あるのは、白いステージのみ。無観客の静けさのなか、FES史上最も緊張感のあるFES『THE FIRST TAKE FES』の開催が決定!

■観客なし。演出なし。ルールなし。『THE FIRST TAKE FES』の出演アーティストは、ALI、岡崎体育、OKAMOTO’Sの3組!

YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』の新コンテンツ『THE FIRST TAKE FES』が、9月5日20時より放送されることが明らかとなった。

出演アーティストは、多国籍ヒップホップ/ファンクバンドのALI、唯一無二の楽曲およびパフォーマンスで注目を集める岡崎体育、幅広い世代から人気を集める4人組ロックバンド、OKAMOTO’S。

『THE FIRST TAKE』は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。昨年ローンチされ、チャンネル登録者は166万人(※8月14日時点)を突破。動画総再生数が2億8,000万回を突破するなど、公開される動画がSNSでも話題になっている。

『THE FIRST TAKE FES』は、そんな『THE FIRST TAKE』の緊張感のある世界観をそのままに、“ライブハウスから”アーティストのパフォーマンスを一発撮りで届けるコンテンツ。YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』上にて無観客・無料にて公開される。

ライブハウスの大きなステージの上に建てられた白い壁を背景に、無観客の静けさのなか、FES史上最も緊張感のあるFESとなる『THE FIRST TAKE FES』に注目だ。

開催を記念して、数量限定でグッズの発売も決定。このたび、立ち上がったオフィシャルサイトにて販売されているので、要チェックだ。

■番組コンセプト
観客なし。演出なし。ルールなし。
あるのは、白いステージのみ。
ライブハウスから、
アーティストたちの一発撮りを、
鮮明に切り取る。
新しい時代の新しい形のFES体験が、
ここからはじまる。
THE FIRST TAKE FES

■LEO(ALI) コメント
15歳。
文化祭にて人生初めてのLIVE。
10分間のロックンロール。
生きてきたすべてを爆発させるときだ。
喉から出るほど心臓は、高鳴る。
目の前が真っ白に感じるほど、快楽的な爆弾と、感情が込み上げる。
叫ぶ。
声が、スピーカーから出ない。
人生初めてのライブは、スピーカーケーブルが切れて、まったく声がスピーカーから出ずに終わったのでした。
大失敗。超大失敗。人生初の大失敗。

なぜか、『THE FIRST TAKE FES』は、俺を過去へ連れ去る。

人生初ライブのあの気持ちを今日も見たんだぜ。あの日の衝動にぶっ飛ばされ続けながら、今日まで来たよ。
まだまだ始まったばかり。

そして、やっぱり音楽をやれる喜びに、勝るものは何もないよな。

嗚呼、音楽万歳。

■岡崎体育 コメント
こういう状況になる前までの自分がやっていたライブとは全然異なった環境でのライブとなりましたが、新鮮で斬新な形での岡崎体育を披露できたと思います。
歌や音楽の力で皆さんに元気になっていただければ、ミュージシャンとしてこれに優る喜びはありません。
まぁどんなにキッチリしたコメント出してても、本番で思いっきり歌詞間違えたんですけどね。

■オカモトショウ(OKAMOTO’S)
OKAMOTO’Sは今回、一発録りのライブで、初めて披露する新曲を演奏させてもらいました。
どんな曲にも一度しかない初めてのテイクを、こういう形で真空パックして残せることが、どこか小っ恥ずかしくもあり、でもとてもうれしかったです。


配信情報

『THE FIRST TAKE FES』
09/05(土)20:00よりYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』にて公開
※URLは追って公開されます。


『THE FIRST TAKE』YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

『THE FIRST TAKE』OFFICIAL Instagram(@the_firsttake)
https://www.instagram.com/the_firsttake/

『THE FIRST TAKE』OFFICIAL Twitter(@The_FirstTake)
https://twitter.com/The_FirstTake

『THE FIRST TAKE』OFFICIAL TikTok(@The_FirstTake)
https://vt.tiktok.com/Axbtrp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人