケイデンス」(ケイデンスとは自転車を漕ぐときのペダル)と詠んだ坂東は「鳴子の赤と、夕焼けで赤く染まる山を掛けました! 自転車で必死に上っている姿を“汗がふきでる ケイデンス”に込めました。また“ケイデンス”は坂道のイメージ、“汗がふき出る”には汗がたくさん出るほど暑い“青い”空に、今泉の青を掛けています」と解説。

「ラジオをやっているときもよく五・七・五でって言われるんですけど、苦手なんですよ! 五・七・五ってなんですか!?」と話す伊藤は「青春を 弱虫ペダルで もう一度」と詠んだ。

そして、「プール後の 塩素の匂いと 夏の風」と詠んだ永瀬は、自身の句について「わかってもらえる情景だと思います。プール後って塩素の匂いがすごかったり……窓を開けてたら夏の匂いがするじゃないですか。それをイメージしました」とコメントした。

川柳の発表後、「俺の青春は五・七・五じゃ収まらない!」と熱く語る永瀬に対し坂東が「五・七・五で、いろいろ想像させるのが川柳だから」と冷静に突っ込みを入れると、永瀬も「さっきから何!? 川柳の先生なの!?」と的確な突っ込みで返した。

そしてついに結果発表。会場の観客の判定の結果、センブリ茶は永瀬が飲むことに!「廉君のうちわとか持ったファンが多いけど、こっちに転ぶんだね(笑)」と伊藤が話すと、「わかってたよ! ファンの人は俺に飲んでほしいからこういう結果になるって!」と悔しそうな永瀬。いざセンブリ茶を飲んだ永瀬は「苦すぎて舌が痙攣してます……」と苦悶の表情を浮かべながら語り、「この会場にいる人の顔、全員覚えたからな!」と会場にいる観客に向かって宣戦布告(?)した。

最後に永瀬は、「この作品の熱さをもっと届けていきたい。もっとこの作品を愛してもらえるとうれしいです」と堂々と締めくくり、キャストたちの熱い想いと共に盛り上がった舞台挨拶は、大盛況のうちに終幕した。


映画情報

『弱虫ペダル』
大ヒット上映中
原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載)
主演:永瀬廉(King & Prince)
出演:伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、柳俊太郎、菅原健、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)・竜星涼 / 皆川猿時
監督:三木康一郎
主題歌:King & Prince「Key of Heart」
製作:「弱虫ペダル」製作委員会
配給:松竹株式会社
(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会  (C)渡辺航(秋田書店)2008


映画『弱虫ペダル』作品サイト
https://movies.shoch


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人