YOASOBIの新曲「群青」が、杉野遥亮出演のブルボン“アルフォートミニチョコレート”新CMソングに決定

2020.08.22

■「群青」の配信用ジャケットのデザインを手がけたのは、YOASOBIのデビュー曲「夜に駆ける」以来のタッグとなる、東京藝術大学在学中のクリエイター・藍にいな!

“小説を音楽にするユニット”YOASOBI。2019年11月に公開したデビュー曲「夜に駆ける」は、公開直後から瞬く間に注目を集め、現在ストリーミングでは1億再生を突破。Billboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで1位、各種配信チャートでも1位をとランキングを席巻。全世界のランキングであるSpotify「バイラルトップ50(グローバル)」でも6位となり、香港や台湾、インドネシア、シンガポール、マレーシア、インドなど各国のバイラルチャートにもランクイン。TikTokでも再生数の伸びが顕著で、関連動画再生数は約3億回にのぼる。2020年5月にリリースした新曲「ハルジオン」、そして7月にリリースした「たぶん」もLINE MUSIC邦楽TOP100で1位を獲得するなど、各所で熱い注目を集めている。

そんなYOASOBIの新曲「群青」が、ブルボン“アルフォートミニチョコレート”の新CMソングに決定した。このCMは、新イメージキャラクターとして若手俳優の杉野遥亮を起用。加えて『マンガ大賞2020』で大賞も受賞している『月刊アフタヌーン』で連載中の山口つばさによる、美術大学受験をテーマにした青春漫画『ブルーピリオド』とコラボレーション。2020年9月1日より全国にてオンエアされる。

YOASOBIとして5曲目となるこの楽曲は、好きなものに没頭すること、見えたままを表現することを肯定し、聴く人の心を奮い立たせる壮大な応援歌。印象的な合唱パートには、ボーカル・ikuraこと幾田りらが所属するアコースティックセッションユニット“ぷらそにか”のメンバーも参加。新境地を感じさせるサウンドに注目だ。

配信用ジャケットのデザインを手がけたのは、「ブルーピリオド」にも登場する東京藝術大学在学中のクリエイター・藍にいな。彼女自身が芸術の道に進むきっかけになったと振り返る演劇部での体験をベースに、「まだ何者でもない青の時代」を表現した作品で、デビュー曲「夜に駆ける」以来のタッグとなった。


リリース情報

2020.07.20 ON SALE
DIGITAL SINGLE「たぶん」

2020.09.01 ON SALE
DIGITAL SINGLE「群青」


YOASOBI OFFICIAL WEBSITE
https://www.yoasobi-music.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人