松尾太陽(超特急・タカシ)、ミニアルバム『うたうたい』ティザー映像公開

■松尾太陽の1stミニアルバム『うたうたい』に収録される全6曲のサビを収めたティザー映像!

9月2日にソロデビューを果たす松尾太陽が、1stミニアルバム『うたうたい』のティザー映像を、公式YouTubeチャンネルにて解禁した。

大塚 愛や堂島孝平など、豪華クリエイター陣が提供した全6曲を、アルバムテーマである“City Pops”の爽やかで芳醇な息吹を感じながら、ダイジェストで楽しむことができる。

『うたうたい』のリード曲であり、新進気鋭のマルチアーティスト、Vaundyが詞・曲を手がけた「Sorrow」のミュージックビデオは、YouTubeで公開されるや大きな注目を集め、すでに27万再生を突破。海辺を舞台に松尾が浮かべる憂いを帯びた表情から優しい笑顔、そして爽やかで力強い歌声には、

「めっちゃオシャレ」
「ずっと聴いていたい」
「勇気がもらえる」

など、称賛のコメントが多数寄せられてきた。

今回のティザームービーでは、そのミュージックビデオと未公開カットをバックに、収録曲全6曲のサビを公開。楽曲提供した大塚 愛のコーラスを伴って、ドライブシーンで爽快に見せる「mellow.P」を皮切りに、作曲:堂島孝平×作詞:浅田信一による「The Brand New Way」では、松尾自身のルーツであるCity Popsの王道を、眩しい日差しの中で伸びやかに歌唱。リアルな想いを落とし込んだ自作曲で、浴槽から空へと向かって掌を伸ばす「掌」、鮮やかに色づいてゆく映像で無限の可能性を感じさせる「Sorrow」に、She Her Her Hersが彼の星座にまで想いを馳せて制作した「libra」では、光のマジックで神秘的な魅力にも触れられる。

あたたかなサウンドに沿って、穏やかな微笑みを浮かべて浜辺を歩く「Hello」まで、約2分間のショートムービーながら、曲によって響きから色合い、高さ、柔らかさを巧みに変える、その歌声の七変化ぶりには驚かされるばかり。それぞれの曲の主人公へと、感情ごと変身できる憑依力は、ボーカリストにとって得がたい資質だ。その“うたうたい”力を堪能できる9月2日を、今から心待ちにしたい。


リリース情報

2020.09.02 ON SALE
MINI ALBUM『うたうたい』


松尾太陽 OFFICIAL WEBSITE
https://matsuo-takashi.jp/

超特急 OFFICIAL WEBSITE
http://bullettrain.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人