JO1、満を持して『ViVi』初カバーに登場! 現場では、メンバー自らヘアメイクのアイデアを出すシーンも

■“NiziU沼”にハマった丸山礼&古畑星夏コンビが、NiziU愛をノリノリで語り合うユニークな特集も!(コスプレあり!)

『ViVi』10月号が、8月21日発売される。

■JO1が『ViVi』初のカバー! ファンとみんなで作ったJO1をたっぷり特集
3月のデビュー以来、動画クリエイターのkemioとの異色コラボや、ステイホーム期間中のリモート取材など、半年間で3度も『ViVi』に登場した話題のグローバルボーイズグループ、JO1。8月26日に2ndシングル「STARGAZER」をリリースするこのタイミングで、待望の表紙が実現した。

2018年1月号の東方神起以来となる男性グループによる『ViVi』の表紙。37年という長い歴史の中でも、男性グループが『ViVi』の表紙を飾ったのは片手で数える程度で、ONE DIRECTIONやEXOといった、いずれもグローバルに活躍するグループばかり。『ViVi』スタッフのこの表紙にかける思いがメンバーにも伝わったのか、ヘアメイクについてスタッフ同士で相談していると、川尻が「サイドを固める感じはどうですか? ここぞというタイミングで見せようと思っていたので、ぜひ『ViVi』の表紙でやらせてください!」と声があがる場面も。

表紙撮影が終わると、リーダーの與那城は「みんなー集まってー」とスタジオの外にメンバーを整列させ、ちゃんと11人いることを指差し確認して「本日は撮影ありがとうございました! これからも僕たち頑張るので、応援よろしくお願いします!」とスタッフ全員に感謝を伝えた。與那城の頼れる兄貴感に感動するのはもちろん、これからも『ViVi』はJO1を応援していこうと心を動かされたのだった。

誌面では「未来をつかむ者たち」というテーマで10pの大特集も! デビュー直後にステイホーム生活を余儀なくされたメンバーの葛藤や新曲にかける思い、なかなかアーティスト活動ができなくても見守ってくれたファンに伝えたかったこと。真面目モードなメンバーの思いがたっぷりと綴られている。

さらに今回は、JO1のメンバーへの質問や誌面でやってほしいことをTwitterを通じて事前に募集。全国のJAM(JO1のファン)から集まった多数の質問やリクエストの中から、

「1,000円渡されたらコンビニで何を買う?」
「叩いて被ってジャンケンポンが見たい!」
「ヨナシロ先輩の衣装だけ袖がないのが心配です」

といった様々な質問や要望にメンバーが答えた。

『ViVi』の名物企画「国宝級イケメンランキング」で3位に選ばれた川西は、用意してあった“叩いて被ってジャンケンポン”がどうしてもやりたかったようで、「ヘアセットが崩れるから最後にしようか」とヘアメイク担当に言われてもなお、ハンマーを握りしめ手でポコポコ練習する、少年のような一面を見せた。

河野、鶴房、大平が叩いて被ってジャンケンポンをやるなか、監督のように後ろで手を組み、眺める與那城。掛け声をするのが仕事なのか、毎回「はい、それではいきます。叩いて被ってジャンケンポン!」と良い声でゲームを仕切る場面も。

誌面にはその他の撮影裏話も掲載。彼らのわちゃわちゃしたかわいらしい様子と、ふと見せるクールでセクシーな一面の両方を堪能できる。そして、毎回好評の「毎日JO1企画」も『ViVi』の公式TwitterとYouTubeで再始動。いますぐ、誌面と『ViVi』公式SNSの両方をチェックしてみよう。あなたの意見が採用されているかも!?

■見事に沼にハマった丸山礼&古畑星夏が、アツくNiziUを語り尽くす!
JYPとソニーミュージックの合同オーディション番組『Nizi Project』から誕生し、今や日本、いや世界を夢中にさせているグローバルガールズグループ、NiziU。待ちに待った本格デビューを控え、『ViVi』で緊急特別企画を決行! 誌面では、SNSでの「JYP練習生ネタ」投稿が人気のタレント・丸山礼と、NiziUに見事にハマった『ViVi』専属モデル・古畑星夏がNiziUの尊さについて、そしてメンバー9人それぞれの良さについて、アツく語り合っている。

対談当日、『ViVi』は丸山・古畑に、『Nizi Project』韓国合宿でアヤカ・リマ・ミイヒが披露した「Very Very Very」のステージを意識した衣装を用意。まずは外見からNiziUメンバーになりきってノリノリで対談&撮影に臨んだ。

また、この日のスタッフはカメラマン、ライター、ヘアメイク、スタイリスト、編集に至るまで、全員が完全にNiziU沼に落ちた“With U”クルー。スタジオでは「Make you happy」が無限ループで流れ続けていた。

丸山礼は撮影中、節々で「Make you happy」のリオのソロパートでのステップや、マユカのラップの完璧なモノマネを披露。現場の盛り上がりは最高潮に! 予定時間が過ぎてもNiziUについて語り続けたふたりの対談を、誌面では余すところなく掲載している。

「俺らのウサギちゃん」「2005年の奇跡」……。ふたりが、NiziUメンバー一人ひとりに付けた、愛が溢れる名(迷)キャッチコピーにも注目だ。


書籍情報

『ViVi』2020年10月号
発売日:8月21日(金) ※首都圏基準
価格:690円
発行元:株式会社講談社


JO1「NET ViVi」特集ページ
https://www.vivi.tv/post140166/

『ViVi』公式Twitter(@vivi_magazine)
https://twitter.com/vivi_magazine

『ViVi』公式Instagram(@vivi_mag_official)
https://www.instagram.com/vivi_mag_official/?hl=ja

『ViVi』公式サイト「NET ViVi」
http://vivi.tv/


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人