生駒里奈、『ゼクシィ国内リゾートウエディング』表紙に登場!「ついにゼクシィの表紙か!」(生駒里奈)

■「理想の結婚相手は、“ごみの分別をする人”」(生駒里奈)

4ヵ月に一度、国内リゾート婚情報を伝える『ゼクシィ国内リゾートウエディング』2020 Autumn&Winter(8月21日発売 ※一部地域を除く)の表紙に、生駒里奈が登場する。

女優として、多岐に渡り活躍している生駒。撮影の様子や理想の結婚相手など、今の自身の結婚観について語った。

■24歳、初めて「花嫁の気持ち」で着たウエディングドレスに笑顔
「ついにゼクシィの表紙か!」。今回の撮影が決まったとき、生駒はそう思ったという。実は以前、ゼクシィの付録で初めてのウエディングドレス姿を披露している生駒。ウエディングドレスを着ることについて、「前は背伸びをしているような、衣裳のような感覚が強かったですが、今回はより身近に感じることができました。それくらい大人になったということですかね」と前回との気持ちの違いを話した。

撮影ではチュールやシースルーをあしらったウエディングドレスなど、全部で3パターンを披露。なかでもウエスタンハットを着用したドレスが気に入ったようで、「こういう使い方もあるんですね」と笑顔で撮影に臨んだ。

■理想の結婚相手は「ごみの分別をする人」。等身大の気持ちを暴露
いつまでに結婚したいですか、と言う質問には「30歳までに」と生駒。さらに、理想の結婚相手は「ごみの分別をする人」と言う驚きの回答が。その理由は、「常識がある人がいいです。乱雑な旦那さんはちょっと……」とのことだった。他にも、「お互いの趣味の時間やひとりの時間を尊重できる人」「食べ物を食べていて、同じところでおいしいと言えるような波長が合う人」などを重要視しているそう。

また、理想のプロポーズのシチュエーションについては、「変に背伸びしないでほしいけど、シンプルに『結婚してください』と気持ちをしっかりと伝えてほしいです」。サプライズについては、「恥ずかしいです。婚約指輪も、いざもらったらすごくうれしいとは思いますが、指輪がすべてじゃないと思うので」と等身大の気持ちを語った。

■挙式はトレードマークのショートではなくロングヘアで! ドレスは「青のミニスカート」!?
生駒にとっての理想の結婚式は、家族や親友と小さなチャペルでこじんまりと挙げるものだそうで、「本当に特別なイベントだからこそ、生まれたときから、そばにいる人に成長した姿を見せたい」という思いが強いよう。

生駒といえばショートヘアのイメージだが、結婚式に臨む際には「髪の毛を腰くらいまでのロングにするのが夢です。ドレスも普段着ないような、ミニスカートでヒラヒラしたお姫様みたいなのをオーダーメイドで作りたい」と意外な構想を披露。さらに、「母は自分の結婚式で青のドレスを着ていたので、私も必ず青のドレスを着たいと思っています」と小さい頃からの夢も明かした。

また、理想の式場の場所は幼い頃に家族で観光をした思い出のある北海道だそうで、「初夏の北海道で自然を感じながら式を挙げて、そのまま旅行しちゃうのもいいですね」と素敵な計画を語った。

『ゼクシィ国内リゾートウエディング』編集長・横田佳子 コメント
女優として舞台や映画などで、ますます活躍の場を広げている生駒里奈さんに、ぜひ表紙にご登場いただきたいとオフォーしました! 今号では、国内リゾートをイメージした、満開のバラに囲まれたロマンチックなブライズスタイルを披露。可憐なドレスから遊び心ある1着まで着こなしてくれました。また、インタビューでは理想のお相手や、国内リゾートでかなえたい結婚式のイメージなど貴重なお話をしてくださったので、ぜひ誌面をチェックしてみてください!


書籍情報

『ゼクシィ国内リゾートウエディング2020Autumn&Winter』
発売日:8月21日(木)
付録:式当日&旅行にぴったり! マイメロディ リゾート花嫁専用コットン巾着ポーチ
出版社:(株)リクルートマーケティングパートナーズ


生駒里奈 OFFICIAL WEBSITE
https://ikomarina.com/


(C)1976, 2020 SANRIO CO., LTD.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人