映画『弱虫ペダル』より、原作とコラボしたキンプリ主題歌のスペシャルPV公開

■主題歌×映画×原作のコラボに、映画『弱虫ペダル』主演のキンプリ・永瀬廉も感動!

累計2,500万部突破の大人気スポーツ青春漫画『弱虫ペダル』が、満を持して初の実写映画化。このたび、原作とコラボした、King & Princeによる本作の主題歌「Key of Heart」のスペシャルPV映像が解禁された。

映画『弱虫ペダル』は、全国レベルの強豪校・総北高校自転車競技部を舞台に、高校生の熱い青春を描いた物語。主人公のアニメ好きの高校生・小野田坂道役を、King & Princeの永瀬廉が務め、同じ自転車競技部の仲間として、伊藤健太郎、坂東龍汰、竜星涼、柳俊太郎、菅原健ら人気上昇中の俳優陣が本気で自転車競技に挑み、CG一切なしの走行シーンが迫力満点で大きな話題となっている。
※「柳俊太郎」の「柳」は、俗字が正式表記。

8月14日に全国公開を迎え、週末興行ランキング新作実写邦画第1位を獲得、3日間の累計興収が約2.5億円を記録するなど、今年いちばん熱い青春ストーリーとして大ヒットスタートを切った本作。

「最高の青春物語」
「真っ直ぐな主人公に涙」
「コミック原作実写化のいちばんの成功例」
「原作のワクワクを詰め込んだ2時間!」

など様々な感想コメントに加え、

「何度でも観たい!」
「今度はしっかりアニメを観てからもう一度観たい!」

と2ペダ、3ペダ、4ペダと思わず“おかわりペダル”する人も急増中だ。

今回解禁となった、主題歌「Key of Heart」のスペシャルPV映像は、「みんなの役に立ちたい、だから走ってる」という、坂道の決意が伝わる力強いセリフから始まる内容。

そして、King & Princeによる書き下ろし主題歌「Key of Heart」の爽やかなイントロとともに、坂道の入学したばかりの初々しい姿から、今泉との裏門坂での白熱したレース、ロードレーサーとの出会いなど、名シーンがこれでもかと目白押し! 本編とリンクする原作の名台詞、名場面も挿入されており、まさに原作ファンも必見の映画であることが伝わる映像となっている。

また、ジャニーズに入って以来、初めて前髪を短くした永瀬のオン眉丸眼鏡姿は、原作の坂道にそっくりで、かわいすぎると話題に! さらに、外見だけでなく、人と話すことが苦手な部分や、なかなか目が合わせられないところなど意識して役作りに挑み、声も普段より高く意識するなど、自らキャラクターを作り上げていった姿に、SNS上では、

「原作の坂道そっくりだった」
「永瀬廉でなく坂道がそこにいた」

など原作ファンからも納得のコメントが相次いでいる。

さらに、主演の永瀬廉から、スペシャルPV映像と本編の反響に関するコメントが到着。こちらも要チェックだ。

■永瀬廉 コメント
◇スペシャルPV映像について
自分たちの歌声に乗りながら、漫画の中の一部分や映画のレースシーンとリンクするのが感動的で、とても胸が熱くなりました!

◇本編の反響について(原作ファンから寄せられた感想など)
映画の完成度はもちろん、「原作ファンの方にも気に入っていただきたい!」という思いが強かったです。そんな中、原作ファンの方からの感想が前向きな反応も多く、今すごくうれしい気持ちでいっぱいです。
また、「山下大輝さん(※アニメ『弱虫ペダル』坂道役)と声が似ている」というありがたい感想もあるようで、
「山下さんに失礼にならないかな?(笑)」と思いながらも、素直にうれしかったです! King & Princeのメンバーも観てくれたのですが、皆すごく褒めてくれて、「泣いた」「何回でも観たい!」と言ってくれて、うれしい反面、少しくすぐったい気持ちにもなりました。

◇学生の皆さんに今伝えたいメッセージ
この状況下で、一生懸命頑張ってきた部活や試合などを諦めざるを得ない状況になった学生さんたちは、悲しい気持ちや悔しい気持ちをたくさんされたと思います。この映画が、少しでも皆さんの気持ちを前向きにするような作品になっていたらうれしいです。


映画情報

『弱虫ペダル』
8月14日(金)全国公開
原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載)
主演:永瀬廉(King & Prince)
出演:伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、柳俊太郎、菅原健、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)・竜星涼 / 皆川猿時
監督:三木康一郎
主題歌:King & Prince「Key of Heart」
製作:「弱虫ペダル」製作委員会
配給:松竹株式会社
(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会  (C)渡辺航(秋田書店)2008


映画『弱虫ペダル』作品サイト
https://movies.shochiku.co.jp/yowapeda-eiga/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人