ナオト・インティライミ、初のEP作品『オモワクドオリ』ティザー映像公開! 昨年の“ロッキン”のライブ映像も!

■ナオト・インティライミ、初のEP作品『オモワクドオリ』を10月7日にリリース!

10月7日に発売になる、ナオト・インティライミ初のEP作品『オモワクドオリ』の楽曲ダイジェスト映像が公開された。

EPの幕開けを飾る「オモワクドオリ」は、ジャジーな味付けが効いたファンキーで軽妙なナンバー。歌詞はもつれた恋愛をテーマにしており、相手を思いどおりにできないモヤモヤと、そんなパートナーを思惑どおりに転がす恋人との愛らしい痴話喧嘩が描かれており、たくさんの人たちの共感を誘うような楽曲となっている。

2曲目に収録されている「Invitation」は、未来の自分への招待状がテーマ。トロピカルハウスを下敷きにした疾走感のある曲で、要所に顔を出す、切り刻まれたナオトの独特のグルーヴが奏でるガットギターが印象的だ。

陸上競技で、オリンピアンオリンピック出場経験のある伊藤友宏氏と、“走ること”をテーマに作った3曲目の「スタートライン」は、聴くとまさに駆け出したくなる曲。自身初のNHK『みんなのうた』に起用され、カリブ海ドミニカ共和国発祥のメレンゲのリズムを使ったところが、ナオトらしい楽曲に仕上がっている。

続いて、本作の中でグッと洋楽テイストが強まる4曲目の「Sunset Lovers」は、前作『7』収録の「Shake! Shake! Shake!」「Start To Rain」「Sing a song」で共作していたShane Faccinelloと再びタッグを組んだ作品。

5曲目にはナオトの作風のひとつである、キラキラこみあげ系アコースティックソウル「きっかけはキッカケで」、6曲目にはステイホーム生活でのワークアウトに向けた「Ballooooon!!(Remix ver.)」、7曲目にはピアノ独奏による「スタートライン(Piano ver.)」を収録。

EPダイジェストを聴いただけで、彼の音楽の幅の広さを感じることができる、まさに“今”のナオト・インティライミが詰まった作品になっている。

ダイジェスト映像の後半では、FC盤に収録される『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』ライブダイジェスト映像も少しだけお届け!

ナオト・インティライミのライブを初めて観る人たちも釘付けにするような、エンタメ要素満載のライブ映像にも、ぜひ注目してほしい。

なお、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』の映像が収録される”初回限定ファンクラブ盤“は、エンジンオフィシャルストアにて、9月3日23時59分までの予約となっているので注意しよう。

エンジンオフィシャルストア限定特典は、ステッカーの2種類。ステッカー2種類の画像は近日公開予定。詳しくはエンジンオフィシャルストアのHPまで!


リリース情報

2020.10.07 ON SALE
EP『オモワクドオリ』


EP『オモワクドオリ』予約はこちら
https://umj.lnk.to/omowakudori

ナオト・インティライミ 公式TikTokアカウント(@naotointiraymi)
https://www.tiktok.com/@naotointiraymi

ナオト・インティライミ OFFICIAL WEBSITE
http://www.nananaoto.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人